親子で楽しめる長編小説ランキング (日経プラス1) ザ・ランキング!!

親子で楽しめる長編小説ランキング (日経プラス1) ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 親子で楽しめる長編小説ランキング (日経プラス1)ホーム > ブックス・ランキング > 親子で楽しめる長編小説ランキング (日経プラス1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

親子で楽しめる長編小説ランキング (日経プラス1)

[2008年7月12日号 日経プラス1 何でもランキング]

■親子で楽しめる 長編小説ランキング

【調査方法】

第二次世界大戦後に出版された作品に限定。
選出者は研究者や専門書店店長など
児童文学に詳しい以下の13人。

「ハリー・ポッター」のように複数巻分の
文章量がある長編小説の中から10品目を挙げてもらう。

さらにその中から二人以上が選んだ
19作品中で改めて順位を付けてもらい得点化。

選出者は以下に記載(五十音順)。

金原瑞人(法政大教授・翻訳家)、私市保彦(仏文学・児童文学者)
きどのりこ(児童文学作家)、蔵元和子(NPO図書館の学校<学校図書館>
新刊書を選ぶ会代表)、佐藤宗子(千葉大教授・児童文学研究者)
神宮輝夫(青山学院大名誉教授)、土屋智子(教文館子どもの本のみせ
ナルニア国店長)、ひこ・田中(児童文学者)、広瀬恒子(親子読書地域文庫
全国連絡会代表)、藤田のぼる(日本児童文学者協会事務局長)
三富由佳子(クレヨンハウス子どもの本事業部サブチーフ)
宮川健郎(武蔵野大教授)、横山充男(児童文学作家)



第1位 「守り人」シリーズ(日本)



「精霊の守り人」から「天と地の守り人」の3部作まで
全10巻におよぶファンタジー小説。

主人公の女用心棒バルサと皇子チャグムを中心に
繰り広げられる。

バルサの勇ましい姿が読者を惹きつける。


第2位 ゲド戦記(米国)



全6巻、魔法使いゲドの物語

他の魔法物語とはちがい、
ゲドが魔法使いであることを苦悩する物語。

「人間とは何か?」という
永遠のテーマを問いかけているような作品。
読み応えがあるるが読解力が必要・・・。


第3位 勾玉3部作(日本)



日本の神話や歴史を元に描かれた物語。
「空色勾玉」「白鳥異伝」「薄紅天女」
の3部作で構成。

恋愛を中心としたストーリーが
思春期の子供を惹きつける。


第4位 コロボックル物語(日本)



わずかな差で4位・・・。
「だれも知らない小さな国」から始まる全6巻

小学校3年生の「ぼく」とアイヌ民俗伝承の小人族
コロボックルの交流を描いた物語。

50年も前の作品でも独創性を感じるのが
上位入賞の理由。

小学校3年生くらいから読める作品。


第5位 指輪物語(英国)



魔法の指輪を葬る旅に出るフロド・・・。
映画「ロード・オブ・ザ・リング」の元本。


第6位 ナルニア国物語(英国)



ナルニアという空想世界に迷い込む4兄弟の物語。


第7位 ライラの冒険(英国)



11歳の少女ライラの冒険物語


第8位 ホビットの冒険(英国)



ビルボとドワーフ13人の冒険物語。


第9位 お江戸の百太郎(日本)



全6巻の江戸を舞台にした千次と百太郎の捕物帳。


第10位 十二国記(日本)



現在も続いているシリーズ。
古代中国の神話を連想させるファンタジー

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。