ザ・ランキング!!

ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > アーカイブ - 2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おすすめのバウムクーヘン ランキング

[2009年2月21日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめのバウムクーヘン ランキング

【調査方法】

インターネットの大手販売サイトや
全国の主要百貨店の売れ筋のバウムウーヘン
約50品を候補に選定。

これらを中心にスイーツに詳しい専門家に
上位10品を選んでもらいランキング化した。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

小野茜(フードアナリスト)
木村瑞樹(駅ナカ商業施設「エキュート大宮」チーフマネージャー)
色井香(食のクリエーター集団「ジーシェフ」代表)
下井美奈子(「オールアバウト」洋菓子ガイド)
多田千香子(アトリエ「おやつ新報」主宰)
平岩理緒(「おとりよせネット」達人)
藤原浩(フードアナリスト)
三坂美代子(「関西スイーツ」運営クアドロ代表)
村山なおこ(菓子評論家)
八木えり子(フードスタイリングスタジオ「E-style」主宰)



第1位 クラブハリエ「バームクーヘン」

クラブハリエ バームクーヘン
[クラブハリエのホームページより]

圧倒的に支持を集めたのが
ここ数年で全国的に有名になった
クラブハリエバームクーヘン

二位以下に大差をつけての第一位だ。

クラブハリエバームクーヘンは、
他のバウムクーヘンと比べて
ふんわりしているのが最大の特徴。

「重い」「ぱさつく」など、
従来のバウムクーヘンのイメージを払しょくするために、
この「ふんわり感」には徹底的にこだわったという。


第2位 カールユーハイム「バウムクーヘンリング」



第二位に選出されたカールユーハイム
老舗洋菓子店のユーハイムが2003年に始めた
バウムクーヘンの専門店だ。

今回のランキングでは本格派といっていいだろう。

風味の強い発酵バターやアルプスの岩塩などを使用し、
素材にこだわったバウムクーヘンだ。

日本人の好みに合わせながらも
ドイツのトラディショナルなテイストも加え、
通好みのバウムクーヘンに仕上がっている。


第3位 ヴィヨン「バウムクーヘン」

ヴィヨン バウムクーヘン
[ヴィヨンのホームぺージより]

第三位に選ばれたのは、
東京の世田谷にある洋菓子店ヴィヨン
歯ごたえしっかり系のバウムクーヘンだ。

オーナーの大年壮氏が創業以来
たった一人で焼きあげているという。

ほどよくラム酒が香り、
大人のバウムクーヘンといったところだ。


第4位 ユーハイム・ディー・マイスター「2009年バウムクーヘントゥルム」

2009年バウクムーヘン
[ユーハイム・ディー・マイスターのホームページより]

見た目がゴージャスで
手土産に最適なユーハイム・ディー・マイスター
2009年バウムクーヘントゥルムが第四位。

まろやかな味わいが人気。

毎年変わるドイツ人デザイナーの包装も
魅力の一つだ。


第5位 ユーハイム「バウムクーヘン」



第五位に選ばれたユーハイムバウムクーヘン
創業者のレシピを受け継いだ、
甘さ控えめな定番バウムクーヘンだ。

誰もが楽しめる親しみのある味わい。


第6位 アンリ・シャルパンティエ「ガトー・ピレネー」



食べ出したら止まらなくなる
アンリ・シャルパンティエガトー・ピレネー
第六位に選ばれた。

フランス南西部の菓子で
アーモンドの香ばしい香りが後を引く美味しさだ。


第7位 銀座文明堂「匠のバームクーヘン」
 


丁寧な菓子作りを感じさせる、
銀座文明堂匠のバームクーヘン
第七位に選ばれた。

指定農場の卵を使用するなど、
こだわりが感じられる。


第8位 パティスリーリッチフィールド「リッチフィールドの樹」

リッチフィールド バウムクーヘン
[パティスリーリッチフィールドのホームページより]

第八位に選ばれた、パティスリーリッチフィールド
リッチフィールドの樹は卵に「桜美人」を使用した
コクのあるバウムクーヘンだ。


第9位 パティスリーブラザーズ「BonBonバウムクーヘン」

ブラザーズ バウムクーヘン
[パティスリーブラザーズのホームページより]

黒糖と和三盆の二種類の砂糖を使った、
パティスリーブラザーズBonBonバウムクーヘンが第九位。

優しい甘味が人気の秘密で
レンジで温める事で黒糖の香りが引き立ち美味。


第10位 パティシェリーモンシュシュ「DOJIMA STORY」

モンシュシュ バウムクーヘン
[パティシェリーモンシュシのホームページより]

シンプルに仕上げた
パティシェリーモンシュシュDOJIMA STORY
鮮やかなオレンジのパッケージが目を引く。


スポンサーサイト

おすすめの梅の名所 ランキング

[2009年2月14日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめの梅の名所 ランキング

【調査方法】

最初にガイドブックや旅行関連の資料に出てくる
全国の梅の名所90ヵ所リストアップ。

その中から旅行会社の企画担当者や
写真家らの梅の名所に詳しい人に
おすすめの場所を順位付けしてもらった。

そして、その結果をもとにポイント化して
順位付けした。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

稲葉教之(日本旅行グループ事業部マネージャー)
木下俊司(JTB東日本国内商品事業部課長)
昆健一(観光サイト運営)
斎藤友覧(写真家)
佐藤尚(写真家)
高柳正浩(はとバス企画旅行部企画課)
立花泰明(近畿日本ツーリスト広報課長)
富田文雄(写真家)
萩原史郎(写真家)
福井佳代(名鉄観光サービス商品事業本部国内旅行部副長)
山梨勝弘(写真家)



第1位 吉野梅郷(東京都青梅市)



吉野梅郷は、
選者11人のうち5人が美しい風景に詳しい
写真家が選んだ梅の名所だ。

元々、この地域は食用の梅が多かったが、
青梅市が観賞用に「梅の公園」を整備したのが始まり。

起伏のある4万5千平方㍍の土地に
赤、白、黄色など1,500本の梅が咲き誇る。

「雨天時でも美しい景色が楽しめるので、
日本一と言っても良い」という意見もあった。

梅の花が見ごろの2月下旬から3月上旬
にかけては有料開放となる。

この時期はボランティアが梅の種類などを
熱心に説明してくれるという。

車椅子の用意もある。


第2位 湯河原梅林(神奈川県湯河原町)



1996年から一般解放を始めた
湯河原梅林が第二位に選ばれた。

視覚を圧倒する4,000本の梅が紅白で咲き誇る。
園内に人工的なものが一切ないのも特徴だ。

2月21日~3月8日まで午後6時~9時にライトアップされ、
闇の中の浮かび上がる梅の花が途轍もなく綺麗だ・・・。


第3位 北野天満宮(京都市)



北野天満宮は、
梅を好んだとされる菅原道真にちなみ、
50種類2,000本の梅が咲き誇る。

2月は宝物殿にも別料金で入れる。


第4位 南部梅林(和歌山県みなべ町)



南部梅林は梅の生産量が日本一の梅林。
斜面が白梅で覆われる様は圧巻。


第5位 月ヶ瀬梅渓(奈良市)



月ヶ瀬梅渓は川の両岸に
1万本の梅林が咲き誇る奈良の梅の名所。


第6位 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)



菅原道真を慕い、
京都から飛んできたとされる「飛梅」が有名な
太宰府天満宮が第6位に選ばれた。


第7位 偕楽園(水戸市)
 


関東ではお馴染みの梅の名所、
偕楽園が第7位。

水戸藩主が観賞用に江戸から
梅を持ち込んだのがきっかけだと言われている。


第8位 結城神社(津市)



しだれ梅300本が華麗な存在感を見せる
結城神社が第8位。


第9位 曽我梅林(神奈川県小田原市)



曽我梅林
3万5000本の梅が富士山をバックに咲き誇る梅の名所。


第10位 信州伊那梅苑(長野県箕輪町)



信州伊那梅苑は残雪の高山に色とりどりの梅が映える。

みんなで食べたいチョコ ランキング

[2009年2月7日号 日経プラス1 何でもランキング]

みんなで食べたいチョコ ランキング

【調査方法】

スイーツに詳しい専門家に、
全国の主要百貨店がおすすめする122品目の
チョコレートを10位まで選んでもらった。

ランキングの基準は、
「美味しく食べられ職場でも話題になりそうなチョコレート
という事で考えてもらう。

対象となるチョコレートは、
1箱8粒以上で5000円台までの商品で、
2月中旬までの期間限定チョコレートも含まれる。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

小椋三嘉(「チョコレートのソムリエになる」著者)
門上武司(「あまから手帖」編集主幹)
神谷千佳代(情報サイト「スイートネットワーク」代表)
佐々木千恵美(ショコラ愛好家)
清水好夫(「スイーツ番長・男のスイーツブログ」主宰)
下井美奈子(オールアバウト洋菓子ガイド)
下園昌江(菓子研究家)
並木麻輝子(料理ジャーナリスト)
西祐子(「デパチカドットコム」主宰)
畑博之(ショコラ愛好者クラブジャポン会長)
平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)
村山なおこ(菓子評論家)


第1位 ピエール・エルメ・パリ「ボンボンショコラ」



二位以下に大差をつけて第一位になったのは、
ピエール・エルメ・パリ「ボンボンショコラ」

ピエール・エルメはマカロンで有名だが、
ショコラティエとしての才能にも長けているという。

砕いたカカオを入れたショック・ショコラや
有塩バターカラメルを入れたマカッサルなどが味わえる。

蛍光色の包装紙が印象的。

ネーミングされている「ボンボン」とは、
一口サイズと言う意味。


第2位 テオブロマ「キャビア」



二位には日本人ショコラティエ、
土屋公二氏によるキャビアの形をしたチョコレート
テオブロマ「キャビア」

ビターな味わいが男性にも喜ばれそうだ。

ホットミルクに入れるとホットチョコレートになり、
色々な楽しみ方がありそうだ。


第3位 ボナ「グランクリュ・ドミノ」



ボナはフランスの老舗チョコレート店だ。

グランクリュ・ドミノは世界八か所のカカオ農園から
厳選したカカオ豆を使用したチョコレート。

そして、そのカカオ成分を75%含む
濃厚な味わいが特徴。


第4位 ピエールマルコリーニ「マルコリーニセレクション」



ピエールマルコリーニはベルギーの有名店で
知名度が高く大人のチョコレートといった感じだ。


第5位 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ「ボンボンショコラ」


▲こちらは「マカロン」

滑らかな口溶けで人気なのは、
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ「ボンボンショコラ」

写真のマカロン同様、
鮮やかな色彩が印象的。


第6位 ロイズ「ポテトチップチョコレート」



スナック感覚で楽しめるロイズ「ポテトチップチョコレート」
塩気の利いたチップスとチョコが妙にマッチする。


第7位 デルレイ「ディアマンダムール」

ディアマンダムール
[デルレイのホームページより]

デルレイ「ディアマンダムール」
ベルギーの人気チョコレート。

ダイヤの形のチョコレートが人気だ。


第8位 モンサンクレール「ヴァレンタインユイット」

モンサンクレール
[モンサンクレールのホームページより]

モンサンクレール「ヴァレンタインユイット」は、
人気パティシエ辻口博啓氏のお洒落なチョコレート。


第9位 アメデイ「セレクションチュアオ」



アメデイ「セレクションチュアオ」は、
カカオ70%の強い味わいで人気だ。

イタリア菓子店の人気チョコレート。


第10位 テオブロマ「カカオの実」

カカオの実
[テオブロマのホームページより]

テオブロマ「カカオの実」は今年の新作。
カボスショコラなど三種を用意。


他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。