森林を楽しめるローカル線 ランキング ザ・ランキング!!

森林を楽しめるローカル線 ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 森林を楽しめるローカル線 ランキングホーム > トラベル・ランキング > 森林を楽しめるローカル線 ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

森林を楽しめるローカル線 ランキング

[2011年6月25日号 日経プラス1 何でもランキング]

森林を楽しめるローカル線 ランキング

11人の鉄道に詳しい専門家に、森林の涼気を感じるローカル線をランキングしてもらった。対象路線はJR、私鉄、公営、第三セクターが運行する鉄道路線。選者は以下の通り(五十音順)。

石川敏晴(「JTB時刻表」編集長)、猪井貴志(マシン・レイルウェル・ピクチャーズ代表)、今尾恵介(地図研究家)、木村嘉男(鉄道図書編集者)、桜井寛(鉄道フォトジャーナリスト)、高橋淳(近畿日本ツーリスト国内旅行部業務課長)、中井精也(鉄道写真家)、野田隆(オールアバウト「鉄道」ガイド)、平岩美香(旅の手帖編集部)、南正時(鉄道写真家)、宮原正和(「鉄道ジャーナル」編集長)


≪東日本≫

第1位 釧網本線(北海道)

日本最大と言われている釧路湿原の樹間を走り抜ける列車!トロッコ号「くしろ湿原ノロッコ号」が人気。このトロッコ号は温かい季節に限定して運行する。湿原の他にもポイントが目白押しで、標茶~摩周あたりの牧場や森林地帯などの緑が最高!摩周湖や川湯温泉などの観光地も多く、斜里岳などの名山遠望も魅力の一つに挙げられる。タンチョウ、エゾジカなどの野生動物に巡り合えれば尚素晴らしい。

   


第2位 わたらせ渓谷鉄道(群馬・栃木県)

絶景!渡良瀬渓谷沿いを走るローカル線がこの「わたらせ渓谷鉄道」だ!週末中心で運行されるのが「トロッコわたらせ渓谷号」。紅葉の季節と夏休みの期間は運行本数が増えるので是非訪れてみたい。また日帰り温泉もできる施設「水沼駅温泉センター」も好評。

 


第3位 大井川鉄道井川線(静岡県)

「アプト式」とは、いわゆる急こう配を歯車を使って登る鉄道の事。そして、この大井川鉄道の井川線は南アルプスを駆け抜ける唯一のアプト式の森林鉄道だ。奥大井湖上駅から見下ろす長島ダム湖は最高の眺めだ。




第4位 只見線(福島・新潟県)

1日3往復、会津若松~小出駅を直通でつなぐローカル線がこの只見線だ。このローカル線の素晴らしいところは六十里越トンネル付近の深い山あいを走るところ。また会津柳津駅にほど近い「円蔵寺」は1200年の歴史を誇り、近くに「弘法大清水」というわき水が出ている。そして、7月上旬には窓の開く車窓からは蛍が見えることもある。

     


第5位 赤沢森林鉄道(長野県)

この赤沢森林鉄道は、昔の木曽地方の林業を支えていた鉄道の面影をそのまま残した保存鉄道だ。木曽の檜森林をゆっくりと走るトロッコ列車は癒し系鉄道の代名詞!貴賓車や理髪社、ボールドウィン蒸気機関車なども保存されれいる。ちなみに乗車券は木製で出来ている。













≪西日本≫

第1位 木次線(島根・広島県)

木次線は出雲路~中国山地に入りこんでいくローカル線だ。急こう配を昇り降りする3段式のスイッチバックが出雲坂根駅付近にある。そして有名な松本清張の「砂の器」の舞台となった「亀嵩駅」があるローカル線だ。この駅は切符売り場の駅舎が蕎麦屋になっており、手打ちの出雲そばが堪能できる。トロッコ列車は週末を中心に「奥出雲おろち号」が運行している。

  


第2位 南海高野線(大阪府・和歌山県)

南海高野線は大阪の難波から直通する列車で、橋本駅付近から山深い風景が広がり、橋本~極楽橋の観光列車「天空」の展望デッキが最高のひと時を演出してくれる。また極楽橋でケーブルカーに乗り換えて高野山へ行くこともできる。

   


第3位 黒部渓谷鉄道(富山県)

黒部渓谷鉄道は、V字の深さが日本一の渓谷を走るトロッコ列車。新緑が美しいが、与謝野晶子が詠んだ紅葉が有名すぎる・・・。始発駅は有数の温泉地である「宇奈月」。立山黒部アルペンルートを合わせると周遊を楽しめる。特別客車やパノラマ客車、リラックス客車などがあるが、なんと言ってもおおすすめは開放感のある普通客車だ。リーズナブルだしね。

   


第4位 土讃線(香川・徳島・高知県)

土讃線は香川県・徳島県・高知県の3県をまたぐ。深い緑が広がる「癒し系」のローカル線だ。特に素晴らしいのは大歩危・小歩危の渓谷とダイナミックな森林。観光遊覧船からは川面から迫力のある景色を見ることができる。途中駅の坪尻と新改は山深い、まさに「秘境駅」といった趣。

   


第5位 久大本線(福岡・大分県)

久大本線は九州を横断するローカル線。久留米~大分を結ぶ。この列車は平地から高原、渓谷まで様々な景色を見ることができるのが最大の魅力。特急「ゆふいんの森」号は、ハイデッカーで展望のいい車窓、ビュッフェも充実した天然木で作られた特別列車。そして一番の見どころである「慈恩の滝」付近では徐行運転をしてくれるのも嬉しい限り。日田や由布院など観光地が多いのも久大本線の魅力だ。

   





その他、人気のローカル線沿線の宿を探すならこちらから!











[ 2011/06/28 09:32 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。