ザ・ランキング!!

ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > アーカイブ - 2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

図鑑ランキング ~図鑑が開く好奇心の扉~





[2013年3月16日号 日経プラス1 何でもランキング]

■図鑑ランキング ~図鑑が開く好奇心の扉~

今、図鑑が面白い。写真集のように色鮮やかで、いかにも興味をそそる図鑑が注目されている。もちろん図鑑というからには専門的なテーマになるが、視覚に訴えるデザインに工夫を凝らし、気軽に広げて「楽しむ」図鑑が多くなってきている。そこで、大人も読みたくなる図鑑を専門家に選んでもらった。

出版科学研究所によると、図鑑の発行部数も増えており、2011年には前年と比べて6割も増えているという。そして、その発行部数増加を牽引したのが、第一位になった「世界で一番美しい元素図鑑」のように鮮明な写真を前面に出した図鑑だ。

もちろん、見た目だけではなく内容そのものも専門的な知識の説明が充実しているのも特徴だ。第五位になった「地球全史」がその代表で、地層、地形といった写真を前半部分に、そしてアカデミックな部分を後半のページに盛り込んである。

一方、子供向けの図鑑も色々と試行錯誤がされているという。例えば小学館の「くらべる図鑑シリーズ」は、鯨と新幹線の重さ、世界の樹木と通天閣の高さなど、比べ方がとてもユニークだ。この他にも子供向けのDVDの映像解説がついている「動く図鑑MOVEシリーズ」「なぜ?の図鑑」なども好評だという。

  


1位 世界で一番美しい元素図鑑
マンガン、硫黄、窒素などの元素をひとつづつ詳細に解説した図鑑だ。図鑑ブームの火付け役といってもいいだろう。元素が塊になった姿やそれがどうやって日常に使われているかを鮮やかな色彩感覚で紹介している。聞きなれない元素である、タングステン、ガリウムなども紹介。




2位 生物の進化大図鑑
生命誕生の37億年前からたどる大図鑑だ。地球上にかつて存在した微生物、植物、恐竜など722種の生態を紹介。化石写真はもちろCGで復元した図など3000点を掲載さいている。時代ごとに紹介されており、同時期に存在した生物が比べることが出来る。




3位 雲のカタログ
100種類の雲を紹介した図鑑。ベール雲、波状雲、ちぎれ雲・・・など様々な雲が。100種類の学術的に分類された雲を網羅してある。種類の判別の仕方、発生位置、遭遇の可能性などの解説も詳しく掲載されている。日本お風景と雲の写真も見ごたえ抜群!




4位 137億年の物語
ビッグバンからたどる歴史を紹介した図鑑。ビッグバンから始まり、恐竜の時代、中性のヨーロッパ、など幅広いテーマを文系・理系両方の視点から紹介。500ページに及ぶ文章の解説は圧巻のひとこと!




5位 地球全史
こちらは地形・地層から地球を知る図鑑だ。約100点の地形や地層を世界各国で撮影。大陸移動で刻まれた地球の歴史を知ることができる。写真集のような感覚で読める図鑑。




6位 地球博物学大図鑑
鉱物から菌類、草花、哺乳類など5000点の図解。生物の多様性が実感できる図鑑だ。




7位 原色-日本島図鑑
日本国内で人が住む全ての島を網羅。名産品、島独特の祭り、などを紹介。アクセス情報なども載っており、旅行ガイドブックとしても使える図鑑だ。




8位 不思議で美しい石の図鑑
瑪瑙(めのう)、石灰岩など380点石の断面集だ。味気ない石と思われがちの隠れた一面を発見できる図鑑。




9位 輪切り図鑑 クロスセクション
いろいろなものの断面図を紹介した図鑑。例えば船の底に貯蔵庫、飛行機の奥には乗務員の仮眠室・・・。断面をみるだけでいろいろな秘密がわかってくる。




10位 日本の毒きのこ
日本にある毒きのこの生息地や毒性の強さを解説した図鑑。万が一口にしてしまった場合の治療方法も載せてあり、山歩きのときに役立つ。赤や緑の珍しいきのこも掲載されている。




11位 サイエンス大図鑑




12位 骨から見る生物の進化




13位 世界動物大図鑑




14位 日本帰化植物写真図鑑




15位 CORE MEMORY (ヴィンテージコンピューターの実)




今、注目の図鑑はこちらから!





スポンサーサイト

スマホを持つときに心がけたいこと ランキング!

スマートフォンケース、5000種類以上


[2013年3月09日号 日経プラス1 何でもランキング]

■スマホを持つときに心がけたいこと ランキング

携帯やスマホを持つときに心がけたいことは何かをインターネット調査で聞いたところ、マナーやルールはもちろん使い過ぎない為の工夫などが挙がってきた。

調査会社GfKジャパン(東京中野)によるとスマホの2009年の下半期は携帯電話販売台数のうち約5%がスマホだったが、2012年下半期は70%を超えているという。携帯電話は通話やメールの利用が多いが、スマホはネット検索やソーシャルネットサービス(SNS)の利用が多い。

しかし、多くの用途に使えるスマホを持つとき、長時間の利用は注意が必要だ。ネット依存の治療をしている久里浜医療センターの臨床心理士、三原聡子さんによると、SNSやゲームにのめり込み他の予定が遅れてしまうようなことが繰り返されたら要注意だという。

そのほか今回は「子供に守ってほしいこと」も聞いてみた。その一位は「自転車に乗っているときは使わない」だった。ちなみに自転車に乗りながら片手で携帯やスマホを操作する事は交通ルール違反になるので絶対にしてはいけない事だ。どちらにしても常識が問われるスマホの扱い方には、大人が持つにも子供が持つにも、十分配慮が必要。


1位 電車の優先席周辺では電源を切る
JR東日本では、ペースメーカーなどの医療機器を使う方にも安心して乗車していただくために、お願いしていること。

2位 歩きながら操作しない
目にも良くないというのと、歩きながら電車のホームに落下する事故も発生しているために非常に危険。駅構内では人とぶつかって喧嘩になるという事例もある。

3位 暗い所で見続けない
暗いところで見るのは疲れ目の原因になるので注意。

4位 電車やバスでは操作せず、鞄やポケットに入れておく
特に混雑した社内でスマホを操作するのは非常識。乗り降りの邪魔になるし、混雑しているのだからスペースの確保を心がけてほしい。

5位 就寝前は使わない
SNSやゲームに夢中になって寝不足になる人もいるし、画面から出される光が睡眠に影響するという指摘も。

6位 家族と一緒の時はしまう

7位 横になった姿勢で画面をみない

8位 レストランなどでは通話だけではなく操作もしない

9位 毎月の利用料金を決める

10位 図書館やコンサート会場で電源を切る

11位 レストランなどで机に置いたままにしない
11位 紛失した場合どうすればいいか、確認しておく
13位 駅やホームや交差点など、人の流れを妨げる場所では使わない
14位 自宅で食事中は通話だけでなく、操作もしない
15位 週に一度、電源を入れない日を作る


disney バッテリー


■スマホ、この使い方は目によくない

歩きながら操作する
・人にぶつかる危険。
・ブレた文字を一所懸命見ることで、無意識のうちに目の負担に。

暗い場所で操作する
・周囲が暗いところで強い光を見ることで目の負担が大きい。
・画面を暗く設定しても、結局見づらく疲れる。

長時間、画面を見続ける
・スマホに限らず、長時間同じものを見ると目の筋肉が固まってしまい血流を悪くする。目の負担が大きい。

画面を目に近づけて見る
・焦点を近くにあわせる事で目の筋肉に負担がかかる。
・近い場所に焦点を合わせる両目の負担。

寝転んだ姿勢で操作する
・正面で見るのと違い、左右の目のどちらかの目(近い方の目)に負担がかかりすぎる。

小さな文字を無理してみる
・一所懸命見ようとすると目に負担がかかり、疲れ目の原因になる。


一番人気!iPhone5ケース


■スマホを持つときビジネスで気をつけたいこと

会議や商談中にもスマホを出しっぱなし
・特に商談中はスマホを机の上に出してチラチラ見ると、相手に仕事に集中してないと判断される場合もある。

無許可で写真を撮る
・カメラ昨日はビジネスで強い味方になるが、企業によっては撮影不可のものもある。セキュリティーに対する意識が低いと判断される。撮影する前は許可を取ろう。

いつも手に持って話す
・特に大事な商談の時は、相手にこの話を軽視していると判断される場合も。

紛失は会社の信用問題に
・自分だけの個人情報だけならいいが、取引先の情報などが入っている場合は信用問題に関わる。日頃からパスワードや、端末の位置を確認できるサービスを利用したい。


充電器

東日本大震災以降に見直した 防災対策 ランキング!




[2013年2月23日号 日経プラス1 何でもランキング]

■東日本大震災以降に見直した 防災対策 ランキング

2011年3月の東日本大震災以降、防災対策をどう見直したかをインターネットで約1000人に聞いた。震災から二年たった今現在の防災対策をまとめてみた。全国から寄せられた意見を元にランキングした。


1位 家族で安否確認の方法を決めた
・子供に全地球測位システム(GPS)機能付きの携帯電話を持たせた
・恋人の親族とも連絡先を交換した
・スマホのアプリも利用する

2位 家族の集合・避難場所を決めた
・子供が託児所にいた場合の避難場所を確認した
・安心でできる高台の幼稚園に子供を入園させた

3位 貴重品をすぐ持ち出せるよう整理した
・手元に多めの現金を置くようにした
・郵便局の通帳や小銭を、持ち出し品に入れた

4位 風呂水をためおくようになった
・トイレ用にギリギリまで捨てなくなった
・雨水タンクも設置、ペットボトルも常に10箱用意

5位 非常食を実際に食べてみた
・避難生活に備えて模擬体験
・飼い猫と車で3日間ほど“避難生活”をした

6位 地域の地盤の強さを確認した
・家屋の倒壊対策の工事を頼んでいる
・土砂崩れに注意する

7位 徒歩での帰宅ルートを改めて確認した
・体力作りのためにランニングも始めた

8位 最低限の防災用品をいつも携行するようになった
・日用品(歯ブラシ、生理用品など)を持ち歩く

9位 防災訓練に参加するようになった
・自主防犯組織を作り、定期的に訓練を始めた

同・9位 近所の避難場所まで歩いてみた
・近くの高齢者にも声がけし、誘導を心がけている

11位 保育園や学校などの非常時の対応を確認した
12位 防災アプリをそろえた
13位 消化器の使い方を確認した
14位 津波に備えて高台の避難場所を確認した
15位 親族や地域の人と連携を話し合った



■家庭で備える防災

東日本大震災からの経験から
・家族の写真を用意しておけば、避難所に張り出して不明者を探すことができる。
・油性のペンを携行すれば、配給品などに自分の名前を書き込める。
・マンションの上層階に住む人は、一週間分の水と食料を備蓄したほうがよい。エレベーター稼働までに必要。

他にもあると便利なものとしては、のどが乾きにくい食料。ようかんやゼリー状食品などは、5年間保存(井村屋「えいようかん」)できるものものある。後は携帯トイレ。固形処理できるもので水の使用を減らすことができる。車輪付きの旅行バッグやアイマスク、耳栓などもあると便利だ。



■職場で備える防災

二年前とここが違う
・帰宅を急ぐと思わぬ危険がふりかかることもあるので、まずは情報を収集することを心がける。
・帰宅途中の休憩地点を把握しておくことも必要。人によっては帰宅するまでに何日かかかる場合もでてくる。
・暗くなったら無理して動かない。道路の陥没や治安の悪化に注意が必要。

他にもあると便利なものとしては、運動靴だ。予め職場に用意しておけば緊急時に履き替えることができる。後はマスク。帰宅するときの道路は埃だらけのこともある。携帯ラジオやスマホの充電池、携帯しやすい飲料水、例えば「救命水」もあると便利だ。



■専門家がすすめる防災アプリ

・震災時帰宅支援マップ(通信が途絶えても使える地図アプリ)
通信でその都度データ受信するタイプは災害時に電波が混み合って使えない。このアプリは全て事前に端末に保存するタイプだ。  

・まもるゾウ-防災(家族の安否を確認するアプリ)
あらかじめ登録しておいた家族との間で、ボタン一つで安否の確認ができる。伝言や位置情報も連絡可能。

・防災速報(地震などの緊急速報を受け取るアプリ)
登録地域の緊急地震速報が受けてれるアプリ。GPS機能を使っての出張先での現在地の速報を入手できるアプリもある。

・救命・応急手当の基礎知識(応急手当の情報アプリ) 
応急手当の方法をわかりやすく解説したアプリ。事前に端末に保存するので通信障害時にも使える。



その他の防災グッズはこちらから!





他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。