紅葉名所 ここへ行きたい ランキング ザ・ランキング!!

紅葉名所 ここへ行きたい ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > スポンサー広告 > 紅葉名所 ここへ行きたい ランキングホーム > トラベル・ランキング > 紅葉名所 ここへ行きたい ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

紅葉名所 ここへ行きたい ランキング





[2011年9月17日号 日経プラス1 何でもランキング]

紅葉名所 ここへ行きたい ランキング

全国を7か所に分けてそこで紅葉の名所を選んでもらいランキング。選者は以下の通り(五十音順)

阿形将之(JTB東日本国内商品事業部マーケティング戦略室)、足立圭(阪急交通社お客様サービスセンター課長)、井門隆夫(井門観光研究所)、斎藤友覧(写真家)、佐野有紀子(@nifty旅行)、寺沢秀治(写真家)、富沢勝(日本気象協会気象予報士)、中橋富士夫(写真家)、松浦敬任(近畿日本ツーリスト国内旅行部課長)、松倉一夫(JAFMATEおくにnavi編集チーム)、八木国昭(主婦の友社出版部編集長)



【北海道】



第1位 大雪山
【見どころベスト:9月中旬~下旬】

北海道の紅葉の名所第一位は大雪山大雪山の紅葉の見どころは、旭岳がある東川町、黒岳や銀泉台がある上川町。北海道の雄大な自然の中で紅葉が楽しめる絶景ポイント!旭岳と黒岳にはロープウェイもある。他には110月上旬まで楽しめる層雲峡や天人峡の紅葉も見どころだ。

  


第2位 知床
【見どころベスト:9月下旬~10月中旬】

北海道の紅葉の名所第二位は知床。原生林に囲まれた知床五湖、知床峠が人気のスポットだ。最近、知床五湖には高架式木道が整備されたので安全に楽しめるようになり、見どころ指数アップ!

  


第3位 大沼国定公園
【見どころベスト:10月中旬~11月上旬】

北海道の紅葉の名所第三位は大沼国定公園大沼国定公園は駒ケ岳の山麓に広がる湖沼群からなる紅葉の名所だ。湖畔一帯に広がるカエデなどの樹林が鮮やかに染まる!遊覧船やサイクリング、カヌーなどで楽しむのもおつ。

  



【東北】



第1位 奥入瀬渓流(青森県)
【見どころベスト:10月中旬~11月上旬】

東北の紅葉の名所第一位は青森県の奥入瀬渓流。十和田湖畔から奥入瀬渓流温泉郷まで約14キロにわたって紅葉が見られる絶景ポイントだ!そのなかでも特に人気なのが雲井の滝や阿修羅の流れだ。渓流沿いに走れる国道102号線からも楽しめる。

  


第2位 磐梯・吾妻(福島県)
【見どころベスト(磐梯吾妻スカイライン):10月上旬~中旬】
【見どころベスト(裏磐梯高原):10月上旬~11月上旬】

東北の紅葉の名所第二位は磐梯・吾妻。五色沼、中津川渓谷、磐梯吾妻スカイラインを車で走る・・・これが一番の見どころでしょ!?

  


第3位 八幡平アスピーテライン
【見どころベスト:9月中旬~10月中旬】

東北の紅葉の名所第三位は八幡平アスピーテライン。岩手県八幡平市から秋田県鹿角市を結ぶ約27キロにわたる県道がこの八幡平アスピーテラインだ。ドライブ途中に大沼や御在所湿原も見てみるのもよい!

  



【関東】



第1位 日光(栃木県)
【見どころベスト(奥日光):10月上旬~下旬】
【見どころベスト(東照宮周辺):11月上旬~中旬】

関東の紅葉の名所第一位は、有名すぎる紅葉スポット日光日光は標高の高低差が各所にあり、様々なポイントで紅葉が楽しめる。日光東照宮から奥日光の湯ノ湖まで長期間に渡って美しい紅葉が楽しめる。

  


第2位 秩父(埼玉県)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

関東の紅葉の名所第二位は埼玉県の秩父。長瀞や川の両側に岸壁が張り詰めたV字の中津峡など広いエリアで美しい紅葉が楽しめる。

  


第3位 箱根(神奈川県)
【見どころベスト:11月上旬~12月上旬】

関東の紅葉の名所第三位は定番の箱根。箱根は色々な観光スポットがある。庭園巡りや美術館、遊覧船、ドライブを楽しみながら紅葉を巡るのもよい。紅葉の他に10月から11月にかけては仙石原のススキ草原もとても美しい!

  



【中部】



第1位 香嵐渓(愛知県)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

中部の紅葉の名所第一位は、4000本カエデが赤く染まる、愛知県の香嵐渓。巴川の渓谷と飯盛山からなる景勝地。とくに飯盛山の香積寺までの参道は「もみじトンネル」と呼ばれライトアップされるので、一度は見てみたい。ライトアップは11月の日没から9時まで。

  


第2位 上高地(長野県)
【見どころベスト:10月中旬~下旬】

中部の紅葉の名所第二位は穂高連峰に広がる標高1500メートルの場所にある上高地。梓川沿いに白樺、カラマツが紅葉する。人気スポットは大正池や河童橋周辺だ。

  


第3位 立山黒部アルペンルート
【見どころベスト:9月下旬~10月下旬】

中部の紅葉の名所第三位は立山黒部アルペンルート立山黒部アルペンルートは長野県と富山県にまたがる。室堂平の一帯は3000メートル級の山々が眺望できる人気スポットだ。そして、何といっても紅葉を敷き詰めた絨毯のような弥陀ケ原は、素晴らしい紅葉が見られる絶景スポット!

  



【近畿】



第1位 東山(京都府)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

近畿の紅葉の名所第一位は、やはり京都にあった!この東山地区は美しい紅葉が見られる寺社が多い。その中でも特に美しいといわれるのが東福寺だ。境内には2000本のカエデが色づいた様は圧巻だ。通天橋からの眺めは最高!その他京都には知恩院、法然院、金戒光明寺なども有名だ。

  


第2位 湖東三山(滋賀県)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

近畿の紅葉の名所第二位は琵琶湖東岸一帯にある西明寺、金剛輪寺、百済寺の総称湖東三山。金剛輪寺は「血染めのもみじ」、そして西明寺は「不断桜」が見だ!

  


第3位 談山神社(奈良県)
【見どころベスト:11月中旬~12月上旬】

近畿の紅葉の名所第三位は談山神社。木造で世界唯一の十三重の塔や社殿の回りを約3000本のカエデ類が燃えるように一斉に色づく様は必見!11月19日~27日までライトアップもされる。

 



【中国・四国】



第1位 大山(鳥取県)
【見どころベスト:10月下旬~11月上旬】

中国・四国の紅葉の名所第一位は西日本の最大級のブナの原生林がある鳥取県の大山。ミズナラなども楽しめる中国地方最高峰の紅葉の名所だ。鍵掛岬、大山寺、大山スキー場から眺める紅葉が最高に美しい!

  


第2位 寒霞渓(香川県)
【見どころベスト:11月上旬~下旬】

中国・四国の紅葉の名所第二位は四国の香川県、小豆島にある寒霞渓。ごつごつとした岩肌に映えるカエデ類をロープウェイで空中散歩しながら眺めるのが最高だ。

  


第3位 宮島(広島県)
【見どころベスト:11月上旬~下旬】

中国・四国の紅葉の名所第三位は広島県の宮島。約500本のカエデ類が色づく紅葉谷公園で園内を散策をするだけでも楽しい。黄色く色づくイチョウが楽しめる巌島神社周辺も素晴らしい。

  



【九州】



第1位 雲仙(長崎県)
【見どころベスト:10月下旬~11月中旬】

九州の紅葉の名所第一位は雲仙。普賢岳、国見岳、妙見岳などで黄色に色づいた木々と常緑樹のコントラストが美しい!そして必ず見たいのが国の天然記念物「普賢岳紅葉樹林」。ロープウェイの頂上駅から徒歩一時間ほど・・・。

  


第2位 耶馬渓(大分県)
【見どころベスト:11月上旬~下旬】

九州の紅葉の名所第二位は大分県の耶馬渓。ここは4つの代表的なエリアに分かれるが、特に紅葉が美しいのが深耶馬渓だ。渓谷の岩の峰に紅葉が綺麗に色づく。

  


第3位 高千穂峡(宮崎県)
【見どころベスト:11月中旬~12月上旬】

九州の紅葉の名所第三位は宮崎県の高千穂峡。7キロにわたって続く断崖絶壁と紅葉の対比が見事!そして、一番のおすすめはボートに乗って水上から眺める紅葉。

  





その他、人気の紅葉の名所を探すならこちらから!




[ 2011/09/23 00:37 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。