今すぐできる 2013年 冬の節電防寒術ランキング! ザ・ランキング!!

今すぐできる 2013年 冬の節電防寒術ランキング! ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 今すぐできる 2013年 冬の節電防寒術ランキング!ホーム > 住まい・暮らし・ランキング > 今すぐできる 2013年 冬の節電防寒術ランキング!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今すぐできる 2013年 冬の節電防寒術ランキング!

日経プラス1(2013年1月19日)掲載されたなんでもランキング
■今すぐできる冬の節電防寒術ランキング

秘訣1・・・暖気を分け合う
家族が一つの部屋に集まって暖気を分け合えば約半分の電気代で済む。夕食後はボードゲームなどをして家族を居間に引き止めるなどして暖気を分け合う。またあったかい鍋料理を囲めばリビングの暖房も設定温度が低くすむ。ドアや襖は開けっ放しにしないように・・・。

秘訣2・・・冷気を遮断
実は暖気の流出の50%は部屋の窓から。断熱シートなどを張り付ければ二重サッシに近い防寒効果があると言われている。窓ガラスタイプによって使えないものもあるので確認して購入しよう。またカーテンを長く垂らすのも有効だ。ただし出窓の場合は長く垂らすと冷気が下に流れるので、裾に錘を付けると良い。

秘訣3・・・空気を循環、加湿
暖気は上に浮く傾向があるのはご存知だろう。一般的なエアコンは部屋の上についているので、扇風機やサーキュレーターで空気を循環させると、エアコンの設定温度は1度低くて済む。これで年間1,000円程の節約になる。また意外と忘れられがちな湿度は、10%下がると体感温度が1度下がると言われている。湿度50%くらいでは結露もないので理想的な湿度だ。


第1位
家族で1つの部屋に集まる
家族が部屋に集まることで暖房器具の稼働が1台で住むことはもちろん、人が増えることで部屋の暖かさが増し暖房の設定温度が低くて済む。またテレビや証明の電気代も節約!これ以上ない節約術だ。

第2位
カーテンを厚手のものに変える・二重にする
カーテンは窓からの冷気を防ぐ役割がある。断熱や遮光機能付きのカーテンは厚手で防寒効果がある。

第3位
窓に断熱シートを貼る
市販された断熱シートでも良いが、普段窓を開けないなら窓全体に気泡でできた緩衝シートでも代用できる。

第4位
カーテンを床まで届く長さにする
足元の冷気が防げる。もしカーテンを変える余裕のないときは、逆に上部のフックを長くして調整するだけでも効果がある。

第5位
扇風機やサーキュレーターを暖房と併用する
コツは暖かい空気がたまる上に向けて空気を循環させること。扇風機であればなるべく羽の大きなタイプの方がより効果的だ。

第6位 ドアやふすまを閉め、暖房の熱を逃がさない。
第7位 昼間のカーテンを開け、夕方は早めに閉める。
第8位 ドアの下の隙間をテープでふさぐ。
第9位 床にカーペットやマットを敷く。
第10位 室内を加湿する。
第11位 エアコンのフィルターを掃除する。
第12位 ホットカーペットの下に断熱マットを敷く。
第13位 ファンヒーターなどの暖房を窓際に置く。
第14位 エアコンの入/切タイマーを活用。
第15位 鍋物などの温かい料理を囲む。



>>色々あります節電グッズ<<




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。