家族で一日楽しめる 道の駅 ランキング ザ・ランキング!!

家族で一日楽しめる 道の駅 ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 家族で一日楽しめる 道の駅 ランキングホーム > トラベル・ランキング > 家族で一日楽しめる 道の駅 ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家族で一日楽しめる 道の駅 ランキング





[2011年8月20日号 日経プラス1 何でもランキング]

家族で一日楽しめる 道の駅 ランキング

東日本、西日本に分けて専門家におすすめの道の駅を選んでもらった。選者は以下の通り(五十音順)。

池田隆(道の駅案内人)、岩山須美子(月刊ドライブ情報志「MOCO」編集長)、工藤信広(昭文社「首都圏発 おいしい道の駅ドライブ」編集担当)、高島敬(東京地図出版 地図編集部)、手塚一弘(「関東・甲信越 道の駅パーフェクトガイド」著者)、中村善輝(九州道の駅ユーザーズクラブ事務局長)、馬場信行(道の駅ライター)、賦勺尚樹(伊藤忠商事 未知倶楽部)、松井孝光(近畿「道の駅」ユーザーズくらぶ)、守屋之克(ゼンリン「道の駅旅案内全国地図」編集長)、よしだやすお(道の駅ブロガー)



【東日本】

第1位 川場田園プラザ(群馬県川場村)

第一位に選ばれたのは群馬県川場村にある道の駅、川場田園プラザだ。遊具で遊べる広場や陶芸ができる施設などが、緑豊かな5ヘクタールの広い敷地にある。野菜や肉、乳製品などの地元の特産品も多く並ぶ。そして、子供がよろこぶ本物のSLに乗車できる「SLゾーン」も徒歩で行ける。宿泊も可能。他にも地ビールレストランや地元の特産品を生かしたバーベキューも楽しめる。

 



第2位 こぶちさわ(山梨県北杜市)

第二位は山梨県にある道の駅、こぶちさわ。ソバ打ち、ガラス・磁器の絵付け、藍染、パン作りなど10種類以上の体験メニューが用意されている。また、八ヶ岳南麓で取れた野菜・キノコなども販売されており、豊富な品ぞろえだ。ランチはオープンテラスのレストランで。ランチ後は周辺の散策や温泉につかってもいい。





第3位 南房パラダイス(千葉県館山市)

第三位は館山の道の駅、南房パラダイス。熱帯の草花や鳥を鑑賞できる国内最大級の屋内型植物園だ。館内にある売店では南国スイーツや海鮮料理が充実している。8月28日までは子供が喜ぶプールも営業している。また、希少な動植物が展示されている。

  



第4位 オアシスおぶせ(長野県小布施町)

第四位は長野県にある道の駅、オアシスおぶせ。一般道、そしてパーキングエリアに車を置いて歩いて入れる。ドッグランや噴水、ジャングルジムなどがある広場が人気だ。また長野県の特産、蕎麦や野沢菜漬けなどの地元特産品も販売されている。

  



第5位 伊東マリンタウン(静岡県伊東市)

第五位は海を一望できる天然温泉のある道の駅、伊東マリンタウン。そして、屋外に40メートルを超える足湯もある。遊覧船も運航しているので伊豆の海を満喫するには最高だ。

  




第6位 アグリパークゆめすぎと(埼玉県杉戸町)

第六位は埼玉にある道の駅、アグリパークゆめすぎと。広大な敷地内に旬の野菜の収穫体験、バーベキュー広場、トランポリンなどで遊べる施設が充実している。



同 第6位 しょうわ(秋田県潟上市)

同6位は秋田県にある道の駅、しょうわ。物販コーナーでは秋田の草花や野菜が充実しており、熱帯植物が鑑賞できる温室がある。また季節の花が咲く広場も好評。





第8位 びふか(北海道美深町)

第九位に選ばれたのは北海道の道の駅、びふか。森林公園が広がる敷地に中世ヨーロッパの城風の建物がたつ。温泉、キャンプ場、コテージなどアウトドアが楽しめる。





第9位 浅虫温泉(青森県)

第九位に選ばれたのは青森県の道の駅、浅虫温泉。青森県の温泉街の一角にある道の駅だ。5階建ての建物に海の見える温泉施設やレストラン、物販コーナーがある。

  



第10位 あらい(新潟県妙高市)

第10位は新潟の道の駅、あらい。一般道、パーキングエリアから入れる道の駅。面白いことに回転ずしやラーメン、ピザなどの色々な飲食店がある。ホテルも隣接している。

  





【西日本】

第1位 小豆島ふるさと村(香川県小豆島町)

西日本の道の駅第一位は小豆島にある小豆島ふるさと村。カヤック教室やエコツアーなど幅広いアウトドアが楽しめる。場所は小豆島の自然豊かな南部。8月31日までプールも営業されており、他にも特産品のうどん打ちや陶芸教室なども楽しめる。宿泊施設もあり、小豆島ふるさと村の中にある国民宿舎、ファミリーロッジ、キャンプ場などもある。またマリンスポーツや地引網体験、テニスなどもできる総合レジャー施設になっている。

 



第2位 しんあさひ風車村(滋賀県高島市)

第二位は琵琶湖沿岸に位置する道の駅、しんあさひ風車村。目印はオランダ風の田舎風景をイメージした風車。スワンボートに乗れる公園やしょうぶ園の他、農家レストランが人気だ。キャンプ場も併設されており琵琶湖の風景を満喫できる。

  



第3位 原尻の滝(大分県豊後大野市)

第三位は九州の大分県の道の駅、原尻の滝。原尻の滝は日本の滝百選に選ばれている滝だ。その滝に隣接した施設。滝はつり橋を使って一周出来るので、様々な角度から日本音滝百選を堪能できる。地元の特産品のm充実しており、他にチューリップ畑や水車などがある。散策するには最高の道の駅だ。





第4位 たるみず(鹿児島県垂水市)

第四位も九州は鹿児島県の道の駅、たるみず。ここは源泉かけ流しの温泉が楽しめる。桜島や霧島連山を眺める最高の温泉だ。足湯なども完備されており、とれたての魚介も楽しめるレストランがある。





第5位 おおとう桜街道(福岡県桜任町)

温泉露天風呂やサウナがある道の駅、おおとう桜街道が第五位。2010年秋に開業した新しい道の駅だ。子供にはゴーカートや遊具がそろった広場もある。





第6位 鹿島(佐賀県鹿島市)

有明海に面した佐賀県の道の駅、鹿島が第六位。ここの特徴は干潟をすべる「ガタスキー」だ。長い坂を使った干潟をすべる遊びが人気だ。また干潟特有の伝統的な漁法が楽しめる。干潟の潮の満ち引きが見られる展望台もある。

  



第7位 デンパーク安城(愛知県安城市)

第七に選ばれたのはガーデニングをテーマにした道の駅、愛知県のデンパーク安城。ここは「安城産業文化公園デンパーク」に併設された道の駅。ガーデニングをテーマにしたテーマパークだ。ヨーロッパの雰囲気が楽しめ、四季折々の花々が楽しめる。





第8位 一本松展望園(岡山県瀬戸内市)

第八位は高台にある道の駅、一本松展望園だ。瀬戸内海の島々が一望できる。人気はやっぱり「ミニ鉄道公園」だ。他にもレストランや直売所も。

  



第9位 マイントピア別子(愛媛県新居浜市)

第九位は愛媛県にある道の駅、マイントピア別子。テーマパーク別子銅山跡を生かした施設だ。坑道見学や砂金採り、グランドゴルフ、天然温泉も楽しめる。





第10位 日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)

第十位は昭和30年の雰囲気が味わえる道の駅、日本昭和村。渓谷や棚田などの自然がある。和紙クラフト、竹トンボ作りなど体験メニューが豊富なのも子連れには嬉しい。

  





その他、人気の全国道の駅を探すならこちらから!






[ 2011/08/24 01:27 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。