おすすめの企業博物館 ランキング ザ・ランキング!!

おすすめの企業博物館 ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > おすすめの企業博物館 ランキングホーム > トラベル・ランキング > おすすめの企業博物館 ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おすすめの企業博物館 ランキング

[2009年1月17日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめの企業博物館 ランキング

【調査方法】

識者や愛好家に
「大人も楽しめる企業博物館」
としての順位を付けてもらった。

条件としては2009年1月17日に開館しているもの、
そして、特定の企業が運営や設立に主体的に
かかわっているもとした。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

桂武弘(日本旅行 赤い風船西日本事業部課長)
亀田訓生(NPO法人「企業ミュージアムの協会」理事長)
末吉哲郎(企業史料協議会副会長)
中牧弘充(国立民族学博物館教授)
平田智恵子(「企業ミュージアムの協会」会員)
福元聖也(サイト「いるみる」管理人)
船城英明(「学研キッズネット」編集長)
星合重男(サイト「日本の企業博物館」主宰)
真柄徹(クラブツーリズム広報課長)
水嶋英治(常盤大学大学院教授)
村上旭(日本観光協会)
矢島国雄(明治大学教授)
山下治子(「ミュゼ」編集長)



第1位 鉄道博物館(さいたま市、東日本鉄道文化財団)

トップはやはり鉄道博物館

2007年10月の会館から
200万人以上が訪れている。

巨大な規模と豊富な展示車両が魅力だ。

蒸気機関車や新幹線などの運転が
疑似体験できるシュミレーターなどが人気だ。

従来の鉄道ファンならずとも
一度は訪れてみたい。


第2位 印刷博物館(東京都文京区、凸版印刷)

二位に入ったのは「印刷博物館」。
凸版印刷が100周年を記念して開設した博物館だ。

現存する世界最古の印刷物などが展示されなど、
「本物」の展示物が充実している。

まさに大人の博物館といったところだ。

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に登場する
活版印刷を日時限定で体験できる
「印刷の家」が人気だ。


第3位 産業技術記念館(名古屋市、トヨタグループ13社)

大正時代の「赤れんが造り」(旧豊田紡織本社工場)
を転用した産業技術記念館が第三位にはいった。

織機や自動車生産に使う鋳造などの実演コーナーが
豊富に盛り込まれている。

トヨタ自動車の工場見学は完全予約制だが
この記念館は予約不要で入館できる。


第4位 トヨタ博物館(愛知県長久手町、トヨタ自動車)

19世紀以降の自動車を世界中から集めて
約140台を展示。

走行見学ができる日もある。


第5位 たばこと塩の博物館(東京都渋谷区、JT)

塩の作り方や古代アメリカ発祥のタバコ文化が
世界に広まった様子が学べる。


第6位 インスタントラーメン発明記念館(大阪府池田市、日清食品ホールディングス)

安藤百福の足跡を通じて
発明や発見の大切さを学べる。

即席麺の製造が体験できる工房もある。


第7位 貨幣博物館(東京都中央区、日本銀行)

「和同開珎」など、
国内外の4,000点の貨幣が展示されている。

1億円分の紙幣の重さを体験できる。


第8位 松下幸之助歴史館(大阪府門真市、パナソニック)

1933年の本社社屋を復元した
松下幸之助歴史館が第8位に入った。

カリスマ経営者、松下幸之助の生き方を
懐かしい家電とともに振り返る。


第9位 ミキモト真珠島(三重県鳥羽市、ミキモトグループ)

真珠王と呼ばれた御木本幸吉の生涯をたどる
ミキモト真珠島が第九位。

真珠を使った美術工芸品など目で楽しめる。


第10位 食とくらしの小さな博物館(東京都港区、味の素)

1900年から現代までの食卓風景から
身近な歴史を学ぶ博物館。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。