ザ・ランキング!!

ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > アーカイブ - 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

歩いて楽しい焼き物の町 ランキング

[2009年9月12日号 日経プラス1 何でもランキング]

歩いて楽しい焼き物の町 ランキング

【調査方法】

「楽しめる」事を基準に焼き物で有名な町を専門家に選んでもらった。「楽しめる」というのは、散策・買い物・体験などが基準になる。国内を3ブロックに分けてランキングした。「九州・中国・四国」「近畿・中部」「関東・東北・北海道」の3つ。選者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

市川貴一(うつわと暮らしのもの「mokodi」店主)、内木孝一(うつわのみせ「大文字」店主)、江口滉(「やきものの世界」著者)、沖田真知子(フリーライター)、奥村正(「べにや民芸店」店主)、黒田草臣(「しぶや黒田陶苑」社長)、坂井基樹(雑誌編集者)、西田成夫(陶芸書編集者)、向笠千恵子(エッセイスト)、森孝一(日本陶磁協会主任研究員)

   



九州・中国・四国

第1位 有田焼(佐賀県有田町)

すべての設備が充実しており、焼き物に浸れる有田焼が第一位。買い物・散策・体験など、どの分野でも楽しめる。





第2位 小鹿田焼(大分県日田市)

素朴でモダンな雰囲気を醸し出す焼き物がこの小鹿田焼だ。山あいにあり、登り窯や水車で土をつく伝統的な風景が広がる。





第3位 読谷焼(沖縄県読谷焼)

焼き物の産地としては30年と新しい読谷焼が第三位。20軒近い窯元が集まる集落があり、売店では鮮やかな模様の皿などを販売している。





第4位 伊万里焼(佐賀県伊万里市)

昔ながらのレンガ造りの煙突が見られる伊万里焼が第四位。風情のある谷間沿いの道には、窯元の直売所が並んでいる。





第5位 唐津焼(佐賀県唐津市)

30件ほどの窯元が点在している唐津焼が第五位。茶碗として好まれた素朴な色合いが特徴。「虹の松原」などの名所が多いのも特徴。





近畿・中部

第1位 丹波焼(兵庫県篠山市)

「蛇窯」という山の斜面に伸びる窯が有名な丹波焼が第一位。買い物は「窯元横町」と呼ばれる直売所を利用すると便利。





第2位 瀬戸焼(愛知県瀬戸市)

磁器・陶器の両方がそろう瀬戸焼が第二位。川沿いの1キロに渡り数十軒の焼き物屋が立ちならぶ。





第3位 信楽焼(滋賀県甲賀市)

タヌキの置物で有名な信楽焼が第三位。最近は現代風デザインが人気で、土鍋なども豊富。泊りがけで体験できる「陶芸体験施設」も充実しており、どっぷりと陶芸にはまれる。





第4位 美濃焼(岐阜県多治見市)

ギャラリーを併設した窯元が立ち並び、古い商家を改築した店など見どころ満載の美濃焼が第四位。





第5位 常滑焼(愛知県常滑市)

常滑焼の窯元は丘陵地の迷路のような路地に点在している。壁や道に土管を埋め込んだ「土管坂」、レンガの煙突など見どころも多い。





関東・東北・北海道

第1位 益子焼(栃木県益子市)

若手の新作が豊富な関東有数の焼き物の町がこの益子焼だ。おしゃれな店も増えて路地の散策も楽しい。





第2位 笠間焼(茨城県笠間市)

美術館も充実している笠間焼が第二位。多彩な作風の作家が多いのが特徴。また種類も食器・装飾品・工芸品など多種多様なお店が立ち並ぶ。





第3位 会津本郷焼(福島県会津美里町)

風情ある街並みにに窯元が十数軒立ち並んでいる会津本郷焼が第三位。隣町の下郷町の観光名所である「大内宿」でも購入可能だ。





その他とっておきの焼き物はこちらからどうぞ。


スポンサーサイト

バーベキュー向きビール系飲料 ランキング

[2009年6月27日号 日経プラス1 何でもランキング]

バーベキュー向きビール系飲料 ランキング

【調査方法】

国内のビールメーカー5社の25アイテムが対象。これらのアイテムは、全国で買える国産ビール系飲料の中で、バーベキューに合うとしてメーカーが提示したもの。すべて銘柄名を伏せて試飲してもらい、バーベキューで飲むシチュエーションを考えた上で、6~9度をやや上回る本来のビールの飲み頃より少し高い温度で試飲してもらった。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

江口まゆみ(酒紀行家)、小田良司(日本地ビール協会会長)、木内洋一(木内酒造専務取締役)、小畑昌司(ビアパブ「PANGAEA」店長)、佐藤裕介(「新橋DRY-DOCK」店長)、園田智子(イクスピアリ「ハーベスト・ムーン」ブルーマスター)、田村功(ビール評論家)、樋口昇(「神楽坂ラ・カシェット」代表取締役)、藤田賢直(「CATARATAS渋谷」代表)、藤原ヒロユキ(イラストレーター、ビール表評論家)

   



発泡酒・第三のビール

第1位 麦とホップ(サッポロビール)

麦芽、ホップ、大麦だけの発泡酒を長期熟成させたうえで、大麦原料のスピリッツを添加して造られた第三のビール。44キロカロリー/100ml





第2位 金麦(サントリー)

サントリー金麦の特徴は旨みの多い麦芽を使用しているところ。香りと苦みの特徴が出ている2種類のホップを使用している。第三のビール。42キロカロリー/100ml





第3位 MDゴールデンドライ(サントリー)

キレとコクを両立させた発泡酒。喉越しもよく飲みごたえもある。アルコール度数も6%と少し高め。45キロカロリー/100ml





第4位 豊か<生>(サントリー)

副原料に国産玄米を使用した発泡酒。はやりの糖質50%OFF!(100ml中1.2~1.8グラム)。34キロカロリー/100ml





第5位 クリアアサヒ(アサヒビール)

雑味の旨さでおなじみのクリアアサヒ。麦芽使用率の高い発泡酒をベースに仕上げた第三のビール。45キロカロリー/100ml





第6位 ザ・ストレート(サントリー)

コクとキレを追求したサントリーの第三のビール。濃い色麦芽を使用しアルコールも6%と高め。44キロカロリー/100ml





第7位 麒麟淡麗<生>(キリンビール)

もはや「定番」のキリンの発泡酒。うまさとキレ・喉越しのバランスがよく、ロングセラー商品となっている。45キロカロリー/100ml





第8位 淡麗グリーンラベル(キリンビール)

糖質70%オフ(100ml中1.0グラム)の発泡酒。ライト市場を開拓した老舗ブランド。アルコールも4.5%とやや低め。29キロカロリー/100ml





第9位 のどごし<生>(キリンビール)

第三のビールの先駆者。ビール系飲料の原料である麦芽のかわりに大豆たんぱくなどを使用している。女性にも飲みやすく甘みが感じられる。43キロカロリー/100ml





第10位 オリオンリッチ(オリオンビール)

沖縄限定のオリオンビールにも歳第三のビールが登場!このアイテムは全国発売されている(夏季限定)。39キロカロリー/100ml





ビール

第1位 モルツ(サントリー)

1986年以来続くドイツ流のビール。麦芽とホップ、仕込み水は天然水を使用した定番ビール。42キロカロリー/100ml





第2位 ザ・プレミアム・モルツ(サントリー)

素材と製法にこだわったプレミアムビール。ホップは欧州産のアロマホップ、麦芽は大粒の二条大麦麦芽を使用している。47キロカロリー/100ml





第3位 サッポロ<黒ラベル>(サッポロビール)

サッポロビールの顔、黒ラベルが第三位に食い込んだ。最近は各国での産者と協同契約栽培した麦芽とホップを使用している。40キロカロリー/100ml





第4位 スーパードライ(アサヒビール)

1987年に大ヒットし、今ではNO.1ビールに。ドライ市場を開拓し、辛口、キレ、鮮度を追求している超有名ビール。42キロカロリー/100ml





第5位 ザ・マスター(アサヒビール)

ドイツのビール醸造資格者「マスター」が監修して造られたプレミアム・ビール。麦芽とホップ、水のみで造られる(一部ドイツ産)。46キロカロリー/100ml

<


その他ビール・ビール系飲料はこちらからどうぞ。


他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。