ザ・ランキング!!

ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > アーカイブ - 2009年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング

[2009年11月21日号 日経プラス1 何でもランキング]

冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング

【調査方法】
水産庁の資料から「第3種漁港」の114か所を対象に専門家らが選出。※「第3種漁港」とは県外の漁船も利用するなど一定規模以上の漁港を指す。その内魚が買える市場があるか無いか、冬が旬になる水産物があるかを考慮して選んだ。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

井門隆夫(ツーリズム・マーケティング研究所主任研究員)、稲葉教之(日本旅行グループ事業部)、岩佐十良(「自遊人」編集長)、高橋淳(近畿日本ツーリスト旅行事業創発本部)、富本一幸(トラベルニュース編集長)、西潟正人(「漁師町ぶらり」著者)、野口冬人(旅行作家の会代表)、ぼうずコンニャク(サイト「市場魚介類図鑑」運営者のネット上の名前)、村上真一(実業之日本社国内版ブルーガイド出版部)、安田亘宏(JIC旅の販促研究所所長)

 



第1位 氷見(富山県氷見市)

氷見と言えば定置網でとる寒ブリが有名!晴れていれば富山湾越しに雄大な立山連峰望むことができる。水産物の直売所が漁港の近くにあり、新鮮な魚介類の購入が出来る。



第2位 境港(鳥取県境港市)

松葉ガニ(ズワイガニ)、そして、境港と言えば、やっぱり国内屈指の水揚げ量を誇る紅ズワイガニでしょ~!また「水木しげる」の出身地でもあり、100体を超える妖怪の像が並ぶのも圧巻。



第3位 安乗(三重県志摩市)

安乗天然トラフグの穴場的スポットだ!周辺の宿の泊まれば白子やフグ刺しなどのフグのフルコースが堪能できる。他にも伊勢エビ的矢カキなどの全国的にも有名な水産物が多い。







第4位 勝浦(千葉県勝浦市)

キンメダイや新鮮なアジを使った郷土料理が楽しめるのが勝浦だ。そのアジを使った郷土料理の代表が「なめろう」。朝市には農産物も並ぶ。



第5位 浜坂(兵庫県新温泉町)

浜坂では、ソムリエならぬ「カニソムリエ」(地元検定委員認定)が松葉ガニの美味しい食べ方を教えてくれる。周辺に有名温泉地も多いのもおすすめポイントの一つ。


第6位 呼子(佐賀県唐津市)

呼子は年間を通じてイカ漁が大変盛んな漁港だ。海沿いに並ぶイカを干している風景が食欲をそそる。朝市も大規模で言ってみる価値はある。



第7位 塩釜(宮城県塩釜市)

人口当たりのすし屋の数は全国屈指の塩釜。有名すぎるほど有名なのが、漁の基地となっているマグロ。観光スポットも充実しており、日本三景の一つ松島にも近い。







第8位 平潟(茨城県北茨城市)

茨城と言えばやっぱりアンコウでしょ。ここ平潟もそのアンコウの水揚げでにぎわう。ほとんどが食べられるといわれているアンコウの「どぶ汁」や鍋物が味わえる。



第9位 厚岸(北海道厚岸町)

水産物のランキングで外すことのできないのが北海道。特に厚岸は年間40種類もの魚介類が揚がる。冬はアサリの最盛期で、「挟み漁」と呼ばれる独特の漁の風景が見られる。



第10位 那珂湊(茨城県ひたちなか市)

那珂湊といえば関東を代表する観光市場「おさかな市場」が有名だ。回転ずしなどもあり、ネタが新鮮なので子供連れにも人気のスポットだ。






スポンサーサイト

おしゃれで機能的な手帳 ランキング

[2009年11月7日号 日経プラス1 何でもランキング]

おしゃれで機能的な手帳 ランキング

【調査方法】
紀伊国屋書店、銀座・伊東屋、東急ハンズ、丸善、ロフトで売れている25種類を候補として選出。それを日本経済新聞の読者で構成されている「日経生活モニター」のうち手帳を普段から使っている17
人と、専門家6人が手帳を実際に手に取り評価した。日経モニターにはおしゃれで買いたいと思う手帳を、専門家にはデザインの良い手帳と機能的な手帳を挙げてもらってポイント化した。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

飯島恵里子(「モノ・マガジン」編集部編集次長)、北沢孝之(ステイショナー編集部主任)、斉藤潤(「Bungu to Jimuki」編集部)、清水茂樹(「趣味の文具箱」編集長)、土橋正(文具コンサルタント)、吉沢尚志(「手帳と文房具のレビューサイト」管理人)

 



第1位 クオバディス ビジネスプレステージ クラブ

フランス・ブランドの手帳で、縦割り時間軸のパイオニアとなったクオバディス。プレステージシリーズは落ち着きのあるクリーム色の紙と赤とグレーの2色刷り。





第2位 能率手帳 キャレルA6 バーチカル1

能率手帳 キャレルA6は働く女性の声をもとに作られた手帳。健康管理用カレンダーやストレッチなどの資料ページが付いている。





第3位 レッツダイアリー 32SJ

英国の老舗ブランドのレッツダイアリー手帳。表紙の隅を金属で補強しているデザインがいかにも英国らしい。





第4位 ビーシージーワークス クロス スティッチ A6

日本国内の新興手帳メーカー。デザインの特徴は、表紙の十字の縫い目。これがアクセントになっている。





第5位 生産性手帳 シナジー

毎週のページに仕事に役立つ一言メッセージが書かれているユニークな手帳





第6位 ハイタイド ミニットマネージャー NAA-TYPE

ハイタイドも国内の新興文具メーカー。この手帳は表紙の文字の印刷がとてもカジュアルなのが特徴。





第7位 高橋書店 リシェル2&リシェル7

予定を管理しやすいように時間目盛りがついている横割の高橋書店の手帳リシェル2は赤、リシェル7は紺色。





第8位 ダイゴー ニューアポイント N-20(縦時間割)

日本国内の大手メーカー、ダイゴーの手帳が第八位。週刊予定の欄に空白が多いので、「することリスト」が書き込みやすい。





第9位 ナカバヤシ デイリーダイアリー DU-020S-10

国内の大手アルバムメーカー、ナカバヤシが作る手帳。縦割りだが横長にレイアウトされており記入欄が多いのが特徴。





第10位 博文館新社 エル・プランナー

東京・大阪・名古屋の震災時の帰宅マップが付いているユニークな手帳がこの博文館新社のエル・プランナーだ。





その他、機能性に優れた手帳はこちらからどうぞ。


街歩きに向く小型リュック ランキング

[2009年10月17日号 日経プラス1 何でもランキング]

街歩きに向く小型リュック ランキング

【調査方法】

まず23ブランドのリュックを選出。販売店からの聞き込みや売れ筋商品が中心。そして今回選んだリュックは、1万円以下で買える20リットル以下の男女兼用のおすすめリュック中心に、実際にバイヤーやライターが実際に手にとって、使いやすさや背負い心地、費用対効果などを評価した。選者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

小川太市(「カバン・モノ」編集)、菊地真由美(JTB商事MD室MD担当部長)、近藤聖司(阪急トラベルサポート添乗派遣課)、鈴木崇峰(「Bagazine」編集部)、鶴田康男(ライター、「アウトドア用具のメンテナンス」著者)、納富廉邦(モノ系ライター)、船田治十(東急ハンズMD企画部ゼネラルバイヤー)、松井晋(高島屋紳士服・紳士雑貨、スポーツディビジョンバイヤー)、村田和子(オールアバウト「旅の準備・お得・便利」ガイド)、吉田尚(ICI石井スポーツとアン本店店長)

 



第1位 マウンテンダックス カシス18

マウンテンダックスは国内ブランドのリュック。サイドポケットは使い勝手がよく、中が蒸れにくい通気性を持った背面システムを採用している。色も4色と万人に受け入れられるリュックだ。





第2位 カリマー セクター18

カリマーは英国のブランドのリュックだ。軽量でコンパクトが特徴で機能的なポケットも豊富で、収納力の高さも評価された。色は五色と豊富。





第3位 ミレー マルシェ20

フランスのブランド、ミレーのマルシェ20が第三位。ハイキングにも日常使いにも最適なリュックで、シンプルなデザインが魅力。基本的な機能は備えており、色も9色と豊富だ。





第4位 ドイター スピードライト20

ドイターのスピードライト20はドイツのブランド。スリムで身軽に動けるのが特徴のリュック。カラーは3色。





第5位 ザ・ノース・フェイス ボレアリス

アメリカのブランド、ザ・ノース・フェイスのボレアリスが第五位。アメリカのリュック・ブランドらしく頑丈さが特徴で、かつ収納力も兼ねそろえている。カラーは6色。





第6位 コールマン ウォーカー25

アメリカのリュック・ブランドコールマンのウォーカー25が第六位。機能性に優れていながら低価格を実現した。カラーは9色と豊富。





第7位 オスプレー タロン11

アメリカのブランド。オスプレーのタロン11は、背負いやすさとスリムさが特徴のリュック。収納力の良さも評価された。





第8位 グラナイトギア セラノ25

こちらもアメリカのブランド。グラナイトギアのセラノ25は、背中が蒸れにくいメッシュパネルを採用しているリュック。色は1色とさみしいが機能性が抜群だ。





第9位 マックパック カフ18

ニュージーランドのブランド、マックパックのカフ18が第九位。このリュックは耐久性に秀でているのが特徴だ。色は4色用意されている。





第10位 ノーマディック ワイズウォーカー デイパックフレームL

ノーマディックは国内産のリュック。街歩き専用仕様に仕上げたリュックで、小物が収納しやすいのが特徴。色は3色。





その他、機能性に優れたリュックはこちらからどうぞ。


他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。