冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング ザ・ランキング!!

冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキングホーム > トラベル・ランキング > 冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング

[2009年11月21日号 日経プラス1 何でもランキング]

冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング

【調査方法】
水産庁の資料から「第3種漁港」の114か所を対象に専門家らが選出。※「第3種漁港」とは県外の漁船も利用するなど一定規模以上の漁港を指す。その内魚が買える市場があるか無いか、冬が旬になる水産物があるかを考慮して選んだ。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

井門隆夫(ツーリズム・マーケティング研究所主任研究員)、稲葉教之(日本旅行グループ事業部)、岩佐十良(「自遊人」編集長)、高橋淳(近畿日本ツーリスト旅行事業創発本部)、富本一幸(トラベルニュース編集長)、西潟正人(「漁師町ぶらり」著者)、野口冬人(旅行作家の会代表)、ぼうずコンニャク(サイト「市場魚介類図鑑」運営者のネット上の名前)、村上真一(実業之日本社国内版ブルーガイド出版部)、安田亘宏(JIC旅の販促研究所所長)

 



第1位 氷見(富山県氷見市)

氷見と言えば定置網でとる寒ブリが有名!晴れていれば富山湾越しに雄大な立山連峰望むことができる。水産物の直売所が漁港の近くにあり、新鮮な魚介類の購入が出来る。



第2位 境港(鳥取県境港市)

松葉ガニ(ズワイガニ)、そして、境港と言えば、やっぱり国内屈指の水揚げ量を誇る紅ズワイガニでしょ~!また「水木しげる」の出身地でもあり、100体を超える妖怪の像が並ぶのも圧巻。



第3位 安乗(三重県志摩市)

安乗天然トラフグの穴場的スポットだ!周辺の宿の泊まれば白子やフグ刺しなどのフグのフルコースが堪能できる。他にも伊勢エビ的矢カキなどの全国的にも有名な水産物が多い。







第4位 勝浦(千葉県勝浦市)

キンメダイや新鮮なアジを使った郷土料理が楽しめるのが勝浦だ。そのアジを使った郷土料理の代表が「なめろう」。朝市には農産物も並ぶ。



第5位 浜坂(兵庫県新温泉町)

浜坂では、ソムリエならぬ「カニソムリエ」(地元検定委員認定)が松葉ガニの美味しい食べ方を教えてくれる。周辺に有名温泉地も多いのもおすすめポイントの一つ。


第6位 呼子(佐賀県唐津市)

呼子は年間を通じてイカ漁が大変盛んな漁港だ。海沿いに並ぶイカを干している風景が食欲をそそる。朝市も大規模で言ってみる価値はある。



第7位 塩釜(宮城県塩釜市)

人口当たりのすし屋の数は全国屈指の塩釜。有名すぎるほど有名なのが、漁の基地となっているマグロ。観光スポットも充実しており、日本三景の一つ松島にも近い。







第8位 平潟(茨城県北茨城市)

茨城と言えばやっぱりアンコウでしょ。ここ平潟もそのアンコウの水揚げでにぎわう。ほとんどが食べられるといわれているアンコウの「どぶ汁」や鍋物が味わえる。



第9位 厚岸(北海道厚岸町)

水産物のランキングで外すことのできないのが北海道。特に厚岸は年間40種類もの魚介類が揚がる。冬はアサリの最盛期で、「挟み漁」と呼ばれる独特の漁の風景が見られる。



第10位 那珂湊(茨城県ひたちなか市)

那珂湊といえば関東を代表する観光市場「おさかな市場」が有名だ。回転ずしなどもあり、ネタが新鮮なので子供連れにも人気のスポットだ。






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。