2011年のクリスマスに楽しみたいスパークリング ワイン ランキング ザ・ランキング!!

2011年のクリスマスに楽しみたいスパークリング ワイン ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 2011年のクリスマスに楽しみたいスパークリング ワイン ランキングホーム > ワイン・ランキング > 2011年のクリスマスに楽しみたいスパークリング ワイン ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年のクリスマスに楽しみたいスパークリング ワイン ランキング

日経プラス1(2011年12月17日)に掲載された“なんでもランキング”
■クリスマスに楽しみたいスパークリングワイン 何でもランキング(冬の決め手は熟成感)

パーティーや忘年会を華やかにしてくれるワインは、やはりスパークリングワイン。フランスのシャンパーニュ地方で造られる、いわゆる“シャンパン”がその代表だが、最近ではシャンパーニュ以外の産地でも良質なスパークリングワインが造られている。そこで、今回は3,000円以下でおすすめ銘柄をチョイスしてランキングした。



第1位
グロリアフェラー・ブラン・ド・ノワール(アメリカ)
クリーミーな味わい。バラのような色合いで、グラスに注ぐと細かい泡が出来る。甘酸っぱいチェリー風味とほんのり甘く爽やかなレモンの酸味とのバランスが良い。ブラン・ド・ノワールとは黒ぶどう(赤ワイン用)を使った白ワインという意味。18ヶ月の熟成。相性の良い料理はカニ、フォアグラ、熟成したチーズ、スイーツにもOK。

第2位
エミール・ミッシェル(フランス)
第二位はエミール ミッシェル(フランス)。フランスのシャンパーニュ地方、いわゆるホントのシャンパン。1本1本丁寧にビンの中で発泡性を作るシャンパン製法で作られる。色はゴールド。生き生きとした泡立ちが長く続き、白い花や熟成したフルーツの香りがある。爽やかな口当たりで柑橘系果物の酸味とほんのりとした苦味、ナッツやはちみつなども混ざる。しっかりとしたコク、バランスが良い。相性の良い料理はローストビーフ、魚のムニエル、トマトを使った洋風なべなど。

第3位
シャンドン・ヴィンテージ・ブリュット(オーストラリア)
第三位はシャンドン・ヴィンテージ・ブリュット(オーストラリア)。あのシャンパンで有名なモエ・エ・シャンドンがオーストラリアでつくるシャンパンと同じ製法で造るスパークリングワイン。シトラス、完熟した桃のよな香りに、ナッツやキャラメル、ダークチェリーなどの風味が残る。熟成はなんと30ヶ月と圧倒的に長い!複雑でクリーミーな味わい、洗練されたスタイルを貫き通している。


第4位
プロジェクト・クワトロ・カヴァ(スペイン)
第四位はスペインのカヴァ(シャンパン製法で造られたスペインのスパークリングワイン)、プロジェクト・クワトロ・カヴァ。スペインお4つの異なる地域の4つのブドウを絶妙にブレンドして作られる。レモンやグレープフルーツなど柑橘系の酸味とトーストのようなほんのり香ばしいコクがある。わずかにスパイシーでなめらか。


第5位
エターニティ・スパークリング・キュヴェ(オーストラリア)
第五位はオーストラリアのスパークリングワイン、エターニティ・スパークリング・キュヴェ。家族経営の少量生産だから出来る品質重視型のワイナリー。青りんご、桃、洋なしなどの豊かな果実味!辛口だがほんのりと甘味を感じるので飲みやすい。口当たり、泡立ちも柔らかい。魚介のカルパッチョやあさりのワイン蒸し、バーニャ・カウダと共に・・・。


第6位
コーベル・ブリュット(アメリカ)
第六位はアメリカのスパークリングワイン、コーベル・ブリュット。よく熟したフルーツやナッツなどのコクが感じられる。ちなみにこのスパークリングワインは野球のWBCで2006年に王監督率いる日本代表チームが優勝したときにシャンパンファイトで使われた銘柄。黒ぶどう中心でしっかりとした味わいが特徴。カマンベールチーズやウォッシュタイプのチーズと共に・・・。


第7位
フレスコバルディ・ブリュット(イタリア)
第七位はイタリアのスパークリングワイン、フレスコバルディ・ブリュット。イタリアのワイン主要産地、トスカーナの名門ワイナリーが手がけるスパークリング・ワイン。きめ細かい泡と上品な味わい。青りんごやコンポート(砂糖漬けのフルーツ)のような果実味があり、ふくよかなコクと熟成感が味わえる。重厚感ばっちりの大人のスパークリング。チーズと共に・・・。


第8位
バイィ・ラピエール(フランス)
第八位はフランスのブルゴーニュ産のスパークリング、バイィ・ラピエール。クレマンというフランスのシャンパーニュと同じ製法で造られる良質なスパークリングワイン。そのため泡立ちはきめ細かく、柑橘系の果物の香り、白い花のような香りが漂う。フレッシュでスッキリした飲み口は食事を邪魔することもない。白身魚とは最高の相性!


第9位
モンマルサル・エクストレマリウム・ブリュット・レセルバ(スペイン)
第九位はスペインのモンマルサル エクストレマリウム ブリュット レゼルバ。クリーミーで決めの細かい泡立ちはさすがカヴァ(スペインのシャンパン製法で造られるスパークリング)といったところ。熟成感がありどっしりとした印象。完熟ぶどうの風味がたっぷりのどっしり系ワインお好きな方におすすめのスパークリング。ビーフシチューなどにぴったりとはまる。


第10位
ラ・ピラミッド・ブリュット(フランス)
第十位はフランスのスパークリング、ラ・ピラミッド・ブリュット。パリのルーヴル美術館のピラミッドを題材にデザインしたというゴールドのラベルが華やかさを演出!味わいは白い花やアカシヤの香りが漂い、グレープフルーツなどの柑橘系の果物の皮のようなニュアンスが全体を引き締める。暑い夏には最高のスパークリング。親しみやすい味わい。



>>色々あります!オススメのスパークリングワイン<<

[ 2011/12/17 09:48 ] ワイン・ランキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。