ザ・ランキング!!

ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > アーカイブ - 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機内持ち込みスーツケース ランキング

[2009年1月24日号 日経プラス1 何でもランキング]

機内持ち込みスーツケース ランキング

【調査方法】

第一段階として販売店やメーカーへの聞き取り調査により
売れ筋のスーツケース20点品を選定。

この20点の中から、
百貨店や添乗員などにデザインや使い勝手を考慮して
おすすめのスーツケースを10位まで挙げてもらい集計した。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

近藤聖司(阪急トラベルサポート添乗員)
佐藤明子(近畿日本ツーリスト添乗員)
杉山啓之(三越紳士カジュアル/スポーツ部バイヤー)
鈴木佐和子(JTB商事販売促進課マネージャー)
高宮亜由美(日本旅行広報室主任)
坪内秀樹(松坂屋紳士靴・旅行用品バイヤー)
刀根正(地球の歩き方T&Eゼネラルマネージャー)
萩野恭也(海外旅行用品専門店トコー係長)
浜田恵美子(ジャルパック専任コンダクター)
村上貴司(アウトパーツ丸の内店店長)
村田和子(オールアバウト「旅の便利お得情報」ガイド)
吉田憲司(高島屋紳士雑貨DVバイヤー)



第1位 サルサ キャビントローリー(リモワ)



ドイツのブランド、リモワスーツケース
サルサ キャビントローリーが第一位に選ばれた。

スーツケースにはナイロン製で出来たソフトタイプと
金属製などのハードタイプがあるが、
そのハードタイプの代表格だ。

素材はポリカーボネート樹脂製でしなやかな素材を採用。
なんといっても軽量さが第一位の理由だろう。

年齢を問わず使え、
耐久性に優れた点が高く評価された。

ハードタイプと言えど、
へこめばすぐに戻るしなやかさが最大の売りだ。

最近の主流のスーツケースだ。

写真は黒だが赤が大人気。


第2位 スペッキオ(プロテカ)



軽くて衝撃に強い国内ブランド、
プロテカスーツケース
スペッキオが第二位に選ばれた。

スムーズで音が静かな4輪キャスターが使いやすい。

内側に小物などをすぐ取り出せる
ファスナー付きポケットがある。

鏡面仕上げの光沢感が個性的。
色も豊富だ。


第3位 ZRP-F(ゼロハリバートン)


▲写真はZRP219

ゼロハリバートンZRP-Fは、アルミの質感を表現する
ポリカーボネート樹脂を採用した米国発祥のブランドだ。

フレームにマグネシウム合金を使い、
強度が強く信頼性がある。

静音キャスターが付いていて、
色は5色用意されている。


第4位 トパーズ キャビントローリー(リモワ)



こちらのリモワ トパーズ キャビントローリーはロングセラー商品だ。
独特の凸凹のデザインが特徴。

使いこめば味が出るスーツケースだ。


第5位 プログリット(エースジーン)


▲こちらはウェンガー/WENGER

こちらはソフトケースで人気の高いスーツケースだ。
雨にも強く高級感のある表面が特徴。

外ポケットが使い勝手がよく、
ビジネス向けとしては高評価だ。


第6位 ZTF-TR(ゼロハリバートン)


▲こちらはゼロハリバートンのアタッシュケース

機能性に優れたビジネスマン向けで、
収納ポケットが多いのが特徴。


第7位 20インチ ローリング ダッフルウィズダブルオートEXP(パスファインダー)



荷物の量に応じて、
内側のスプリングでケースの厚みを調整でき、
最大10センチ拡大できる。

世界中の航空会社のクルーが愛用している
スーツケースだ。


第8位 コスモライト(サムソナイト)


▲こちらはサムソナイト
 キャスター付きコンピューターケース(機内持ち込み可)


超軽量で衝撃にも強い
サムソナイトのコスモライトが第八位に入った。

とにかくお洒落で軽いのがgood!


第9位 エアリス(サムソナイト)


▲こちらはサムソナイトのエアリス・スピナー

鮮やかな色が特徴のエアリス。
シンプルな内装で7色用意されている。


第10位 タイタン マンハッタン(トーマス・ワグナー)



表面がカーボンファイバー風の
ドイツのタイタン・マンハッタン

軽量の上、
価格が最大の魅力だ。


スポンサーサイト

おすすめの企業博物館 ランキング

[2009年1月17日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめの企業博物館 ランキング

【調査方法】

識者や愛好家に
「大人も楽しめる企業博物館」
としての順位を付けてもらった。

条件としては2009年1月17日に開館しているもの、
そして、特定の企業が運営や設立に主体的に
かかわっているもとした。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

桂武弘(日本旅行 赤い風船西日本事業部課長)
亀田訓生(NPO法人「企業ミュージアムの協会」理事長)
末吉哲郎(企業史料協議会副会長)
中牧弘充(国立民族学博物館教授)
平田智恵子(「企業ミュージアムの協会」会員)
福元聖也(サイト「いるみる」管理人)
船城英明(「学研キッズネット」編集長)
星合重男(サイト「日本の企業博物館」主宰)
真柄徹(クラブツーリズム広報課長)
水嶋英治(常盤大学大学院教授)
村上旭(日本観光協会)
矢島国雄(明治大学教授)
山下治子(「ミュゼ」編集長)



第1位 鉄道博物館(さいたま市、東日本鉄道文化財団)

トップはやはり鉄道博物館

2007年10月の会館から
200万人以上が訪れている。

巨大な規模と豊富な展示車両が魅力だ。

蒸気機関車や新幹線などの運転が
疑似体験できるシュミレーターなどが人気だ。

従来の鉄道ファンならずとも
一度は訪れてみたい。


第2位 印刷博物館(東京都文京区、凸版印刷)

二位に入ったのは「印刷博物館」。
凸版印刷が100周年を記念して開設した博物館だ。

現存する世界最古の印刷物などが展示されなど、
「本物」の展示物が充実している。

まさに大人の博物館といったところだ。

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に登場する
活版印刷を日時限定で体験できる
「印刷の家」が人気だ。


第3位 産業技術記念館(名古屋市、トヨタグループ13社)

大正時代の「赤れんが造り」(旧豊田紡織本社工場)
を転用した産業技術記念館が第三位にはいった。

織機や自動車生産に使う鋳造などの実演コーナーが
豊富に盛り込まれている。

トヨタ自動車の工場見学は完全予約制だが
この記念館は予約不要で入館できる。


第4位 トヨタ博物館(愛知県長久手町、トヨタ自動車)

19世紀以降の自動車を世界中から集めて
約140台を展示。

走行見学ができる日もある。


第5位 たばこと塩の博物館(東京都渋谷区、JT)

塩の作り方や古代アメリカ発祥のタバコ文化が
世界に広まった様子が学べる。


第6位 インスタントラーメン発明記念館(大阪府池田市、日清食品ホールディングス)

安藤百福の足跡を通じて
発明や発見の大切さを学べる。

即席麺の製造が体験できる工房もある。


第7位 貨幣博物館(東京都中央区、日本銀行)

「和同開珎」など、
国内外の4,000点の貨幣が展示されている。

1億円分の紙幣の重さを体験できる。


第8位 松下幸之助歴史館(大阪府門真市、パナソニック)

1933年の本社社屋を復元した
松下幸之助歴史館が第8位に入った。

カリスマ経営者、松下幸之助の生き方を
懐かしい家電とともに振り返る。


第9位 ミキモト真珠島(三重県鳥羽市、ミキモトグループ)

真珠王と呼ばれた御木本幸吉の生涯をたどる
ミキモト真珠島が第九位。

真珠を使った美術工芸品など目で楽しめる。


第10位 食とくらしの小さな博物館(東京都港区、味の素)

1900年から現代までの食卓風景から
身近な歴史を学ぶ博物館。


生活リズム取り戻すには?ランキング

[2009年1月10日号 日経プラス1 何でもランキング]

生活リズム取り戻すには?ランキング

【調査方法】

2008年の12月中旬に予備調査として、
日経新聞の読者で構成される「日経生活モニター」
を対象にしてインターネットで調査した。

「生活のリズムを取り戻す方法は?」という質問で
自由記入で1363人に答えてもらった。

その回答から、多くの人が実践している
38項目を選択肢として設定。

その項目に対して、
ネット調査会社「マクロミル」を通じて、
2回目の調査を実施。

この選択肢の中から
「実際に効果のあったと感じた方法」
を複数回答で選んでもらった。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有



第1位 いつもより早く寝て長めの睡眠をとる

第2位 お風呂へ長めに入る

第3位 どこにもでかけずにのんびりする

第4位 読書、音楽鑑賞など自分の好きな事をする

第5位 三食きちんと食べる

第6位 暴飲暴食しない

第7位 ストレッチをする

第8位 散歩をする

第9位 早起きをする

第10位 いつもと同じリズムでせいかつする

第11位 温泉へ行く
第12位 おかゆなど胃に優しいものを食べる
第13位 体を冷やさないようにする
第14位 友人や家族と楽しい時間を共有する
第15位 鍋物などで野菜を多く食べる



■快適な睡眠への枕選びのコツ

・頭をのせたときあごを引いてリラックスできる高さのもの。
・横向きになったとき、頭から腰までがまっすぐになっているもの。
枕を探すなら >>>


■ぐっすり眠るためのポイント

<寝室・寝具>
・パジャマは肌触りがよく体を締め付けないものを選ぶ 。
・靴下は血行を妨げ、体を冷やすので極力使うのをさける。
 使うとしても寝る前に脱ぐのが理想的。
・寝室の照明は暖色系のものが理想。
・寝室の室温は20度前後が理想。

<就寝前>
・熱すぎる風呂は禁物。
・食事は就寝3時間前までに済ませておく。
・就寝の4~5時間前はカフェイン入り飲料は避ける。
・就寝の30分前はテレビやパソコンを避ける。
・たばこ・寝酒はしない。

<朝・昼>
・夜ぐっすり寝るために朝早く起きる。
・起床後は日光を浴びて体内時計の臭気を調える。
・朝食はいつもの時間にしっかりとる。
・午後3時までに15分程度の昼寝をして、
 夕方まで活発に動く。


余ったおせち こう食べる ランキング

[2009年1月3日号 日経プラス1 何でもランキング]

余ったおせち こう食べる ランキング

【調査方法】

日経新聞の読者で構成される「日経生活モニター」を対象にして、
余ったおせちをアレンジした料理のレシピを募集。

集まったレシピ118の中から簡単に調理出来て
幅広い世代で楽しめる料理を専門家12人に選んでもらった。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

池上正子(料理研究家)
牛尾理恵(フードコーディネーター)
小竹貴子(クックパッド編集長)
島本美由紀(料理研究家)
徳永睦子(料理研究家・フードプロデューサー)
栃丸秀俊(「すてきな奥さん」編集長)
夏梅美智子(料理研究家)
畑田祐子(ABC Cooking Studio商品開発グループ所属)
町田えり子(料理研究家)
米村望(NHK「今日の料理」編集長)
渡辺あきこ(料理研究家)
渡辺聡美(菅理栄養士ネットワーク NPO法人NSC2000代表)



第1位 煮しめを使ったおこわ

ニンジン、ゴボウ、こんにゃく、シイタケ、里芋
などを細かく切ってもち米と一緒に炊飯器で炊きこむ料理。

煮しめの味が染み込むので味付けは一切不要。
手軽さが受けて第一位に選ばれた。


第2位 なますを使ったグリーンサラダ

なますをみず菜などの葉物と一緒に混ぜる。

なますに味が付いているので、最後のアクセントになる、
ごま油と塩を少々入れたもので軽く味付けてして出来上がり。


第3位 煮しめを包んだオムレツ

ゴボウ、シイタケ、ニンジンなどを一口サイズに切った煮しめを
卵でくるむだけの簡単料理。

卵のとろけるチーズをたっぷり入れるとさらに美味しく・・・。
塩で少々味を調えると良い。


第4位 クリきんとんとリンゴを使ったパイ

パイ生地にクリきんとんとリンゴをスライスしてのせ、
オーブンで焼く。

トースターで10~15分程度焼いてもOK。


第5位 煮しめを入れたチャーハン

煮しめを細かく切ってそのままチャーハンを作る要領で・・・。
ごま油と塩、コショウで味を調える。


第6位 クリきんとんを挟んだフレンチトースト

サンドウィッチを作る要領でクリきんとんをパンに挟む。
後は卵を加えた牛乳にひたしてフライパンでこんがりと焼くだけ。


第7位 黒豆入りシェイク

黒豆とバニラアイス(200ミリリットル)をフードプロセッサーで混ぜる。
牛乳を入れてとろみを調整する。


第8位 煮しめカレー

鶏肉とカレールーを作ったら、
その中に煮しめを入れるだけ。

煮しめはすでに柔らかく煮込んであるので、
短時間で出来るのがうれしい。


第9位 煮しめを使ったちらしずし

硬めに炊いた白米に甘酢、煎りゴマを混ぜ、
細かく切った煮しめを入れる。

だて巻き、キヌサヤなどを上に載せて完成。


第10位 おもちピザ

あらかじめ薄く切った餅をフライパンで軽く焼いておく。

後は、ピザソース、とろけるチーズ、ベーコン、ピーマンなど
好きな具材をのせてピザを作る要領で。


[ 2009/01/05 08:11 ] グルメ・ランキング | TB(0) | CM(0)
他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。