無理なくできる 2013年 夏の節電ランキング! ザ・ランキング!!

無理なくできる 2013年 夏の節電ランキング! ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 無理なくできる 2013年 夏の節電ランキング!ホーム > 住まい・暮らし・ランキング > 無理なくできる 2013年 夏の節電ランキング!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無理なくできる 2013年 夏の節電ランキング!

日経プラス1(2013年6月13日)掲載されたなんでもランキング
■無理なくできるこの夏の節電術ランキング

原発事故以来電力会社の電気の値上げが続いている、2013年7月も料金を値上げする。そうなってくるとやはり「節電」に気を使うことになる。そこで今回はムリせずに節電出来る方法を1000人に調査して、それをもとに専門家に具体的な節電方法を聞いてみた。

▼楽しく快適に節電する

ポイントは「楽しく」「快適に」ムダを省くということ。夏はやはりエアコンの稼働率が高くなる。家庭の約半分の使用料ににまでなるという。一般的なのはエアコンと扇風機を併用するという解答だ。エアコンの設定温度を高くして扇風機で部屋中に冷気を回せば節電になる。

これについては専門家からの意見はもう少し踏み込む。まずはより効果的にするために「使用頻度を減らす環境づくり」をすること、だそうだ。家具の配置を見直し部屋の風通しをよくしたり、日中のレースのカーテンやすだれを利用して熱気を部屋に入れないようにしたり。エアコンのフィルターは月に一度か二度は掃除するのは当然だ。また忘れがちなのは室外機。室外機の周りは混ぜ通しを良くするのが基本。直射日光を避けたほうが効果的だという。

後は最近お家電は省エネ設計がおおいので、あまりに古い家電は新しいものに変えたほうがより効果的だ。まった日中不在したり、生活環境に合わせて電気の料金プランも見直すことで料金を節約できたりする。一人暮らしや共働きの夫婦は一度検討してみるといい。

色々と節電方法があるが、行き過ぎた節電は逆効果だ。エアコンを使わず熱中症になんかなったりしたらそこれこそ本末転倒。家族で協力し合いながら楽しんで節電することを心がけたい。

▼節電できないワケとは!?

いざ節電といってもなかなか実践まで行かない場合もある。その意見としては節電ばかり考えてそれがストレスになるという人が大半だ。夫の理解がなく電気をつけっぱなしに・・・という意見も多かった。そんな「意識」の問題は粘着メモで消費電力を貼る、また、それによって一ヶ月の節約できた金額を発表するなどしてゲーム感覚で楽しむとよい。子供にはご褒美を。


第1位
エアコンと扇風機を併用する
消費電力の大きいエアコンは設定温度を低くして、扇風機を回すことで節電できる。無理のない範囲でエアコンを消して扇風機だけの利用で消費電力は50%減。

第2位
テレビを見ないときは消す
最近のテレビは省エネモードがついているので最大限活用する。

第3位
冷蔵庫の開閉を控える
中に入っているものをメモしてキッチンなどに貼っておくと庫内のものが撮りやすく開閉回数も減る。

第4位
部屋の風通しをよくする
帰宅時は暑くなっている部屋の空気を一度逃がしてからエアコンを付ける。

第5位
洗濯物はまとめ洗いし回数を減らす
こまめに選択するより洗濯機の容量に合わせて回す回数を減らしたほうが効率的。この場合は節電より節水の効果が大きい。

第6位
熱いものは冷ましてから冷蔵庫に入れる
熱いものをそのまま入れると庫内の温度が下がるので余分に電力を使う。

第7位
ご飯は炊飯器で保温せず冷蔵庫へ入れる
炊飯器の保温機能はなるべく使わないようにする。4時間以内なら保温、それ以上なら冷蔵庫へ入れるようにして1日分をまとめて炊けば2%の節電。

第8位
家電のプラグをまめに抜く
長時間使わない家電はプラグから抜き主電源を落とせば2%の節電に。

第9位
エアコンの設定温度を28~30度にする
エアコンの設定温度を2度高くして室温を28度に保つと10%の節電に。エアコンのクリーニングも効果的だ。

第10位
レースのカーテンやすだれで日差しをカット
窓からの日差しを遮り、室温の上昇を防ぐとエアコンの節電につながる。うまく直射日光を遮断できれば約10%の節電効果がある。

11位 家電は主電源から切る
12位 便座暖房や洗浄水の温度を低めに設定
13位 温水洗浄便座のふたはこまめに閉める
14位 冷蔵庫は余裕をもたせ冷凍庫は一杯に
15位 冷感グッズで体を冷やす


★プロが教える節電の技!

[エアコン] 使用率 53%
・室内温度をあげないように窓に簾やグリーンカーテンをして、さらに外に打ち水もする。
・室外機の回りの風通しをよくして日陰におく。
・外出するときは出かける30分前にスイッチを切るなどして使用時間を短縮する。

[冷蔵庫] 使用率 23%
・壁から10センチ以上離して設置して上にモノを置かない。
・庫内の温度を「強」から「中」「弱」にする。
・開閉回数を減らすために麦茶などは保冷機能付きの水筒に入れておく。
・朝食に使うものは一度に出せるようにトレーにひとまとめにしておく。

[テレビ] 使用率 5%
・画面の輝度を「最大」から「中央」に調節する。
・画面のホコリを週に一度程度は拭き取り掃除をする。
・消すときはリモコンからではなく主電源から。不在時はプラグを抜く。



>>色々あります節電グッズ<<






コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。