トラベル・ランキング ザ・ランキング!!

トラベル・ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > カテゴリー - トラベル・ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桜花見の名所・ランキング!

2015/3/08
日経プラス1「何でもランキング」

■桜をめでるのにお薦め 東西20カ所のお寺!

そろそろ花見の季節がやってくる!本当にサクラが見たい人も、ただただ飲んだくれたい人も、花見の計画を立て始める時期。近所で済ますのもよいが今年は歴史のあるサクラや日本の原風景を求め名刹を訪れてみるのもまたおつだ。今宵は、そんなランキングです。

ところで桜といえばソメイヨシノが有名だが、実はこのソメイヨシノは比較的新しい品種だ。今回のランキングでは「五重塔」「仏閣」などおおきな建築に大きい一本桜・・・といったエドヒガンザクラなどがランキングされた。

そして、何を隠そう日本の三大桜、すなわち三春滝桜(福島県)、山高神代桜(山梨県)、梶尾谷漆墨桜(岐阜県)は、数百年、数千年の時を経てたたずむ巨木エドヒガンザクラの野生種だ。ソメイヨシノよりも早く花開き、ちょうどお彼岸の頃に薄紅色の花が綺麗に映える。ちなみにソメイヨシノはこの桜を親に持つ日本固有の品種だ。


<西日本>

第1位
醍醐寺(京都市)
醍醐寺は世界文化遺産に登録された寺だ。膨大な寺宝、豊臣秀吉が家族や諸大名約1000人で花見をした、いわゆる「醍醐の花見」で有名な場所だ。まさに豪華絢爛!1000本の桜が咲き誇る姿は圧巻としかいいようがない。見所は参道の桜トンネル、霊宝館のしだれ桜は空から舞い落ちる桜、そして、三宝院の大紅しだれ。約3週間にわたり咲き誇る。東京ドーム140個分の境内の広さが物を言う、堂々の第一位!!!桜の見ごろは3月中旬~4月上旬。市営地下鉄東西線醍醐駅下車徒歩10分。


おすすめの宿


第2位
金峯山寺(奈良県吉野町)
本道蔵王堂などが世界文化遺産の一部とし登録されている修験道の総本山だ。とにかくスケール感がハンパない!吉野山一面にひろがる30,000本の桜が咲き乱れる様は、まさに一目に千本見える『一目千本』・・・。桜の見ごろは4月上~下旬。近鉄吉野駅下車、ロープウエーで吉野山駅下車徒歩10分。


おすすめの宿


第3位
仁和寺(京都市)
宇多天皇が創建した仁和寺は、五重塔、桜の組み合わせが絶妙だ!御室桜(おむろさくら)は遅咲きの桜で江戸時代には貝原益軒が『京城勝覧』で大絶賛したといわれている。国宝や重要文化財もあり見所多数。見ごろは3月下旬~4月上旬。京福電鉄北野線御室仁和寺駅下車徒歩約2分。


おすすめの宿


第4位 紀三井寺(和歌山市)




同・第4位 三井寺(大津市)




第6位 長谷寺(奈良県桜井市)




第7位 東寺(京都市)




第8位 松月寺(金沢市)




第9位 清水寺(京都市)




同・第9位 金剛峯寺(和歌山県高野町)




<東日本>

第1位
身延山久遠寺(山梨県身延町)
身延山久遠寺は、鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれた日蓮宗の総本山だ。これぞニッポン春の図と言わんばかりに境内にある桜が咲き誇る!しだれ桜の淡いピンクの花が地面に付きそうなくらいだ。境内はとても手入れが行き届いており、桜と伽藍の構図は風雅な雰囲気に包まれる・・・。またこのあたりの町内にもこのしだれ桜の子孫とも言われる古木があり、町を散策するのも楽しい。桜の見ごろは3月中旬~4月上旬。JR身延線身延駅からバス身延山下車、徒歩約1時間。


おすすめの宿


第2位
実相寺(山梨県北杜市)
実相寺は冒頭で説明した日本三大桜の一角を占める。日本三大桜のひとつ「山高神代桜」は、その昔ヤマトタケルノミコトが植えたとされており、樹齢はな、な、な、なんと!1800年とも2000年ともいわれている古木だ。ここにあるエドヒガンザクラは神々しさをも感じる。桜の見ごろは4月上旬。JR日野春駅から車で約15分またはJR韮崎駅からバス実相寺神代桜下車。


おすすめの宿


第3位
光前寺(長野県駒ケ根市)
70本ものしだれ桜が境内に並び、山間と古刹をピンクに染める。開花期間中はライトアップされ幽玄な夜桜も見る事が出来る。ちなみに桜の見ごろになると、長野県でも屈指の大寺は、珍しいヒカリゴケも見ごろになる。桜の見ごろは4月中~下旬。中央自動車道駒ケ根ICから車で約5分


おすすめの宿


第4位 大石寺(静岡県富士宮市)




同・第4位 寛永寺(東京都台東区)




第6位 角館の寺町(秋田県仙北市)




第7位 最勝院(青森県弘前市)




第8位 福聚寺(福島県三春町)




第9位 深大寺(東京都調布市)




第10位 光厳寺(東京都あきる野市)





桜の名所、おすすめの宿はこちら!
スポンサーサイト
[ 2015/03/13 18:26 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

絶品・金沢のお土産ランキング!

2015/2/15
日経プラス1「何でもランキング」

■開業間近、北陸新幹線 絶品・金沢のお土産・ランキング!

いよいよ北陸新幹線が金沢まで延びる!これで東京から金沢までは2.5時間で行けるようになる。あと一か月・・・。当然金沢へ訪れる東京人が増えるはず。ということで金沢土産ランキング!

加賀百万石の歴史感じる街金沢。「加賀百万石」といえば金沢の城下町。そして全国でも有数の和菓子どころとしても有名な街だ。歴史的に見ても千利休に師事した前田利家などの藩主は茶道に大変関心があったという。その影響もあってか今でも金沢の人は甘いものがすきな人が多い。菓子類、和生菓子、アイスクリーム、チョコレートの購入額が全国1位なのも金沢だ。

<お菓子系>

第1位
みたらし豆(まめや金澤萬久)
ソラマメ型の箱に描かれたパンダやウサギ、季節の草花や風物詩がかわいらしい。石川県の代表的な焼き物「九谷焼」の絵付け職人が中心になって書いた箱を選んで、煎り豆を詰める。豆はもちろん地元能登で作られる農家から仕入れた金沢大豆。しょうゆの町と言われる金沢市の大野町の甘辛しょうゆを使い香ばしく仕上げている。お土産に最適なパッケージがうれしい。



第2位
じろあめ 壺入り(俵屋)
素朴な甘さ、添加物なしの、金沢でも有名なあめ店。創業は1830年。良質の米と大麦だけで作る、添加物なしの素朴なあめだ。素朴が故優しい甘さと滋味深い味わいは料理や飲み物に入れてもおいしい。金沢を代表する土産の一つだ。



第3位
濃茶落雁(落雁諸江屋)
あんと抹茶が絶妙にからみあう落雁。うるちコメの粉、砂糖に抹茶をつかった落雁に粒あんを挟み込んだ。1849年創業の老舗が古くから伝わる技と製法を守って作られる逸品だ。茶道のさかんな金沢ならでは抹茶の風味が素晴らしい!



第4位 月よみ山路(松葉屋)
第5位 加賀八幡 起上もなか(金沢うら田)
第6位 麩万頭 こしあん(加賀麩司 宮田)
第7位 おしょうゆショコラ(金沢ヤマト醤油味噌)
第8位 丸ごとみかん大福(和菓子処中越)
第9位 あんず餅(菓匠高木屋)
第10位 柴舟(柴舟小出)
第10位 烏骨鶏かすていら(烏鶏庵)


<総菜系>

第1位
ふやき御汁 宝の麩(加賀麩不室屋)
こちらも有名な土産物。お湯を注ぐことでもなかの皮(ふやき)の花が開く仕掛けになっている。その花からは彩り鮮やかな野菜やふがこぼれだす。金沢は「ふ」の産地としても有名。こちらも1865年創業の老舗。すまし汁んほかにも味噌汁もある。



第2位
ふくら印のたらの子味付(シンヤ)
だしの旨味が凝縮された缶詰!金沢大野町のしょうゆをベースにしたタレで甘く炊いたマダラの子の缶詰だ。缶詰のデザインも大正時代から続くものでこのレトロ感がお土産に最適。



第3位
巻鰤(逸味潮屋)
こちらはお酒の肴にぴったりなブリを特殊な塩蔵加工をほどこした逸品。この製法により脂ののったブリの風味を保ち、旨味がしっかりと感じられる。少々塩がきついがそれ以上に味が素晴らしい!藁で巻いた見た目も土産にぴったり。



第4位 焼きいなり(加賀守岡屋)
第5位 金城かぶら寿し(四十萬谷本舗)

毎日更新!本日の缶詰・ランキングをチェック!

2013年の大人デートに行きたい幻想的なイルミネーション ランキング

日経プラス1(2013年11月24日)に掲載された“なんでもランキング”
■大切な人と見たい 幻想的なイルミネーション15カ所

2013年、景気が回復の兆しを見せる中、大人デートで見にいきたい幻想的なクリスマス・イルミネーションをランキングした。毎年スケールがアップしてきているイルミネーションだが、町おこしの意味合いも強く出ている。

▼光と映像 最新技術競う
イルミネーションというと美しい光の競演・・・とみている人も多いだろう。もちろん電球の数を増やすことも重要だが、それ以上に今は最新技術を駆使している場合が多い。今年は、新・東京駅を華麗に演出した、いわゆる3Dプロジェクションマッピングなど建物に映像を映しだすものが目立つ。

光の美しさのみならず、映像や音楽を組み合わせることで見ている人を飽きさせない工夫がされている。今回のランキングでもテーマパーク1位のハウステンボスや3位のOSAKA光のルネスサンスなでが、今年の3Dプロジェクションマッピングの代表だ。

技術的な面で言うと、2011年の東日本大震災以降のエネルギー問題を考慮して、節電対策もしっかりしているところも多い。街で2位の丸の内イルミネーションは、発光ダイオード(LED)の消費電力をさらに少なくしたものを独自に開発し「エコイルミネーション」をうたっている。

クリスマスはもちろんだが、時期を過ぎても続いているイベントも多いので、人の出が少ない時期を見計らって、まさに大人デートを楽しむのはいかがだろう。


≪街が幻想的に≫

第1位
神戸ルミナリエ(神戸市)
このイベントは阪神大震災が起きた1995年の12月に初開催以降、毎年神戸市中央区の旧外国人居留地などで続いている。震災以降に行っているイベントの意味合いは深く、災害の犠牲者への鎮魂、神戸復興のシンボル、神戸の冬の風物詩として多くの人が訪れている。16世紀ヨーロッパの祭礼、装飾芸術が期限という光のアーチはとても繊細で心が洗われるようだ。昨年は340万人が訪れた。19回目となる今年のテーマは「光の記憶」。世界最大級の電飾1000万球超を使って演出する。会期、点灯時間は12月5~16日、午後6~9時(月~木曜日)、同6~10時(金)、同5~10時(土)、同5~9時30分(日)


第2位
丸の内イルミネーション(東京都千代田区)
有楽町と大手町をつなぐ丸の内仲通りの街路樹が金色に輝く。約1.2キロ、240本が104万球の発光ダイオード(LED)で輝く。まさに幻想的な大人デートに最適なイルミネーションだ。仕事帰りのデートにも是非よりたい。会期、点灯時間は2014年2月16日まで、午後5~11時(12月は翌日午前0時まで)


第3位
OSAKA光のルネサンス(大阪市)
場所は大阪市役所~中之島公園の東側あたり。話題の3Dマッピングは大阪中央公会堂正面をスクリーンに展開する。難波橋方面に延びるフランスアベニューなど見どころ満載だ。そして今年は大阪中心部全体をもり立てる「大阪・光の饗宴2013」が開催される。会期、点灯時間は12月15~25日、午後5~10時


第4位
六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション(東京都港区)
白と青のLEDが美しく装飾される大人の街、六本木のイルミネーション。六本木ヒルズ開業10周年の今年は、赤の電飾も見られる(毎時0分から10分間)。会期、点灯時間は12月25日まで、午後5~11時


第5位
東京スカイツリータウンイルミネーション(東京都墨田区)
スカイツリーの足元を50万球の電飾で彩るイルミネーション。12からは3Dプロジェクションマッピングも映し出される予定。会期、点灯時間は14年1月31日まで、午後4時45分~11時(12~1月は午後5時~5時30分から)


第6位
SENDAI光のページェント(仙台市)
会期、点灯時間は12月6~31日、午後5時30分~11時(31日は元日午前0時)


第7位
さっぽろホワイトイルミネーション(札幌市)
会期、点灯時間は14年2月14日まで(原則)、午後4時30分~10時


第8位
時之栖(ときのすみか)冬のイルミネーション(静岡県御殿場市)
会期、点灯時間は14年3月9日まで、午後4時30分~10時


第9位
門司港レトロ浪漫灯彩(とうさい)(北九州市)
会期、点灯時間は14年2月23日まで、午後5時30分~10時


第10位
東京ミッドタウン ミッドタウン・クリスマス(東京都港区)
会期、点灯時間は12月25日まで、午後5~11時



≪テーマパークで大人デート≫

第1位
ハウステンボス(長崎県佐世保市)
世界最大級の電飾1000万球超え!2010年に始まったハウステンボスでのイルミネーション。今年の電飾はまさに世界最大級。「光の王国」をテーマに園内の庭園「アートガーデン」には650万球の光が装飾される。そして話題の3Dプロジェクションマッピングも上映される。このショーは子供から大人まで楽しめる内容になっているので、大人デートだけではなくて家族連れにもおすすめ。会期、点灯時間は14年3月30日まで、午後6~10時30分(金、土、祝日前日は同6~11時)


第2位
なばなの里(三重県桑名市)
なばなの里はリゾート施設内にあるフラワーパークだ。光のトンネルや川を創り出す「冬華(とうか)の競演」は見事だ。会期、点灯時間は14年3月31日まで、午後5~9時


第3位
あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)
「FLOWER FANTASY~光の花の庭~」と名付けられたイルミネーションは約210万球の電飾を使用。「イルミネーションで生まれる牧歌的世界」が楽しめ、今年は動物、植物、人間が共存する様子を表現した。会期、点灯時間は14年1月26日まで(12月31は休園)、午後4時30分~9時(土日祝は午後9時30分)


第4位
東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)
ここはマイカーでの入園が出来る。今年は約200万球の電飾を使ったイルミネーションが楽しめる。まさに大人デートに最適なイルミネーションだ。会期、点灯時間は14年3月31日まで、午後4~8時


第5位
よみうりランド(東京都稲城市、川崎市)
照明デザイナーの石井幹子さんが手がけるLED200万球を宝石箱に見立てた「ジュエルミネーション」、ジェットコースター、観覧車も特別にイルミネーションされる。会期、点灯時間は14年2月16日まで(12月以外は各月に休園日あり)、午後4~8時30分



>>北海道から九州・沖縄まで大人デートに最適なイルミネーションはこちらから<<


美術館ランキング ~カフェも楽しめる美術館~

2013年 4月 27日 日経プラス1 何でもランキングより

■カフェも楽しめる美術館 ランキング

最近は美術館や博物館といった文化的施設のカフェやレストランが、ものすごく充実してきている。そんなオススメのカフェを専門家に選んでもらってランキングした。東京にある有名な美術館は、著名な建築家が設計することが多く、それに合わせてカフェも著名な料理人が手がけていたりする。パリのルーブル美術館やロンドンの大英博物館などもその手法を用いており、街のカフェとは違うメニュー、つまりその美術館にちなんだものや作品にちなんだものが人気を集めている。最近では結婚式や歓迎パーティーで利用できる美術館も増えてきており、今後の美術館のあらたなる展開として注目されているという。


◆東日本

1位 原美術館(東京・品川)
~芝生広がる中庭、静かな時~

2位 国立新美術館(東京・六本木)
~味、空間ともに圧倒的~

3位 根津美術館(東京・表参道)
~ガラス張り、森林浴楽しむ~

4位 三菱一号館美術館(東京・丸の内)
~創建当時の銀行営業室復元~

5位 神奈川県立近代美術館葉山(神奈川県・葉山)
~シーフードカレーが美味~

6位 まつだい「農舞台」「越後まつだい里山食堂」(新潟県十日町市)
7位 十和田市現代美術館「アペ ロッサ」(青森県)
8位 ポーラ美術館「アレイ」(神奈川県箱根町)
9位 クレマチスの丘「リストランテ プリマヴェーラ」(静岡県長泉町)
10位 山種美術館「Cafe椿」(東京・広尾)

⇒首都圏の宿泊予約“簡単検索”



◆西日本

1位 長崎県美術館(長崎市)
~運河に浮いているような感覚~

2位 金沢21世紀美術館(石川県・金沢市)
~加賀野菜ふんだんに~

3位 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県・丸亀市)
~こだわりの家具・調度品~

4位 京都国立近代美術館(京都市)
~自家製の生パスタがおいしい~

5位 島根県立美術館(島根県・松江市)
~宍道湖の眺めが雄大~

6位 香川県立東山魁夷せとうち美術館「な・ぎ・さ」(香川県坂出市)
7位 MIHO MUSEUM「ピーチバレイ」(滋賀県甲賀市)
8位 京都文化博物館「阿蘭陀館(おらんだかん)」(京都市)
9位 アサヒビール大山崎山荘美術館「喫茶室」(京都府大山崎町)
10位 薩摩伝承館「フェニーチェ」(鹿児島県指宿市)

⇒地方の宿泊予約“簡単検索”



訪ねてみたい冬のまつり ランキング





[2013年1月5日号 日経プラス1 何でもランキング]

訪ねてみたい冬のまつり ランキング


第1位 さっぽろ雪まつり(札幌市)

  

日本を代表とする冬の祭りといえばやはりこのさっぽろ雪まつりだ。市内3会場に約200基の雪氷像が並ぶ。国内はもとより海外からも観光客が訪れる。メイン会場は大通公園で、ここでは午後10時まで、そしてサブ会場であるすすきのは午後11時までライトアップされ、なんとも幻想的な雰囲気に包まれる。家族連れは雪遊びが楽しめる「つどーむ」がオススメ。



第2位 なまはげ柴灯まつり(秋田県男鹿市)



東北・秋田で有名な「なまはげ」と地元の真山神社に伝わる「柴灯祭」を組み合わせた、観光祭りなまはげ柴灯まつりが第二位だ。太鼓がない響き、たいまつを持ったなまはげが雪山から神社へ次々と降りてくるさまは、まさに圧巻のひとこと!なまはげの表情が異なるのも見所の一つ。



第3位 新野の雪まつり(長野県阿南町)



五穀豊穣を祈願した祭り、新野の雪まつり。伊豆神社の境内で田楽、舞楽、神楽、猿楽、田遊びなどの舞を徹夜で奉納する。素朴な仮面だが19種類ものしゅるいがある。日本の伝統芸能を伝える祭りとして評価されている冬のまつりだ。



第4位 横手かまくら・ぼんでん(秋田県横手市)

 

秋田の有名なかまくらがメインの冬のまつり、横手かまくら・ぼんでんが第四位。かまくらに入った子供たちが「はいってたんせ」と声をかけてきて、水神様に賽銭をあげ、子供たちから甘酒や餅をいただく。ぼんでんとは豊作を予祝(前祝い)する行事のこと。B級グルメの横手やきそばも是非!



第5位 西大寺会陽(岡山市)

  

「裸祭りの横綱」とよばれ、9000人の男たちが護符の争奪戦を展開する西大寺会陽。争奪戦の参加はネット上でも申し込める。観覧希望者は西大寺会陽奉賛会で事前に予約・購入が必要だ。



第6位 長崎ランタンフェスティバル(長崎市)

  

約15,000ものランタン(中国ちょうちん)が市内に飾られ、異国情調まんてんの冬のまつり長崎ランタンフェスティバル。皇帝パレード、竜踊りなどパレードもあり、湊公園などの会場にオブジェが並ぶ。



第7位 八戸えんぶり(青森県八戸市)

 

「えぶり」という田をならす農具から「えんぶり」と名が付いた、八戸えんぶり。鳥の帽子をかぶって田植えなどの動作で舞う。1人2,000円の明治期の建物で披露される「お庭えんぶり」では、名物のせんべい汁も付く。



第8位 お燈まつり(和歌山県新宮市)

  

神倉神社から、たいまつにご神火を分けてもらった白装束の男たちが駆け下りる、お燈まつり



第9位 花祭(愛知県東栄町など)

  

鎌倉時代から愛知県の北東部に伝わる神事、花祭。徹夜で40種類の舞を奉納する。



第10位 修正鬼会[しゅじょうおにえ](大分県豊後高田市・国東市)

 

国東半島の天台宗の諸院に伝わる火祭り、修正鬼会[しゅじょうおにえ]。仏教では珍しい祭りだ。





人気の冬まつりの旅探すならこちらから!







内部も見どころ 洋風建築 ランキング





[2012年10月13日号 日経プラス1 何でもランキング]

内部も見どころ 洋風建築 ランキング


第1位 旧岩崎邸庭園羊羹 東京都台東区

洋風建築ランキング第一位は、明治中頃に三菱財閥の3代当主岩崎久弥が建てた洋館、旧岩崎邸庭園洋館だ。この建物は日本のその後の洋館スタイルを確立したと言われる。明治時代の代表的な建築だ。設計は英国出身の建築家、ジョサイア・コンドル。ジャコビアン様式という17世紀初頭の華麗な装飾が印象的だ。



第2位 富岡製糸場 群馬県富岡市

フランス人の設計で明治政府が建てた官営の製糸工場、富岡製糸場洋風建築ランキング第二位。繭の倉庫、繰糸場などが並ぶ。世界遺産登録に向け活動中だ。日本と西洋の建築が融合した、木の骨組みにレンガを積む独特の工法用いられている。



第3位 グラバー園 長崎市

洋風建築ランキング第三位のグラバー園は、幕末の英国貿易商たちの邸宅郡。長崎港を見下ろす高台に建ち並ぶ洋館だ。その中でも旧グラバー邸は国内現存最古の木造洋館とされている。建物の周りに巡らせた開放的なベランダは開放的なので、是非とも堪能してほしい。来年は築150周年を迎える。ダッチコーヒが飲める旧自由亭は喫茶店として営業している。



第4位 旧前田侯爵邸洋館 東京都目黒区

洋風建築ランキング第四位は、東京、目黒にある旧前田侯爵邸洋館だ。昭和初期、加賀藩前田家の16代当主の利為が建てた洋館だ。スクラッチタイル張りの外観と、とんがり屋根の塔が目を引く。内部も美しく、階段ホール、広間の彫刻などモダンな雰囲気だ。



第5位 旧開智学校 長野県松本市

洋風建築ランキング第五位は、長野県松本市の旧開智学校だ。開智学校は住民の寄付などでできた小学校で、明治初期に建てられた。校舎は木造、しっくい塗りの壁にガラス窓がはめ込まれ、中央に八角の塔がある。この建物は松本の大工が西洋の建物を真似て試行錯誤を繰り返し造られたいわゆる「擬洋風建築」の傑作といわれている。



第6位 富士屋ホテル 神奈川県箱根町

洋風建築ランキングの第六位は、箱根にある超有名な老舗ホテル、富士屋ホテルだ。このホテルは和洋折中の本館、西洋館、花御殿などが独特の雰囲気を醸し出す。外国人お御用達クラシックホテルとして知られ、外観はもちろんレストラン、ロビーも格別だ。一度は泊まってみたい憧れのホテルのひとつだろう。



第7位 京都国立博物館 京都市

洋風建築ランキング第七位は京都国立博物館。明治の中頃に建てられた、重厚な宮廷建築の代表格。向かいには三十三間堂が立ち、その対照的な建物を見比べるのは、京都を訪れる楽しみの一つになっている。



同・第7位 綿業会館 大阪市

洋風建築ランキングの同・七位は大阪にある綿業会館だ。会員制の日本綿業倶楽部が運営する、昭和の初期に建てられた洋風建築だ。外見は意外と地味。。。しかし内部まで注意深く見ると細かい部分まで贅を尽くしているのが解る。



第9位 ホテルニューグランド 横浜市

洋風建築ランキング第九位は、横浜の老舗ホテル、ホテルニューグランドだ。このホテルは昭和初期に建てられ、あのマッカーサーなど多くの用心が泊まった伝統あるホテルの一つだ。特にレインボーボールルームはその名の通りレインボウな照明が天井彫刻を照らす!



10位 盛美館 青森県平川市

洋風建築ランキング第十位は、青森県の盛美館。地元の名士・清藤盛美が作ったと言われる回遊式の庭園に建つ。この建物が面白いのは、和館の上に洋館が乗る珍しい様式だ。



同・10位 六華苑(旧諸戸家住宅)三重県桑名市

洋風建築ランキング同・第十位は、三重県にある六華苑。大正初期に建てられた、桑名の名家、諸戸清六の邸宅。なんと4層もの塔家を持つ洋館だ。日本庭園にこれがまた映える!





人気の洋館建築訪れるならこちらから!







歴女が訪ねたい城下町 ランキング





[2012年9月8日号 日経プラス1 何でもランキング]

歴女が訪ねたい城下町 ランキング

第1位 京都市 酒と幕末の伏見

「平安京」など古都のイメージの強い京都は「城下町として発展した地域もある」(京都市観光協会)
京都は豊臣秀吉が伏見城を作って発展した町で、大阪や近江と陸路や水路でつながっている要衝。酒で有名な伏見だが、その「伏見の酒」が発展したのもちょうどこの頃。今も街並みには酒蔵が立ち並ぶ。とくに幕末の名所は女性ファンで賑わい、坂本龍馬ゆかりの旅館「寺田屋」もある。世界遺産の一つ、現存する「二条城」は徳川家康が建造したものだが、以前には違う場所で織田信長の二条城などがあった。ちなみに信長の二条城は本能寺の変の際に焼失してしまった。





第2位 姫路市 白鷺城眺めて散策

兵庫県の城下町で、その優美さから「白鷺城」の別名をもつ姫路城。現存の城は徳川家康の女婿、池田輝政が大規模な修繕を行って完成した。この城は約400年も前から大きな災害や被害を受けずに当時の面影を残す貴重な城。周辺には好古園、西の比叡山と呼ばれる円教寺など見所が満載!好古園は武家屋敷の遺構を活かして造られた日本庭園。街めぐりには姫路城の周辺を巡るループバスを利用したい。





第3位 金沢市 戦災免れた武家屋敷

前田家の加賀百万石の城下町そして栄えた金沢。ここは第二次世界大戦の空襲を免れた長屋武家屋敷などが残る情緒あふれる町。茶屋街は日本最大庭園の一つ「兼六園」とならび女性に人気の観光スポットだ。他にも金箔や加賀友禅などの伝統工芸の資料館巡りも楽しめる。スイーツ好きにもおすすめで、加賀藩御用達だった老舗和菓子屋もある。





第4位 松本市 大火に備えたなまこ壁

長野県松本市にある松本城。別名、烏(からす)城とも呼ばれ、漆黒の天守目を奪われる。京阪や江戸からの参拝客で賑わう善光寺街道は松本城の脇を走り抜け、多くの商家が軒を連ねる。江戸時代、明治時代に大火に見舞われ、火や風に強いなまこ壁の蔵に作り替えられた土蔵は今も残る。旧開智学校は藩校の流れをくむ最も古い小学校の一つだ。今は博物館になっている。





第5位 大阪市 天下の台所支えた水路

豊臣秀吉ゆかりの地。豊臣秀吉は「太閤はん」と地元で親しまれている。秀吉が収めたのは約20年足らずで、その後は大阪夏の陣を経て大阪城は江戸幕府直属の城となり、城下町が栄た。食い倒れで有名な道頓堀は、江戸の初期に大阪開発に尽力した徳川家康の孫、松平忠明が開発者の安井道頓の名からつけたと言われている。水の都とも呼ばれるほど水路が発達し、物流が行き交う天下の台所としての役割を担った。





第6位 会津若松市 藩御用の酒蔵今も

会津若松は戊辰戦争で新政府から、旧政府の中核として目の敵にされたという歴史を持つ町。「白虎隊」の悲劇でも知られる。白虎隊とは飯盛山で自決した少年部隊。落ち着いた町並みと酒蔵が立ち並ぶ町。良い水良いコメが取れることから藩が財政再建のために酒造を推進したと言われ、今でもその藩御用の酒蔵が営業をしている。





第7位 那覇市 琉球王国の情緒漂う

琉球王国は15世紀から1879年まで存在した王国。中国・朝鮮、東南アジアの国々との交流で大いに栄えた王国だ。首里城などに代表されるグスクと呼ばれる沖縄の城は、軍事拠点としてではなく、聖地としての役割も担っていた。南国情緒たっぷりで公設市場に色鮮やかな魚が並ぶ。





第8位 萩市 幕末の志士 生家巡り

幕末の志士を多く輩出した長州藩の本拠地がこの萩城。武家屋敷が並ぶ中には木戸孝允、高杉晋作の生家も残る。吉田松陰が教えた松下村塾など幕末ファン必見の町だ。レンタルサイクルが便利。





第9位 名古屋市 三英傑ゆかりの地

現在の名古屋城は、かつて織田信長の居城があった地に徳川家康が建造した城だ。清洲から人や寺社ごと引越しさせ、城下町の発展を図ったという。「三英傑」と呼ばれる信長・秀吉・家康のゆかりの地。





10位 仙台市 政宗が開いた杜の都

仙台は伊達政宗が藩祖の城下町。政宗の制作により植林されて「杜の都」と呼ばれるようになった。名物「ずんだ餅」は政宗が考案したという説もある。







その他、人気の城下町はこちらから!







観光客が参加できる夏祭り ランキング





[2012年7月7日号 日経プラス1 何でもランキング]

観光客が参加できる夏祭り ランキング



第1位 阿波おどり(徳島県)

■「にわか連」に参加、手ほどきも
観光客が参加出来る夏祭りランキングの第一位は、阿波おどり(徳島県)。「踊る阿呆に見る阿呆・・・」のおやはしで知られる阿波踊りの本場だ。「連」とよばれる踊りのグループがあり、腕利きの有名連、学生、企業なども加わって街が阿波踊り一色に!また観光客が参加できる「にわか連」は市内に二箇所あり、手ほどきもしてくれる。


第2位 青森ねぶた祭り(青森県)

■レンタル衣装で「ハネト」に
観光客が参加出来る夏祭りランキングの第二位は、青森ねぶた祭り(青森県)。「ラッセラー」の掛け声で跳ね回る「ハネト」が祭りを盛り上げる。武者人形の山車はあまりにも有名。花笠やたすきなど、衣装一式があれば参加できる。また地元のお店に行けば4,000円程度で貸出もある。



第3位 おわら風の盆(富山市)

■各町の輪踊りに参加
観光客が参加出来る夏祭りランキングの第三位は、おわら風の盆(富山市)。「風の盆」とは豊作を祈る祭りのこと。立春から210日目の風の厄日に大風などの被害に遭わないようにとの願いがある。笠をふかくかぶった踊り子たちが哀切に満ちたおわら節にのせて小さな町を踊り流れていく。



第4位 郡山おどり(岐阜県郡山市)

■地元の人と徹夜で盛り上がる
観光客が参加出来る夏祭りランキングの第四位は、郡山おどり(岐阜県郡山市)。三十三夜にわたり場所を替えて繰り広げられる。地元の人のみならず、誰でも参加ができる。街中が異様な雰囲気につつまれれる、8/13~8/16の「徹夜おどり」はその名の通り徹夜で連日朝まで踊り続ける。観光客でも踊りが上手な人には免許状が配られる。



第5位 よさこい祭り(高知市)

■パレードの最後尾に飛び入り
観光客が参加出来る夏祭りランキングの第五位は、よさこい祭り(高知市)。日本中に広がったよさこい祭りの本家本元がこの高知だ。全国から集まったチーム行進する様は迫力満点!一般客も当日講習を受けて「踊り子隊」に参加可能だ。



第6位 山形花笠まつり(山形市)

■パレードの最後尾に飛び入り
観光客が参加出来る夏祭りランキングの第六位は、山形花笠まつり(山形市)。華やかな山車を先頭に「ヤッショ、マカショ」の掛け声と花笠太鼓に合わせて町を練り歩く。パレードの最後尾には「飛び入りコーナー」のプラカードが掲げられ、一般の観光客が誰でも参加出来る。



同・第6位 沖縄全島エイサーまつり(沖縄県沖縄市)

■フィナーレで一体感
観光客が参加出来る夏祭りランキングの同・第六位は、沖縄全島エイサーまつり(沖縄県沖縄市)。「エイサー」の掛け声と華やかな衣装。祭りの最後に一般客も混じって手踊りで盛り上がる。一体感おあるフィナーレは格別だ。



第8位 仙台七夕まつり(仙台市)

観光客が参加出来る夏祭りランキングの第八位は、仙台七夕まつり(仙台市)。数千本のササ飾りが街の中心街に彩られる。観光客も短冊に願いを書いたり飾り付けが無料で体験できる。



第9位 秋田竿燈まつり(秋田市)

観光客が参加出来る夏祭りランキングの第九位は、秋田竿燈まつり(秋田市)。幻想的な竿燈まつりは何百本もの光を灯した穂先が通りを埋め尽くす。50キロもある差し手の竿燈を肩、腰、額に移し替えていく姿は圧巻だ。一般客には小型の竿燈が操れる。



第10位 盛岡さんさ踊り(盛岡市)

観光客が参加出来る夏祭りランキングの第十位は、盛岡さんさ踊り(盛岡市)。三ツ石神社の神様が鬼を退治し、鬼の手形が押された石の周りを、喜んだ人々が踊ったのが起源。今年から一般観光客の参加も。





その他、人気の夏祭りはこちらから!







[ 2012/08/20 15:06 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

社寺と自然楽しむ巡礼の道 ランキング





[2012年6月16日号 日経プラス1 何でもランキング]

社寺と自然楽しむ巡礼の道 ランキング



第1位 熊野古道

巡礼の道 ランキングの第一位は、熊野古道。熊野古道は本宮大社、速玉大社、那智大社熊野三山への参詣道。2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として、なんとユネスコの世界遺産登録された。熊野古道は信仰の道として今も色濃く、道の途中に熊野神の御子神を祭る王子社が数多く点在している。近年ではウォーキングイベントが人気。おすすめは本宮から大日山を超えて湯の峰温泉向かうコース。約1時間30分程度で古道の雰囲気が楽しめる。





第2位 四国八十八ヵ所

巡礼の道 ランキングの第二位は、四国八十八ヵ所。弘法大使ゆかりの地88ヵ所を回る。徳島、香川、高知、愛媛の4県を巡る。「お遍路さん」と呼ばれる巡礼者を地元の人が飲食でもてなす。「善根宿」と呼ばれる簡易宿泊施設は低料金や無料で宿泊が可能だ。全長1400キロを歩く「通し打ち」は徒歩で40日かかくるが、「区切り打ち」と呼ばれる何かいかに分けて歩く方法もある。それでもきつい人は旅行会社によっては数箇所だけを回る数千円のコースも用意されている。1番の霊山寺から88番の大窪寺、まで順番にまわるのは順打ち、逆に回るのは逆打ち。逆打ちは閏年に回ると功徳が数倍になるといわれている。





第3位 お伊勢参り

巡礼の道 ランキングの第三位は、お伊勢参り。2000年の歴史をもち、天照大神を祭る三重県の伊勢神宮に参拝する。今は神体を移す20年に一回の遷宮を来年(2013年)に控え、「お木曳(おひき)」などの神事が進んでいる。内宮、外宮を回るだけではなく観光地や周辺お神社を回るルートなど、日程に合わせて色々とコースが選べる。





第4位 西国三十三ヵ所

巡礼の道 ランキングの第四位は、西国三十三ヵ所。近畿二府四県、岐阜県にひろがる33箇所の観音霊場を巡るルート。33の姿に菩薩が返信し、すべての人を救うという信仰に基づくものだ。





第5位 出雲国神仏霊場

巡礼の道 ランキングの第五位は、出雲国神仏霊場。起点は巨大なしめ縄で知られる出雲大社。島根県東部、穴道湖、中部を一周し、20の寺社を参拝する。2005年、神社と寺院双方を回る道として整備された。





第6位 秩父三十四ヵ所

巡礼の道 ランキングの第六位は、秩父三十四ヵ所。埼玉県の秩父に広がる34箇所の観音霊場。首都圏在住なら家族で日帰りで楽しめるハイキングルートもある。有名どころは4番金昌寺、32番の法性寺など。





第7位 山の辺の道

巡礼の道 ランキングの第七位は、山の辺の道。古代ロマン散策の道、奈良盆地東側の山麓を南北に縫うルート。見どころは国宝の七支刀がある石上(いそのかみ)神宮、大和朝廷の創始と言われる崇神天皇の墓(陵墓)、などを巡るルートだ。





第8位 五島八十八ヵ所

巡礼の道 ランキングの第八位は、五島八十八ヵ所。長崎県の五島市、福江島、黄島の寺を巡る。旅人をもてなす行事があり、おいしい料理、お酒、素晴らしい笑顔に出会える。





第9位 鎌倉五山

巡礼の道 ランキングの第九位は、鎌倉五山。鎌倉市の建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺、いわゆる鎌倉五山を巡る。五山とは幕府が定めた禅宗の五つの大きな寺の事。都心から近いのでのんびり古都鎌倉の情緒を味わえる。





第10位 小豆島八十八ヵ所

巡礼の道 ランキングの第十位は、小豆島八十八ヵ所。香川県の小豆島の札所を巡る。ここは弘法大師が修行で訪れたとされ、四国八十八ヵ所を瀬戸内の島に写す「島四国」として発展したと言われている。笹ヶ滝などの行場も歩ける。一般人の行場は珍しい。




その他、人気の巡礼の旅はこちらから!







[ 2012/06/22 23:57 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキング





[2012年5月26日号 日経プラス1 何でもランキング]

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキング



第1位 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第一位は、川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアム。2011年9月に、「ドラえもん」「パーマン」など、数多くの人気漫画を描いた、故・藤子・F・不二雄さんが長年住んだ川崎市に2011年9月にオープンしたミュージアム。原画に触れたり、ここでしか見られないオリジナルの短編を大型スクリーンで鑑賞出来る。グッズも充実している。藤子さんの仕事場を再現した部屋も見られる。入場料:大人1,000円、子供(4歳以上)500円、営業時間:午前10時~午後6時(日時指定の予約制)、休館:火曜日



第1位 三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの同第一位は、三鷹の森ジブリ美術館。スタジオジブリの魅力が満載のミュージアム。宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」のロボット兵が来乗客を見守る。子供が実際に遊べるネコバスや短編映画の上映などもある。2012年6月は企画展「挿絵が僕らにくれたもの」展が始まる。順路や解説もなく海外からの観光客も多いという。もちろん大人が言っても楽しめるミュージアム。入場料:大人1000円、小学生400円、営業時間:午前10時~午後6時(日時指定の予約制)、休館:火曜日



第3位 水木しげる記念館(鳥取県境港市)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第三位は、水木しげる記念館(鳥取県境港市)。「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪たちの世界が広がるミュージアム。水木しげるファンにはたまらない、愛用のカバンなどは必見!水木しげるさんの貸本屋時代からの漫画掲載雑誌などは超レアーだ。駅から記念館までを結ぶ水木しげるロードにはブロンズの妖怪像が並び、街全体で盛り上げている感じが最高!妖怪に扮する仮想コンテストも開かれる。入場料:一般700円、小学生300円、営業時間:午前9時30分~午後5時、休館日:無休



第4位 宝塚市立 手塚治虫記念館(兵庫県宝塚市)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第四位は、宝塚市立 手塚治虫記念館。手塚治虫の作品世界を再現したミュージアム。「リボンの騎士」「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」などどれもこれも有名アニメばかりで飽きさせない。手塚作品を知らない人でも魅力が伝わる。入場料:大人700円、小学生100円、営業時間:午前9時30分~午後5時、休館日:水曜日



第5位 京都国際マンガミュージアム(京都市)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第五位は、京都国際マンガミュージアム。実際に読んで楽しむミュージアム。約5万冊の漫画本が壁一面の書棚に並び、館内や庭の芝生で読むことができる。設立は2006年で、京都精華大学と京都市によるもの。交通の便も良いので一度お立ち寄りおを・・・。入場料:大人800円、小学生100円



第6位 香美市立やなせたかし記念館(高知県香美市)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第六位は、香美市立やなせたかし記念館。ご存知「アンパンマン」生みの親、やなせたかし。そのやなせたかしさんの故郷に立つミュージアムだ。通称アンパンマンミュージアム。地下にジャムおじさんおパン工場を再現した空間が。絵画の原本ギャラリーや歴代グッズの収納庫もある。入場料:大人700円、3歳以上小学生300円、営業時間:午前9時30分~午後5時、休館日:火曜日



第7位 石ノ森萬画館 [休館中(2012.05.26現在)](宮城県石巻市)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第七位は、石ノ森萬画館。故・石ノ森章太郎さんの作品「サイボーグ009」「仮面ライダー」に彩られた記念館だ。現在は東日本大震災により休館中。ただいま復興のシンボルとして今秋の再開を目指している。



第8位 海洋堂ホビー館四万十(高知県四万十町)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第八位は、海洋堂ホビー館四万十。プラモデルやフィギュアで有名な海洋堂(大阪)。その海洋堂の歴史とコレクションの集大成!このミュージアムは廃校を改築して造られた。そこには所狭しと作品が並んでいる。入場料:一般800円、小中学生400円、営業時間:午前10時~午後6時、休館日:火曜日



第9位 明治大学現代マンガ図書館(東京都新宿区)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第九位は、明治大学現代マンガ図書館。このミュージアムは、個人蔵書を本に貸本業を営んでいた内記稔夫さんが解説したもの。貴重な漫画雑誌、セル画など約18万点が揃っている。内記さんの漫画への愛があふれた漫画図書館の草分け的存在だ。入場料:一般300円(会員無料)、閲覧1冊100円、営業時間:昼12時~午後7時



第10位 杉並アニメーションミュージアム(東京都杉並区)

家族で行きたいアニメ・漫画ミュージアム ランキングの第十位は、明治大学現代マンガ図書館。制作会社で成り立つ日本動画協会が運営する、日本のアニメ全般を紹介する博物館。アフレコ体験やアニメの原理を学べる。豊富なアニメ映像資料、企業展も開催される。2012年5月23日からは「ブレイブスト-リー」などを手がけたGONZO企業展を開催中。入場料:無料、営業時間:午前10時~午後6時、休館日:月曜日



その他、人気の家族で行きたいミュージアムはこちらから!







[ 2012/05/28 00:20 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

旅を快適にしてくれるグッズ ランキング





[2012年2月25日号 日経プラス1 何でもランキング]

旅を快適にしてくれるグッズ ランキング



第1位 シスプラ(変換プラグ)

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第一位は、変換プラグのシスプラ。世界の国のコンセントに対応するアダプタープラグだ。パーツは2つ、複数のピンがあり、それを組み合わせることで8通りのコンセントパターンに対応できる。注意してほしいのは日本国内専用の電化製品を使うときは、別に変圧器が必要だ。これは海外旅行の必需品といってもいいだろう。コンパクトでかさばらないのもGOOD。海外の友人にプレゼントしても面白い。





第2位 バッグとめるベルト

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第二位は、バッグとめるベルトだ。これは海外旅行の時に使うキャスター付きバッグの上に載せる手荷物をしっかりと固定するベルト。スーツケースのスライドハンドルに通し、ベルトを手荷物の下に回し、もう一方をハンドルに通すだけ。ゴムの伸びと長さを調整すれば、いろいろな手荷物バッグに対応できるようになっている。今まで紐で固定していた人もこれさえあればとってもスマートに載せることができる。





第3位 衣類圧縮袋

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第三位は、衣類圧縮袋だ。LLサイズはセーター二枚が目安。Sサイズならハンドタオルが2~3枚は入る。使い方は簡単、衣類を袋に入れてチャックをしめて空気を抜きながら丸めていくだけ。空気穴は2つあり女性でも簡単に丸めることが出来る。もちろん繰り返し使うことができるように丈夫なポリエチレンとナイロンの素材で出来ている。圧倒的な収納力は驚き。使っていない人がいるのか?といった感じ。機内に持ち込むセーターなどを入れても良い。





第4位 フライトソックス コットンフィール

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第四位は、フライトソックス コットンフィールだ。長期フライトなどに足の疲れやむくみを軽減させるソックス。エコノミー症候群予防にもなる。足首からふくらはぎにかけて圧力を低くすることで血行を促進する仕組み。膝下丈で性別を問わず使用可能だ。使い慣れると日常でも使いたくなる。





第5位 ハンドルサック

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第五位は、ハンドルサックだ。これは折りたたみバッグで帰りにお土産が増えた時に便利。キャスター付きバッグのスライドハンドルに固定できるので上にのせて運ぶことができる。折り畳むとポシェット程度の大きさになり、広げると容量は約12リットルほどある。一回り大きい26リットルもある。スーツケースの重量オーバーなどの時に手荷物にする時にも使える。





第6位 どこでも洗タクぱっく

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第六位は、旅先で簡単に選択できるセットどこでも洗タクぱっくだ。使い方がとにかく簡単。ビニール製の洗濯パックに洗剤と水をいれもみ洗いする。上下のチャック開けてから上から水を注いですすぐ。そして最後はビニールパックごと丸めて脱水するだけ。Tシャツや下着などの選択はこれ一つでOK。もちろん繰り返しの使用が可能。





第7位 ラゲッジチェッカープラス

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第七位は、機内に持ち込む荷物や預ける荷物の重さを計測するラゲッジチェッカープラスだ。航空会社により持ち込める許容重量が異なるので、事前に計っておけば足止めを食らうこともない。荷物にストラップをひっかけてゆっくりと持ち上げる。ブザーがなったら重量が確定する仕組み。宅配の重量などにも使える。50キロまで計れる。





第8位 ハイテク保湿マスク

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第八位は、機内やホテルなどの乾燥した場所で使うことを想定したマスクハイテク保湿マスクだ。湿度を調整してくれるポリマーシートを使い、自分の呼気でしっかりと保湿し、喉や鼻の感想を防ぐ構造だ。ウイルスの侵入を防ぐ3ミクロン対応フィルター使用。





第9位 コンフォートトラベルピロー

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第九位は、定番の旅まくらコンフォートトラベルピローだ。特殊なバルブシステムを採用しており女性や子供でも楽に膨らませることができる。使用後はバルブボタンを数秒押し続ければ空気が抜けコンパクトに収納できる。肌触りの良いマイクロフリースのカバーで取り外して洗濯も出来る。





第10位 トラベルトイレタリーオーガナイザー

旅を快適にしてくれるグッズ ランキングの第十位は、化粧品や洗面用具を収納できるポーチくらトラベルトイレタリーオーガナイザーだ。便利なのはチャックを開いたまま浴室やトイレのフックに掛けられる事。構造は3つのチャックに6つの内ポケット。これだけあると小物がスッキリとまとめられる。







その他、便利な旅行グッズを探すならこちらから!







[ 2012/03/13 11:15 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

きれいな初日の出が見られるスポット ランキング





[2011年12月24日号 日経プラス1 何でもランキング]

きれいな初日の出が見られるスポット ランキング



【北海道編】



第1位 納沙布岬

本土の最東端の納沙布岬が、きれいな初日の出が見られるスポットランキング北海道編の第一位!大海原からみる初日の出は北方領土の島影がくっきり見える。イベント会場では午前五時頃より、花咲蟹のてっぽう汁の販売などが行われる。2012年は伝統芸能のねむろ太鼓を披露する予定。初日の出の時刻は6:49。





第2位 襟裳岬

きれいな初日の出が見られるスポットランキング、北海道編の第二位は襟裳岬。ほぼ360度見られる岬から初日の出を望む絶好のスポット。太平洋に突き出た地形からみる初日の出はまさに絶景!しかし、強風が吹きやすいために観光施設の風の館が午前5時~8時臨時開館する。大人300円。初日の出の時刻は6:55





第3位 JRタワー展望室T38

きれいな初日の出が見えるスポットランキング北海道編の第三位は、JRタワー展望室T38。札幌の街を一望できる高さ160メートルの展望台だ。午前6時から開業し、初日の出と共に一面の雪景色の街並みが綺麗に赤らめてくる。大人700円。初日の出の時刻は7:04。







【東北編】



第1位 浄土ヶ浜(岩手)

綺麗な初日の出が見られるスポットランキング東北編の第一位は、岩手県の浄土ヶ浜。重茂半島から太陽が昇る。乳白色の岩礁、そら、海を赤く染める最高の日の出スポットだ。残念ながら震災で遊歩道は壊れてしまったが、奥浄土ヶ浜は第一駐車場を利用して徒歩で移動が可能だ。浄土ヶ浜遊覧船による初日の出クルーズもある。大人1500円。初日の出の時刻は6:53。





第2位 種差海岸(青森)

初日の出がきれいに見られるスポットランキング東北編の第二位は、青森県の種差海岸。蕪(かぶ)島南から大久喜までは国の名勝。波打ち際まで近づけるので、種差天然芝生地と海岸を一望出来るスポットだ。葦毛崎展望台は最高のビューポイントだ。初日の出の時刻は6:57。





第3位 双観山(宮城)

きれいな初日の出が見られるスポットランキング東北編の第三位は宮城県の双観山。塩釜湾と松島湾の双方が望める日の出スポットだ。登り出す太陽は大小の島々を赤く染め、牡鹿半島や太平洋に浮かぶ金華山の向こうから登ってくる。初日の出の時刻は6:53。







【関東編】



第1位 犬吠埼(千葉)

きれいな初日の出がみられるスポットランキング、関東編の第一位は犬吠埼。関東の最東端で日本の中の平地としては一番早く初日の出が見られるのがこの犬吠埼だ。世界の歴史的灯台に選出された白い灯台を照らす。JR東日本と銚子電鉄が臨時列車を運行する予定。初日の出の時刻は6:46。





第2位 大洗海岸(茨城)

きれいな日の出が見られるスポットランキング、関東編の第二位は大洗海岸。海岸全体が東向きのため、広い範囲で水平線から登る太陽が見られる。ビューポイントは大洗磯前神社。会場の岩の上に立つ神磯の鳥居の中から太陽が登るのはとても綺麗!初日の出の時刻は6:49。





第3位 高尾山(東京)

きれいな初日の出が見られるスポットランキング、関東編の第三位は高尾山。とくに横浜方面から見る日の出が最高だ。12月31日からは夜通しケーブルカーが運行する。駅を降りてからすぐがポイントの一つ。初日の出の時刻は6:48。







【中部編】



第1位 本栖湖(山梨)

中部の初日の出がきれいに見えるスポットランキング、第一位は本栖湖。雪化粧した富士山の裾野から黄金に輝く太陽がゆっくりと昇り始める。本栖湖は富士五湖の中で最も深く透明度が高いので初日の出が湖に映り込む。撮影スポットとしても人気が高い。初日の出の時刻は6:54。





第2位 伊良湖岬(愛知)

きれいな初日の出が見えるスポットランキング、中部の第二位は伊良湖岬。おすすめは灯台方面から恋路ケ浜に向かって進むときれいに見える。荒波のため侵食され、真ん中に洞穴ができた日出の石門が朝焼けと共に美しいスポットに。初日の出の時刻は6:58。





第3位 三保の松原(静岡)

初日の出が綺麗に見えるスポットランキング、中部編の第三位は三保の松原。波打ち際から眺める日の出が最高のスポット。伊豆半島の山々から昇る太陽が富士山を赤く染める。御穂神社で初詣する人も多く訪れる。初日の出の時刻は6:54。







【近畿編】



第1位 白髭神社(滋賀)

近畿の初日の出がきれいに見えるスポットランキング、第一位は近江最古の神社と言われる白髭神社。御利益は延命長寿。参拝すると境内からは琵琶湖に立つ朱塗りの大鳥居越しに初の日の出を拝むことが出来る。湖面に鳥居が映える!初日の出の時刻は7:04。





第2位 夫婦岩(三重)

きれいな初日の出が見えるスポットランキング、近畿の第二位は三重県の夫婦岩。夫婦岩の右から昇る初日の出がとても綺麗。初日の出で赤く染まる空と輝く海に黒い岩陰が波飛沫をあげる。春から夏にかけては岩の間からの日の出が、そして冬は満月が昇る。初日の出の時刻は7:00。





第3位 金剛山(大阪)

初日の出が綺麗に見えるスポットランキング、近畿の第三位は大阪の金剛山。大阪で一番高いスポットがこの金剛山。標高1000メートル級。初日の出の日は午前5時からロープウェイが運行する。当日は先着順にちはや園地ログハウスでぜんざいが提供される。初日の出の時刻は6:50。







【中国・四国編】

 

第1位 鷲羽山(岡山)

中国・四国の初日の出がきれいに見えるスポットランキング、第一位は国の名勝でもある瀬戸内海屈指の展望地、鷲羽山。四国方面から昇る日の出が、瀬戸大橋や瀬戸内の島々を綺麗に照らす。絶景スポットは130メートルの山頂付近のビジターセンターや遊歩道。初日の出の時刻は7:12。





第2位 室戸岬(高知)

きれいな初日の出が見えるスポットランキング、中国・四国の第二位は高知県の室戸岬。東岸がビューポイントの一つ。太平洋の大海原から初日の出が昇る。条件さえよければ「だるま朝日」、いわゆる水平線に太陽が反射する現象が見られる。初日の出の時刻は7:07。





第3位 城山公園(愛媛)

初日の出が綺麗に見えるスポットランキング、中国・四国の第三位は愛媛県の城山公園。松島市街と四国の山並みに初日の出が昇る。標高は132メートル。ロープウェイが午前6時から運行を開始する。ちなみに松山城の天守閣は9時に開場する。初日の出の時刻は7:00。







【九州編】



第1位 大観峰(熊本)

九州の初日の出がきれいに見えるスポットランキング第一位は熊本県の大観峰。阿蘇外輪山の最高地点、標高936メートルの展望台から眺める阿蘇五岳は釈迦の寝姿に見えるという絶景。別名、阿蘇の涅槃(ねはん)像とも呼ばれる。太陽は釈迦の頭部にあたる根子岳の外れから昇る。朝霧に包まれた阿蘇谷を照らす様はまさに絶景!初日の出の時刻は7:10。





第2位 豊後二見ヶ浦(大分)

きれいな初日の出が見えるスポットランキング九州の第二位は大分県の豊後二見ヶ浦。巨大なしめ縄で結ばれた雄岩と雌岩で有名なスポットだ。ちなみに両岩の間から太陽が昇のは3月頃。初日の出は雌岩寄りの方から昇る。初日の出の時刻は7:15。





第3位 都井岬(宮崎)

初日の出が綺麗に見えるスポットランキング九州の第三位は宮崎県の都井岬。野生馬の生息地としても知られる都井岬。扇山を登ると視界を遮るものがない海が広がり、そこから見る初日の出は最高だ。灯台は午前7時30分開場。初日の出の時刻は7:14。







その他、人気の初日の出スポットを探すならこちらから!







[ 2011/12/24 13:48 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

紅葉名所 ここへ行きたい ランキング





[2011年9月17日号 日経プラス1 何でもランキング]

紅葉名所 ここへ行きたい ランキング

全国を7か所に分けてそこで紅葉の名所を選んでもらいランキング。選者は以下の通り(五十音順)

阿形将之(JTB東日本国内商品事業部マーケティング戦略室)、足立圭(阪急交通社お客様サービスセンター課長)、井門隆夫(井門観光研究所)、斎藤友覧(写真家)、佐野有紀子(@nifty旅行)、寺沢秀治(写真家)、富沢勝(日本気象協会気象予報士)、中橋富士夫(写真家)、松浦敬任(近畿日本ツーリスト国内旅行部課長)、松倉一夫(JAFMATEおくにnavi編集チーム)、八木国昭(主婦の友社出版部編集長)



【北海道】



第1位 大雪山
【見どころベスト:9月中旬~下旬】

北海道の紅葉の名所第一位は大雪山大雪山の紅葉の見どころは、旭岳がある東川町、黒岳や銀泉台がある上川町。北海道の雄大な自然の中で紅葉が楽しめる絶景ポイント!旭岳と黒岳にはロープウェイもある。他には110月上旬まで楽しめる層雲峡や天人峡の紅葉も見どころだ。

  


第2位 知床
【見どころベスト:9月下旬~10月中旬】

北海道の紅葉の名所第二位は知床。原生林に囲まれた知床五湖、知床峠が人気のスポットだ。最近、知床五湖には高架式木道が整備されたので安全に楽しめるようになり、見どころ指数アップ!

  


第3位 大沼国定公園
【見どころベスト:10月中旬~11月上旬】

北海道の紅葉の名所第三位は大沼国定公園大沼国定公園は駒ケ岳の山麓に広がる湖沼群からなる紅葉の名所だ。湖畔一帯に広がるカエデなどの樹林が鮮やかに染まる!遊覧船やサイクリング、カヌーなどで楽しむのもおつ。

  



【東北】



第1位 奥入瀬渓流(青森県)
【見どころベスト:10月中旬~11月上旬】

東北の紅葉の名所第一位は青森県の奥入瀬渓流。十和田湖畔から奥入瀬渓流温泉郷まで約14キロにわたって紅葉が見られる絶景ポイントだ!そのなかでも特に人気なのが雲井の滝や阿修羅の流れだ。渓流沿いに走れる国道102号線からも楽しめる。

  


第2位 磐梯・吾妻(福島県)
【見どころベスト(磐梯吾妻スカイライン):10月上旬~中旬】
【見どころベスト(裏磐梯高原):10月上旬~11月上旬】

東北の紅葉の名所第二位は磐梯・吾妻。五色沼、中津川渓谷、磐梯吾妻スカイラインを車で走る・・・これが一番の見どころでしょ!?

  


第3位 八幡平アスピーテライン
【見どころベスト:9月中旬~10月中旬】

東北の紅葉の名所第三位は八幡平アスピーテライン。岩手県八幡平市から秋田県鹿角市を結ぶ約27キロにわたる県道がこの八幡平アスピーテラインだ。ドライブ途中に大沼や御在所湿原も見てみるのもよい!

  



【関東】



第1位 日光(栃木県)
【見どころベスト(奥日光):10月上旬~下旬】
【見どころベスト(東照宮周辺):11月上旬~中旬】

関東の紅葉の名所第一位は、有名すぎる紅葉スポット日光日光は標高の高低差が各所にあり、様々なポイントで紅葉が楽しめる。日光東照宮から奥日光の湯ノ湖まで長期間に渡って美しい紅葉が楽しめる。

  


第2位 秩父(埼玉県)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

関東の紅葉の名所第二位は埼玉県の秩父。長瀞や川の両側に岸壁が張り詰めたV字の中津峡など広いエリアで美しい紅葉が楽しめる。

  


第3位 箱根(神奈川県)
【見どころベスト:11月上旬~12月上旬】

関東の紅葉の名所第三位は定番の箱根。箱根は色々な観光スポットがある。庭園巡りや美術館、遊覧船、ドライブを楽しみながら紅葉を巡るのもよい。紅葉の他に10月から11月にかけては仙石原のススキ草原もとても美しい!

  



【中部】



第1位 香嵐渓(愛知県)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

中部の紅葉の名所第一位は、4000本カエデが赤く染まる、愛知県の香嵐渓。巴川の渓谷と飯盛山からなる景勝地。とくに飯盛山の香積寺までの参道は「もみじトンネル」と呼ばれライトアップされるので、一度は見てみたい。ライトアップは11月の日没から9時まで。

  


第2位 上高地(長野県)
【見どころベスト:10月中旬~下旬】

中部の紅葉の名所第二位は穂高連峰に広がる標高1500メートルの場所にある上高地。梓川沿いに白樺、カラマツが紅葉する。人気スポットは大正池や河童橋周辺だ。

  


第3位 立山黒部アルペンルート
【見どころベスト:9月下旬~10月下旬】

中部の紅葉の名所第三位は立山黒部アルペンルート立山黒部アルペンルートは長野県と富山県にまたがる。室堂平の一帯は3000メートル級の山々が眺望できる人気スポットだ。そして、何といっても紅葉を敷き詰めた絨毯のような弥陀ケ原は、素晴らしい紅葉が見られる絶景スポット!

  



【近畿】



第1位 東山(京都府)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

近畿の紅葉の名所第一位は、やはり京都にあった!この東山地区は美しい紅葉が見られる寺社が多い。その中でも特に美しいといわれるのが東福寺だ。境内には2000本のカエデが色づいた様は圧巻だ。通天橋からの眺めは最高!その他京都には知恩院、法然院、金戒光明寺なども有名だ。

  


第2位 湖東三山(滋賀県)
【見どころベスト:11月中旬~下旬】

近畿の紅葉の名所第二位は琵琶湖東岸一帯にある西明寺、金剛輪寺、百済寺の総称湖東三山。金剛輪寺は「血染めのもみじ」、そして西明寺は「不断桜」が見だ!

  


第3位 談山神社(奈良県)
【見どころベスト:11月中旬~12月上旬】

近畿の紅葉の名所第三位は談山神社。木造で世界唯一の十三重の塔や社殿の回りを約3000本のカエデ類が燃えるように一斉に色づく様は必見!11月19日~27日までライトアップもされる。

 



【中国・四国】



第1位 大山(鳥取県)
【見どころベスト:10月下旬~11月上旬】

中国・四国の紅葉の名所第一位は西日本の最大級のブナの原生林がある鳥取県の大山。ミズナラなども楽しめる中国地方最高峰の紅葉の名所だ。鍵掛岬、大山寺、大山スキー場から眺める紅葉が最高に美しい!

  


第2位 寒霞渓(香川県)
【見どころベスト:11月上旬~下旬】

中国・四国の紅葉の名所第二位は四国の香川県、小豆島にある寒霞渓。ごつごつとした岩肌に映えるカエデ類をロープウェイで空中散歩しながら眺めるのが最高だ。

  


第3位 宮島(広島県)
【見どころベスト:11月上旬~下旬】

中国・四国の紅葉の名所第三位は広島県の宮島。約500本のカエデ類が色づく紅葉谷公園で園内を散策をするだけでも楽しい。黄色く色づくイチョウが楽しめる巌島神社周辺も素晴らしい。

  



【九州】



第1位 雲仙(長崎県)
【見どころベスト:10月下旬~11月中旬】

九州の紅葉の名所第一位は雲仙。普賢岳、国見岳、妙見岳などで黄色に色づいた木々と常緑樹のコントラストが美しい!そして必ず見たいのが国の天然記念物「普賢岳紅葉樹林」。ロープウェイの頂上駅から徒歩一時間ほど・・・。

  


第2位 耶馬渓(大分県)
【見どころベスト:11月上旬~下旬】

九州の紅葉の名所第二位は大分県の耶馬渓。ここは4つの代表的なエリアに分かれるが、特に紅葉が美しいのが深耶馬渓だ。渓谷の岩の峰に紅葉が綺麗に色づく。

  


第3位 高千穂峡(宮崎県)
【見どころベスト:11月中旬~12月上旬】

九州の紅葉の名所第三位は宮崎県の高千穂峡。7キロにわたって続く断崖絶壁と紅葉の対比が見事!そして、一番のおすすめはボートに乗って水上から眺める紅葉。

  





その他、人気の紅葉の名所を探すならこちらから!




[ 2011/09/23 00:37 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

家族で一日楽しめる 道の駅 ランキング





[2011年8月20日号 日経プラス1 何でもランキング]

家族で一日楽しめる 道の駅 ランキング

東日本、西日本に分けて専門家におすすめの道の駅を選んでもらった。選者は以下の通り(五十音順)。

池田隆(道の駅案内人)、岩山須美子(月刊ドライブ情報志「MOCO」編集長)、工藤信広(昭文社「首都圏発 おいしい道の駅ドライブ」編集担当)、高島敬(東京地図出版 地図編集部)、手塚一弘(「関東・甲信越 道の駅パーフェクトガイド」著者)、中村善輝(九州道の駅ユーザーズクラブ事務局長)、馬場信行(道の駅ライター)、賦勺尚樹(伊藤忠商事 未知倶楽部)、松井孝光(近畿「道の駅」ユーザーズくらぶ)、守屋之克(ゼンリン「道の駅旅案内全国地図」編集長)、よしだやすお(道の駅ブロガー)



【東日本】

第1位 川場田園プラザ(群馬県川場村)

第一位に選ばれたのは群馬県川場村にある道の駅、川場田園プラザだ。遊具で遊べる広場や陶芸ができる施設などが、緑豊かな5ヘクタールの広い敷地にある。野菜や肉、乳製品などの地元の特産品も多く並ぶ。そして、子供がよろこぶ本物のSLに乗車できる「SLゾーン」も徒歩で行ける。宿泊も可能。他にも地ビールレストランや地元の特産品を生かしたバーベキューも楽しめる。

 



第2位 こぶちさわ(山梨県北杜市)

第二位は山梨県にある道の駅、こぶちさわ。ソバ打ち、ガラス・磁器の絵付け、藍染、パン作りなど10種類以上の体験メニューが用意されている。また、八ヶ岳南麓で取れた野菜・キノコなども販売されており、豊富な品ぞろえだ。ランチはオープンテラスのレストランで。ランチ後は周辺の散策や温泉につかってもいい。





第3位 南房パラダイス(千葉県館山市)

第三位は館山の道の駅、南房パラダイス。熱帯の草花や鳥を鑑賞できる国内最大級の屋内型植物園だ。館内にある売店では南国スイーツや海鮮料理が充実している。8月28日までは子供が喜ぶプールも営業している。また、希少な動植物が展示されている。

  



第4位 オアシスおぶせ(長野県小布施町)

第四位は長野県にある道の駅、オアシスおぶせ。一般道、そしてパーキングエリアに車を置いて歩いて入れる。ドッグランや噴水、ジャングルジムなどがある広場が人気だ。また長野県の特産、蕎麦や野沢菜漬けなどの地元特産品も販売されている。

  



第5位 伊東マリンタウン(静岡県伊東市)

第五位は海を一望できる天然温泉のある道の駅、伊東マリンタウン。そして、屋外に40メートルを超える足湯もある。遊覧船も運航しているので伊豆の海を満喫するには最高だ。

  




第6位 アグリパークゆめすぎと(埼玉県杉戸町)

第六位は埼玉にある道の駅、アグリパークゆめすぎと。広大な敷地内に旬の野菜の収穫体験、バーベキュー広場、トランポリンなどで遊べる施設が充実している。



同 第6位 しょうわ(秋田県潟上市)

同6位は秋田県にある道の駅、しょうわ。物販コーナーでは秋田の草花や野菜が充実しており、熱帯植物が鑑賞できる温室がある。また季節の花が咲く広場も好評。





第8位 びふか(北海道美深町)

第九位に選ばれたのは北海道の道の駅、びふか。森林公園が広がる敷地に中世ヨーロッパの城風の建物がたつ。温泉、キャンプ場、コテージなどアウトドアが楽しめる。





第9位 浅虫温泉(青森県)

第九位に選ばれたのは青森県の道の駅、浅虫温泉。青森県の温泉街の一角にある道の駅だ。5階建ての建物に海の見える温泉施設やレストラン、物販コーナーがある。

  



第10位 あらい(新潟県妙高市)

第10位は新潟の道の駅、あらい。一般道、パーキングエリアから入れる道の駅。面白いことに回転ずしやラーメン、ピザなどの色々な飲食店がある。ホテルも隣接している。

  





【西日本】

第1位 小豆島ふるさと村(香川県小豆島町)

西日本の道の駅第一位は小豆島にある小豆島ふるさと村。カヤック教室やエコツアーなど幅広いアウトドアが楽しめる。場所は小豆島の自然豊かな南部。8月31日までプールも営業されており、他にも特産品のうどん打ちや陶芸教室なども楽しめる。宿泊施設もあり、小豆島ふるさと村の中にある国民宿舎、ファミリーロッジ、キャンプ場などもある。またマリンスポーツや地引網体験、テニスなどもできる総合レジャー施設になっている。

 



第2位 しんあさひ風車村(滋賀県高島市)

第二位は琵琶湖沿岸に位置する道の駅、しんあさひ風車村。目印はオランダ風の田舎風景をイメージした風車。スワンボートに乗れる公園やしょうぶ園の他、農家レストランが人気だ。キャンプ場も併設されており琵琶湖の風景を満喫できる。

  



第3位 原尻の滝(大分県豊後大野市)

第三位は九州の大分県の道の駅、原尻の滝。原尻の滝は日本の滝百選に選ばれている滝だ。その滝に隣接した施設。滝はつり橋を使って一周出来るので、様々な角度から日本音滝百選を堪能できる。地元の特産品のm充実しており、他にチューリップ畑や水車などがある。散策するには最高の道の駅だ。





第4位 たるみず(鹿児島県垂水市)

第四位も九州は鹿児島県の道の駅、たるみず。ここは源泉かけ流しの温泉が楽しめる。桜島や霧島連山を眺める最高の温泉だ。足湯なども完備されており、とれたての魚介も楽しめるレストランがある。





第5位 おおとう桜街道(福岡県桜任町)

温泉露天風呂やサウナがある道の駅、おおとう桜街道が第五位。2010年秋に開業した新しい道の駅だ。子供にはゴーカートや遊具がそろった広場もある。





第6位 鹿島(佐賀県鹿島市)

有明海に面した佐賀県の道の駅、鹿島が第六位。ここの特徴は干潟をすべる「ガタスキー」だ。長い坂を使った干潟をすべる遊びが人気だ。また干潟特有の伝統的な漁法が楽しめる。干潟の潮の満ち引きが見られる展望台もある。

  



第7位 デンパーク安城(愛知県安城市)

第七に選ばれたのはガーデニングをテーマにした道の駅、愛知県のデンパーク安城。ここは「安城産業文化公園デンパーク」に併設された道の駅。ガーデニングをテーマにしたテーマパークだ。ヨーロッパの雰囲気が楽しめ、四季折々の花々が楽しめる。





第8位 一本松展望園(岡山県瀬戸内市)

第八位は高台にある道の駅、一本松展望園だ。瀬戸内海の島々が一望できる。人気はやっぱり「ミニ鉄道公園」だ。他にもレストランや直売所も。

  



第9位 マイントピア別子(愛媛県新居浜市)

第九位は愛媛県にある道の駅、マイントピア別子。テーマパーク別子銅山跡を生かした施設だ。坑道見学や砂金採り、グランドゴルフ、天然温泉も楽しめる。





第10位 日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)

第十位は昭和30年の雰囲気が味わえる道の駅、日本昭和村。渓谷や棚田などの自然がある。和紙クラフト、竹トンボ作りなど体験メニューが豊富なのも子連れには嬉しい。

  





その他、人気の全国道の駅を探すならこちらから!






[ 2011/08/24 01:27 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

森林を楽しめるローカル線 ランキング

[2011年6月25日号 日経プラス1 何でもランキング]

森林を楽しめるローカル線 ランキング

11人の鉄道に詳しい専門家に、森林の涼気を感じるローカル線をランキングしてもらった。対象路線はJR、私鉄、公営、第三セクターが運行する鉄道路線。選者は以下の通り(五十音順)。

石川敏晴(「JTB時刻表」編集長)、猪井貴志(マシン・レイルウェル・ピクチャーズ代表)、今尾恵介(地図研究家)、木村嘉男(鉄道図書編集者)、桜井寛(鉄道フォトジャーナリスト)、高橋淳(近畿日本ツーリスト国内旅行部業務課長)、中井精也(鉄道写真家)、野田隆(オールアバウト「鉄道」ガイド)、平岩美香(旅の手帖編集部)、南正時(鉄道写真家)、宮原正和(「鉄道ジャーナル」編集長)


≪東日本≫

第1位 釧網本線(北海道)

日本最大と言われている釧路湿原の樹間を走り抜ける列車!トロッコ号「くしろ湿原ノロッコ号」が人気。このトロッコ号は温かい季節に限定して運行する。湿原の他にもポイントが目白押しで、標茶~摩周あたりの牧場や森林地帯などの緑が最高!摩周湖や川湯温泉などの観光地も多く、斜里岳などの名山遠望も魅力の一つに挙げられる。タンチョウ、エゾジカなどの野生動物に巡り合えれば尚素晴らしい。

   


第2位 わたらせ渓谷鉄道(群馬・栃木県)

絶景!渡良瀬渓谷沿いを走るローカル線がこの「わたらせ渓谷鉄道」だ!週末中心で運行されるのが「トロッコわたらせ渓谷号」。紅葉の季節と夏休みの期間は運行本数が増えるので是非訪れてみたい。また日帰り温泉もできる施設「水沼駅温泉センター」も好評。

 


第3位 大井川鉄道井川線(静岡県)

「アプト式」とは、いわゆる急こう配を歯車を使って登る鉄道の事。そして、この大井川鉄道の井川線は南アルプスを駆け抜ける唯一のアプト式の森林鉄道だ。奥大井湖上駅から見下ろす長島ダム湖は最高の眺めだ。




第4位 只見線(福島・新潟県)

1日3往復、会津若松~小出駅を直通でつなぐローカル線がこの只見線だ。このローカル線の素晴らしいところは六十里越トンネル付近の深い山あいを走るところ。また会津柳津駅にほど近い「円蔵寺」は1200年の歴史を誇り、近くに「弘法大清水」というわき水が出ている。そして、7月上旬には窓の開く車窓からは蛍が見えることもある。

     


第5位 赤沢森林鉄道(長野県)

この赤沢森林鉄道は、昔の木曽地方の林業を支えていた鉄道の面影をそのまま残した保存鉄道だ。木曽の檜森林をゆっくりと走るトロッコ列車は癒し系鉄道の代名詞!貴賓車や理髪社、ボールドウィン蒸気機関車なども保存されれいる。ちなみに乗車券は木製で出来ている。













≪西日本≫

第1位 木次線(島根・広島県)

木次線は出雲路~中国山地に入りこんでいくローカル線だ。急こう配を昇り降りする3段式のスイッチバックが出雲坂根駅付近にある。そして有名な松本清張の「砂の器」の舞台となった「亀嵩駅」があるローカル線だ。この駅は切符売り場の駅舎が蕎麦屋になっており、手打ちの出雲そばが堪能できる。トロッコ列車は週末を中心に「奥出雲おろち号」が運行している。

  


第2位 南海高野線(大阪府・和歌山県)

南海高野線は大阪の難波から直通する列車で、橋本駅付近から山深い風景が広がり、橋本~極楽橋の観光列車「天空」の展望デッキが最高のひと時を演出してくれる。また極楽橋でケーブルカーに乗り換えて高野山へ行くこともできる。

   


第3位 黒部渓谷鉄道(富山県)

黒部渓谷鉄道は、V字の深さが日本一の渓谷を走るトロッコ列車。新緑が美しいが、与謝野晶子が詠んだ紅葉が有名すぎる・・・。始発駅は有数の温泉地である「宇奈月」。立山黒部アルペンルートを合わせると周遊を楽しめる。特別客車やパノラマ客車、リラックス客車などがあるが、なんと言ってもおおすすめは開放感のある普通客車だ。リーズナブルだしね。

   


第4位 土讃線(香川・徳島・高知県)

土讃線は香川県・徳島県・高知県の3県をまたぐ。深い緑が広がる「癒し系」のローカル線だ。特に素晴らしいのは大歩危・小歩危の渓谷とダイナミックな森林。観光遊覧船からは川面から迫力のある景色を見ることができる。途中駅の坪尻と新改は山深い、まさに「秘境駅」といった趣。

   


第5位 久大本線(福岡・大分県)

久大本線は九州を横断するローカル線。久留米~大分を結ぶ。この列車は平地から高原、渓谷まで様々な景色を見ることができるのが最大の魅力。特急「ゆふいんの森」号は、ハイデッカーで展望のいい車窓、ビュッフェも充実した天然木で作られた特別列車。そして一番の見どころである「慈恩の滝」付近では徐行運転をしてくれるのも嬉しい限り。日田や由布院など観光地が多いのも久大本線の魅力だ。

   





その他、人気のローカル線沿線の宿を探すならこちらから!











[ 2011/06/28 09:32 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

おすすめのサイクリングコース ランキング

[2010年8月28日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめのサイクリングコース ランキング

健康志向や環境問題などでサイクリング需要が増えている。今回は自転車が安心して走れる事を目的として、全国で整備されている道路「大規模自転車道」の中から、専門家らに聞いてランキングした。



第1位 瀬戸内海横断自転車道(広島県尾道市~愛媛県今治市-80.4キロ)





第2位 メイプル耶馬サイクリングロード(大分県中津市-36.1キロ)





第3位 びわ湖よし笛ロード(滋賀県近江八幡市~東近江市-26.2キロ)





第4位 荒川自転車道(埼玉県さいたま市~滑川町-45.9キロ)





第5位 筑波自転車道(茨城県桜川市~土浦市-40.1キロ)





第6位 支笏湖公園自転車道(北海道千歳市-26.5キロ)





第7位 一般府道京都八幡木津自転車道線(京都府京都市~木津川市-45キロ)





第8位 釧路阿寒自転車道(北海道釧路市-25.4キロ)





第9位 蒜山高原自転車道(岡山県真庭市-28.9キロ)





第10位 オホーツク自転車道(北海道網走市~北見市-37.3キロ)







その他サイクリングコース探すならこちらから!








[ 2010/08/31 09:55 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

散策したい新緑の渓谷 ランキング

[2010年5月22日号 日経プラス1 何でもランキング]

散策したい新緑の渓谷 ランキング

【調査方法】
川の流れとともに新緑を楽しめる、遊歩道が整備された渓谷が対象。新緑が美しく家族連れでも行きやすいかどうかが評価の対象となる。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)

稲葉教之(日本旅行グループ事業部)、小松毅史(風景写真家)、竹田賢一(雑誌「新ハイキング」編集長)、寺沢秀治(風景写真家)、富田文雄(風景写真家)、富本一幸(トラベルニュース編集長)、深見賢一(日本ウォーキング協会センター長)、村上真一(実業之日本社国内版ブルーガイド出版部)、山梨勝弘(風景写真家)、山本豊(近畿日本ツーリスト国内旅行部)





第1位 奥入瀬渓谷(青森県十和田市)

渓谷沿いの約14キロにわたり、ブナやトチノキなどの広葉樹林の新緑が埋め尽くす、奥入瀬(おいらせ)渓谷が第1に選ばれた。変化に富んだ川の流れが楽しめ、いたるところに苔が生えており見どころが多い。また遊歩道には約14か所の大小の滝があるのも特徴だ。また渓谷沿いに咲き誇るヤマツツジの赤い花も美しい。光を帯びた苔の美しさに驚くばかり・・・。見ごろは5月中旬~6月上旬。





第2位 菊池渓谷(熊本県菊池市)

ケヤキやカエデなどの広葉樹林、そしてモミやツガなどの針葉樹林など約20種類の木がうっそうと茂っている菊池渓谷が第2位。ゆるやかな渓谷で、夏でも平均気温が13度と涼しいので避暑地としては最高。また野鳥や動物も多く生息している。野鳥は54種類が確認されている。林野庁が制定した“森林浴の森百選”にも選出されている。見ごろは5月中旬~6月上旬。





第3位 黒部渓谷(富山県黒部市)

入り組んだ渓谷が自然の雄大さを感じさせる黒部渓谷が第3位。深くえぐられたⅤ字渓谷沿いと新緑の組み合わせは圧巻だ。谷間の激流と斜面を覆う新緑を20.1キロに及ぶトロッコに乗って楽しむの一つ。周辺に温泉施設なども多くあり家族で訪れるには最適だ。スケールの大きさに目を見張るばかり・・・。見ごろは5月下旬~6月下旬。





第4位 上高地・梓川(長野県松本市)

広葉樹林と針葉樹林が混ざった様々な新緑が見られる。標高1500メートルで残雪の山々や澄んだ川、つり橋など見どころも多い。見ごろは6月上旬~下旬。





第5位 面河渓(愛媛県久万高原町)

標高1500メートル以上の山地に囲まれた面河(おもご)渓谷。西日本最高峰の石鎚山を源にする渓谷だ。滝や激しい瀬が連続し、奇岩や絶壁に新緑が彩る。見ごろは5月上旬~下旬。





第6位 滑床渓谷(愛媛県宇和島市・松野町)

滑床渓谷は四万十川の支流だ。その名の通り渓谷全体が水で滑らかに磨かれている。そのつるつるした岩盤を新緑が色を添え美しい景色が望める。他にも落差のある豪快な滝などもある。見ごろは5月上旬~6月上旬。





第7位 三段峡(広島県安芸太田町)

深い色の川沿いに新緑が映える。川は切り取った岸壁をぬうように流れている。落差30メートルの三段滝など無数の景勝地が連なり、小舟から楽しむこともできる。見ごろは5月中旬~6月中旬。





第8位 龍王峡(栃木県日光市)

この渓谷名の由来は、竜が這うように川が広がる様子からきている。荒涼とした岩肌と優しい色合いの新緑の組み合わせが美しい。散策コースの途中に橋から絶景を一望できるスポットがある。見ごろは5月上旬~下旬。





第9位 御岳渓谷(東京都青梅市)

東京都心から約1時間30分程度で行くことができる渓谷。川遊びや釣り、カヌーなどアウトドアー派ファミリーにはうってつけの渓谷。近くに酒蔵もあり見学することもできる。見ごろは5月上旬~下旬。





第10位 赤目四十八滝渓谷(三重県名張市)

約4キロにわたり階段状の滝が続き、その滝を覆う新緑が美しい・・・。滝の種類も豊富。紅葉シーズンよりも静かなので訪れるのは新緑の時期がおすすめ。見ごろは5月中旬~6月上旬。





他にも家族旅行を探すならこちらから!

[ 2010/07/08 20:24 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

大型連休に行きたい花の名所 ランキング

[2010年4月20日号 日経プラス1 何でもランキング]

大型連休に行きたい花の名所 ランキング

【調査方法】
あらかじめ52か所の名所を選定。その中から専門家におすすめをあげてもらう。他にもその場所の周辺観光施設の充実度なども加点してもらった(桜の名所は除く)。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)

稲葉敦之(日本旅行グループ事業部マネージャー)、小田展正(リクルート「関西じゃらん」編集長)、河上喜介(阪急阪神交通社ホールディングス広報部課長)、庄司利男(ホームページ「花の名所案内」代表)、高橋建(小学館出版局「全国四季花めぐり」編集長)、宮本一幸(トラベルニュース編集長)、並木陽子(クラブツーリズムバス旅行部販売課長)、宮嶋康彦(写真家)、村田博之(オールアバウト「名所・旧跡」ガイド)、山本豊(近畿日本ツーリスト国内旅行部)、和田博幸(公益財団法人日本花の会主任研究員)

   



<東日本>

第1位 あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)

あしかがフラワーパークの目玉は、なんといっても4本のフジ棚だ。約1000平方メートルに枝を広げる。他にも80メートルの白フジトンネルや80メートルのきばなフジトンネルなどがある。5月16日まではライトアップされる。4月下旬~5月中旬にかけては違う色のフジを楽しめる。とにかくダイナミックで、紫、城、黄色などのフジが楽しめる。見ごろは4月下旬~5月中旬。



第2位 羊山公園芝桜の丘(埼玉県秩父市)

羊山公園の総面積は7600平方メートル。武甲山という秩父のシンボル山を背景に40万株の芝桜が咲く。周辺には日帰りできる温泉もあるので都内近郊の人には日帰り旅行でも十分楽しめる。見ごろは4月下旬~5月上旬。



第3位 飯山市菜の花公園(長野県飯山市)

飯山市菜の花公園は5月3日~5日にライトアップされるのでゴールデンウィークに訪れるには最適だ。約35万平方メートル菜の花が咲くさまは圧巻。千曲川対岸にも綺麗に咲いている。唱歌「おぼろ月夜」の舞台とも言われている豊かな田園風景が広がる。見ごろは4月下旬~5月上旬。



第4位 滝上公園(北海道滝上町)

芝桜で埋め尽くす約10万平方メートル斜面がある滝上公園。50年前にミカン箱1つの苗から始まったと伝えられている。5月22日~30日の間はヘリコプターで観覧もできる。見ごろは5月中旬~5月下旬。



第5位 群馬県立つつじが岡公園(群馬県館林市)

群馬県立つつじが岡公園は江戸時代から続くツツジ園だ。見どころは樹齢800年の古木や高さ5メートルの巨木など。他にも1万株が咲き誇る。見ごろは4月下旬~5月上旬。



<西日本>

第1位 砺波チューリップ公園(富山県砺波市)

国内最多の500品種100万本のチューリップをそろえる富山の砺波公園。2010年は「2010となみチューリップフェア」を開催している。100年前に誕生した貴重な品種が見られる「チューリップ四季彩館」が隣接しており、貴重な品種のチューリップが見学できる。他にも5つの水車があったりと撮影スポットも満載だ。チューリップフェアは5月5日まで。



第2位 春日大社神苑萬葉植物園(奈良市)

20品種、約200本のフジが咲き誇る「藤の間」が自慢の春日大社神苑萬葉植物園。花の高さはちょうど目の高さにあるので観賞しやすい。三位の総本山長谷寺とセットでめぐってほしい名所。見ごろは4月下旬~5月上旬。



第3位 総本山長谷寺(奈良県桜井市)

総本山長谷寺は「花のみてら」と呼ばれる。階段の両側に150種類、7000株ものボタンが咲き誇る。他にもフジやハナミズキも咲いている。古寺の雰囲気とよくマッチしていて見所満載だ。見ごろは4月下旬~5月上旬。



第4位 仁田峠のミヤマキリシマ(長崎県雲仙市)

ミヤマキリシマはツツジの一種でこの雲仙に広く自生している。そして仁田峠には約10万本のミヤマキリシマが群生しているという。自然の厳しさと優しさ。。。荒々しい普賢岳と紫色のミヤマキリシマの見事な融合。見ごろは5月中旬~5月下旬。



第5位 国営明石海峡公園(兵庫県淡路市)

ネモフィラ、リビングストンデージーなどの花畑がある国営明石海峡公園。多彩な色合いで人の目を癒してくれる。海の眺めもよく、関空の土取り場跡とは思えないほどの美しさ。ネモフィラ、リビングストーンデージーの見ごろは4月中旬~5月上旬。



他にもゴールデンウィークに行きたいスポットを探すならこちらから!

初夏に乗りたい行楽列車 ランキング

[2010年4月10日号 日経プラス1 何でもランキング]

初夏に乗りたい行楽列車 ランキング

【調査方法】
新幹線を含まない、観光地を通る運賃以外の料金設定のある列車が対象で、春~初夏にかけておすすめの行楽列車を専門家に選んでもらった。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

猪井貴志(マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ)、今津直久(「鉄道ピクトリアル」編集長)、大庭幸雄(鉄道友の会事務局)、小川裕夫(フリーランスライター)、田中比呂之(「日本鉄道旅行歴史地図帳」編集長)、種村直樹(レイルウェイ・ライター)、中井精也(鉄道写真家)、野田隆(オールアバウト「鉄道」ガイド)、平岩美香(「旅の手帳」編集部)、南正時(鉄道写真家)、山田智子(JTB鉄旅プロジェクト・鉄旅ガールズ)、横見浩彦(トラベルライター)

   



第1位 SL人吉(JR九州、熊本~人吉)

肥薩線全線開業100周年の2009年に引退した、大正時代に作られた蒸気機関車SL人吉が復活!客車やビュッフェ、展望ラウンジなどを備えるSLだ。清流、球磨川に沿って走る車窓からの眺めが最高。そして水戸岡鋭治氏デザインの客車が見事。全席指定。1日1往復走っている。





第2位 SL急行 かわね路号(大井川鉄道、金谷~千頭)

いわゆる「保存鉄道」の日本でのパイオニアがSLこのかわね路号だ。「保存鉄道」とは蒸気機関車を運転できる状態で保存しておくこと。大井川沿いを走る車窓からはもえぎ色の茶畑や山並みが広がる。そして、終着駅の千頭駅で乗り換える井川線は、急こう配を登るための歯型レールを使うアプト式鉄道に乗れる。昔の汽車の風情がそのまま伝わってくる。鉄道文化財指定。全席指定。1日1~3往復。





第3位 快速 リゾートしらかみ(JR東日本、秋田~青森)

快速 リゾートしらかみは、窓が大きく絶景ポイントである日本海、白神山地では速度を落として運転してくれる。また先頭車両の展望ラウンジでは津軽三味線や津軽弁の語り部による昔話を披露してくれる。そして家族連れに嬉しいのは座席がフラットになっている4人席のボックス席があること。靴を脱いでくつろげる。全席指定。1日2~3往復。





第4位 特急海幸山幸(JR九州、宮崎~南郷)

この特急海幸山幸は内外装に地元産の飫肥杉を使い、トロッコ列車の高千穂鉄道を再生した列車だ。かわいらしい木目調の列車で、渓谷、ビーチ、漁港、連なる奇岩など多彩な景観飛び込んでくる。1日1往復。





第5位 SL富良野・美瑛ノロッコ号(北海道、旭川~富良野)

SL富良野・美瑛ノロッコ号は6月の2日間だけ特別に走る。広大な丘陵地帯をSLけん引のトロッコ列車が走る。北海道を満喫でき、SLの懐かしいにおいやラベンダーの色彩と初夏の北海道が楽しめる。1日1往復。6月5、6日。6月7~30日はSLではなくディーゼル機関車がけん引。





第6位 特急ゆふいんの森(JR九州、博多~由布院など)

特急ゆふいんの森は眺望に優れたハイデッカー車だ。床面が高く、天然木をふんだんにつかった車内が素敵!乗務員が記念撮影用パネルを持って巡回してくれる。リゾート特急としては最高の車輌だ。居場所を変えてゆっくりと景色を楽しみたい。全席指定。1日1~3往復。





第7位 寝台特急トワイライトエクスプレス(JR西日本、大阪~札幌)

寝台特急トワイライトエクスプレスは超豪華寝台特急だ。大阪から出発すれば日本海の夕日を眺められる。そして、レストランでは本格フレンチ料理を提供、サロン車の椅子はすべて日本海側に設定されている。全体的にシックな内装で統一され、大人の列車といった感じだ。大阪発は月、水、金、土に運転。4月23日~5月5日)、6月16日~30日は毎日。





第8位 特急ロマンスカー(小田急電鉄、新宿~箱根湯本など)

特急ロマンスカーには先頭の展望車輌がある。新宿の高層ビル、住宅地、そして山並みへと車窓の風景を変えてゆく。VSE車輌は座席が5度窓側に傾く。また座席までビールやコーヒーを運んでくれるサービスもある。全席指定。30分間隔で走る。





第9 いさぶろう・しんぺい(JR九州、人吉~吉松)

いさぶろう・しんぺい号は、標高430メートルを走るスイッチバックとループ線を走る行楽列車だ。カルデラと霧島連山を望む絶景を楽しめる。熊本、宮崎、鹿児島の三県をまたぐ険しい峠越えは先人の苦労のたまものだ。1日2往復。





第10 くしろ湿原ノロッコ号(JR北海道、釧路~塘路)

くしろ湿原ノロッコ号は、日本最大の湿原をゆっくりと走る行楽列車だ。途中でカヌーを漕いでいる人に手を振るのも楽しみの一つだ。日本とは思えない光景が人気で、運が良ければタンチョウやキタキツネにも会えるかも!?1日1~2往復。





他にも行楽列車の旅を探すならこちらから!

[ 2010/04/18 23:54 ] トラベル・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

水面に映える桜の名所 ランキング

[2010年3月6日号 日経プラス1 何でもランキング]

水面に映える桜の名所 ランキング

【調査方法】
写真家や旅行会社の企画担当者の中で桜事情にくわしい担当者らに聞いた。全国でも水際に咲く桜の名所の中から、お勧めの場所を自由に順位付けしてもらった。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

芦沢恵(JTB広報室)、稲葉敦之(日本旅行グループ事業部マネージャー)、大平伸予(阪急交通社広報部)、金富信行(日本花の会常務理事)、切畑利章(写真家)、清水洋志(写真家)、庄司利男(写真家)、高岡佳代(三栄書房「大人の桜旅」編集長)、高橋淳(近畿日本ツーリスト国内旅行部)、中西一登(旅行ライター)、野呂希一(写真家)、ピート小林(写真家)、宮嶋康彦(写真家)、村田博之(情報サイト「オールアバウト」名所・旧跡ガイド)

  



▼東日本

第1位 弘前公園(青森県弘前市)

水面まで伸びる桜や弘前城の堀を埋める花びらなど見どころが多い日本の桜の名所中の名所だ。ここ弘前公園には約50種類、2,600本の桜が立ち並ぶ。例年の見ごろは4下~5上





第2位 千鳥ヶ淵緑道(東京都千代田区)

千鳥ヶ淵ではなんといっても手漕ぎボートから間近に見られる桜の姿が迫力満点だ。皇居のお堀に垂れさがるように見える260本もの桜が咲き乱れる。例年の見ごろは3下~4上





第3位 角館桧内川堤(秋田県仙北市)

約400本の桜の木が川沿いに約2キロにわたって立ち並ぶ。例年の見ごろは4下~5上





第4位 高田公園(新潟県上越市)
例年の見ごろは4上~4中

第5位 五稜郭公園(北海道函館市)
例年の見ごろは4下~5上





▼西日本

第1位 錦帯橋(山口県岩国市)

ソメイヨシノやヤエザクラなどの約3,000本の桜が錦川の両岸に広がる様は圧巻!まさに水面に映える桜の名所と言えるだろう。そして、その桜並木を5連の木造橋がさらに引き立てる。例年の見ごろは3下~4上





第2位 哲学の道(京都市)

疎水沿いに広がる600本もの桜並木。水面に浮かぶ桜の花びらが美しい。そして、桜のトンネルも名所の一つだ。例年の見ごろは4上~4中





第3位 毛馬桜之宮公園(大阪市)

大川沿いの両岸4.2キロにわたって約4800本の桜が咲く大阪の桜の名所だ。例年の見ごろは3下~4上





第4位 海津大崎(滋賀県高島市)
例年の見ごろは4上~4中

第5位 苗代桜(岐阜県下呂市)
例年の見ごろは4上~4中





冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング

[2009年11月21日号 日経プラス1 何でもランキング]

冬こそ食べに行きたい漁師町 ランキング

【調査方法】
水産庁の資料から「第3種漁港」の114か所を対象に専門家らが選出。※「第3種漁港」とは県外の漁船も利用するなど一定規模以上の漁港を指す。その内魚が買える市場があるか無いか、冬が旬になる水産物があるかを考慮して選んだ。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

井門隆夫(ツーリズム・マーケティング研究所主任研究員)、稲葉教之(日本旅行グループ事業部)、岩佐十良(「自遊人」編集長)、高橋淳(近畿日本ツーリスト旅行事業創発本部)、富本一幸(トラベルニュース編集長)、西潟正人(「漁師町ぶらり」著者)、野口冬人(旅行作家の会代表)、ぼうずコンニャク(サイト「市場魚介類図鑑」運営者のネット上の名前)、村上真一(実業之日本社国内版ブルーガイド出版部)、安田亘宏(JIC旅の販促研究所所長)

 



第1位 氷見(富山県氷見市)

氷見と言えば定置網でとる寒ブリが有名!晴れていれば富山湾越しに雄大な立山連峰望むことができる。水産物の直売所が漁港の近くにあり、新鮮な魚介類の購入が出来る。



第2位 境港(鳥取県境港市)

松葉ガニ(ズワイガニ)、そして、境港と言えば、やっぱり国内屈指の水揚げ量を誇る紅ズワイガニでしょ~!また「水木しげる」の出身地でもあり、100体を超える妖怪の像が並ぶのも圧巻。



第3位 安乗(三重県志摩市)

安乗天然トラフグの穴場的スポットだ!周辺の宿の泊まれば白子やフグ刺しなどのフグのフルコースが堪能できる。他にも伊勢エビ的矢カキなどの全国的にも有名な水産物が多い。







第4位 勝浦(千葉県勝浦市)

キンメダイや新鮮なアジを使った郷土料理が楽しめるのが勝浦だ。そのアジを使った郷土料理の代表が「なめろう」。朝市には農産物も並ぶ。



第5位 浜坂(兵庫県新温泉町)

浜坂では、ソムリエならぬ「カニソムリエ」(地元検定委員認定)が松葉ガニの美味しい食べ方を教えてくれる。周辺に有名温泉地も多いのもおすすめポイントの一つ。


第6位 呼子(佐賀県唐津市)

呼子は年間を通じてイカ漁が大変盛んな漁港だ。海沿いに並ぶイカを干している風景が食欲をそそる。朝市も大規模で言ってみる価値はある。



第7位 塩釜(宮城県塩釜市)

人口当たりのすし屋の数は全国屈指の塩釜。有名すぎるほど有名なのが、漁の基地となっているマグロ。観光スポットも充実しており、日本三景の一つ松島にも近い。







第8位 平潟(茨城県北茨城市)

茨城と言えばやっぱりアンコウでしょ。ここ平潟もそのアンコウの水揚げでにぎわう。ほとんどが食べられるといわれているアンコウの「どぶ汁」や鍋物が味わえる。



第9位 厚岸(北海道厚岸町)

水産物のランキングで外すことのできないのが北海道。特に厚岸は年間40種類もの魚介類が揚がる。冬はアサリの最盛期で、「挟み漁」と呼ばれる独特の漁の風景が見られる。



第10位 那珂湊(茨城県ひたちなか市)

那珂湊といえば関東を代表する観光市場「おさかな市場」が有名だ。回転ずしなどもあり、ネタが新鮮なので子供連れにも人気のスポットだ。






歩いて楽しい焼き物の町 ランキング

[2009年9月12日号 日経プラス1 何でもランキング]

歩いて楽しい焼き物の町 ランキング

【調査方法】

「楽しめる」事を基準に焼き物で有名な町を専門家に選んでもらった。「楽しめる」というのは、散策・買い物・体験などが基準になる。国内を3ブロックに分けてランキングした。「九州・中国・四国」「近畿・中部」「関東・東北・北海道」の3つ。選者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

市川貴一(うつわと暮らしのもの「mokodi」店主)、内木孝一(うつわのみせ「大文字」店主)、江口滉(「やきものの世界」著者)、沖田真知子(フリーライター)、奥村正(「べにや民芸店」店主)、黒田草臣(「しぶや黒田陶苑」社長)、坂井基樹(雑誌編集者)、西田成夫(陶芸書編集者)、向笠千恵子(エッセイスト)、森孝一(日本陶磁協会主任研究員)

   



九州・中国・四国

第1位 有田焼(佐賀県有田町)

すべての設備が充実しており、焼き物に浸れる有田焼が第一位。買い物・散策・体験など、どの分野でも楽しめる。





第2位 小鹿田焼(大分県日田市)

素朴でモダンな雰囲気を醸し出す焼き物がこの小鹿田焼だ。山あいにあり、登り窯や水車で土をつく伝統的な風景が広がる。





第3位 読谷焼(沖縄県読谷焼)

焼き物の産地としては30年と新しい読谷焼が第三位。20軒近い窯元が集まる集落があり、売店では鮮やかな模様の皿などを販売している。





第4位 伊万里焼(佐賀県伊万里市)

昔ながらのレンガ造りの煙突が見られる伊万里焼が第四位。風情のある谷間沿いの道には、窯元の直売所が並んでいる。





第5位 唐津焼(佐賀県唐津市)

30件ほどの窯元が点在している唐津焼が第五位。茶碗として好まれた素朴な色合いが特徴。「虹の松原」などの名所が多いのも特徴。





近畿・中部

第1位 丹波焼(兵庫県篠山市)

「蛇窯」という山の斜面に伸びる窯が有名な丹波焼が第一位。買い物は「窯元横町」と呼ばれる直売所を利用すると便利。





第2位 瀬戸焼(愛知県瀬戸市)

磁器・陶器の両方がそろう瀬戸焼が第二位。川沿いの1キロに渡り数十軒の焼き物屋が立ちならぶ。





第3位 信楽焼(滋賀県甲賀市)

タヌキの置物で有名な信楽焼が第三位。最近は現代風デザインが人気で、土鍋なども豊富。泊りがけで体験できる「陶芸体験施設」も充実しており、どっぷりと陶芸にはまれる。





第4位 美濃焼(岐阜県多治見市)

ギャラリーを併設した窯元が立ち並び、古い商家を改築した店など見どころ満載の美濃焼が第四位。





第5位 常滑焼(愛知県常滑市)

常滑焼の窯元は丘陵地の迷路のような路地に点在している。壁や道に土管を埋め込んだ「土管坂」、レンガの煙突など見どころも多い。





関東・東北・北海道

第1位 益子焼(栃木県益子市)

若手の新作が豊富な関東有数の焼き物の町がこの益子焼だ。おしゃれな店も増えて路地の散策も楽しい。





第2位 笠間焼(茨城県笠間市)

美術館も充実している笠間焼が第二位。多彩な作風の作家が多いのが特徴。また種類も食器・装飾品・工芸品など多種多様なお店が立ち並ぶ。





第3位 会津本郷焼(福島県会津美里町)

風情ある街並みにに窯元が十数軒立ち並んでいる会津本郷焼が第三位。隣町の下郷町の観光名所である「大内宿」でも購入可能だ。





その他とっておきの焼き物はこちらからどうぞ。


家族で楽しめるSA・PA ランキング

[2009年5月2日号 日経プラス1 何でもランキング]

家族で楽しめるSA・PA ランキング

【調査方法】

家族で楽しめるサービスエリア・パーキングエリアを西日本・東日本に分けて旅行会社担当社や雑誌編集者らに挙げてもらた。西日本・東日本の地域分けは新潟・長野・静岡以東を東日本、それより西を西日本とした。選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

稲葉教之(日本旅行グループ事業部マネージャー)、生沼清隆(阪急交通社メディア営業一部国内営業二課)、大田友樹(角川マーケティング ハイウェイウォーカー編集人)、大橋めぐむ(女性向け車情報サイト「カータイム」編集部)、大羽孝志(メイツ出版副編集長)、沖田雅生(実業之日本社月刊ガルヴィ編集長)、片岡英明(モータージャーナリスト)、斎藤陽子(リクルートじゃらん関東版・東北版編集長)、長野潤一(トラックドライバー、ベストカー連載筆者)、ふかわりょう(タレント)、目黒敏久(昭文社地図編集部企画編集二課長)、鷲見哲男(近畿日本ツーリスト国内旅行部長)



≪東日本編≫

第1位 諏訪湖SA(中央自動車道)

東日本の第一に選ばれた諏訪湖SAは、諏訪湖や山々を眺められる温泉があり、夏には湖近辺で打ち上げられる花火も見物できる。お土産にはチーズケーキなどの乳製品が大人気だ。特に下りで販売している丸安田中屋チーズケーキはお土産として喜ばれる。また、食事をするなら馬肉を使った「さくら丼」や野沢菜を使ったメニューが人気だ。


丸安田中屋のチーズケーキ


第2位 幕張PA(京葉道路)

2008年7月に開業した商業施設「パサール幕張」が全面開業した幕張PAが第二位。下り線はデパ地下をイメージしたという東京気分に、そして、上り線は千葉気分を楽しめるような品揃え。下りは国内外の人気菓子が、そして上りは地元素材を楽しめる海鮮丼などが食べられる。


第3位 海老名SA(東名高速道路)

日本最多の利用者数を誇る海老名SAが第三位。下り線にある「ぽるとがるのメロンパン」が有名。他にも中華まんもおすすめ。


第4位 富士川SA(東名高速道路)

桜えびやマグロなどの地元の食材を楽しめる富士川SAが第四位。サービスエリアの中では富士さんの眺めは最高だ。


第5位 那須高原SA(東北自動車道)

御用邸チーズケーキや修道女が焼く無添加の焼き菓子が人気の那須高原SAが第五位。愛犬の休憩施設もある。



≪西日本編≫

第1位 淡路SA(神戸淡路鳴門自動車道)

明石海峡と明石海峡大橋を望む絶景に高評価が集まった淡路SAが西日本の第一。下りエリアには大観覧車があり雄大な眺めが楽しめる。幅広い年齢層に人気の「橋の見える丘」なども高評価だった。また特産野菜の直売所もあり「タマネギチップス」などの地元の食べ物も味わえる。


タマネギチップス


第2位 刈谷PA(伊勢湾岸自動車道)

レジャーの趣きが強い刈谷PAが第二位。天然温泉の露天岩風呂や足湯がある。そして、豪華なパウダールームを備えた女子トイレが人気で、ソファーに座って化粧直しができる。


第3位 別府湾SA(大分自動車道)

古民家風で高級感がある建物が並ぶ別府湾SAが第三位。これらの建物は、湯布院温泉の高級旅館「山荘無量塔」が監修している。地鳥の親子丼や豆腐などの地元食材の料理が評判だ。別府湾から見渡す絶景も高評価だった。


第4位 大津SA(名神高速道路)

夜景は名神高速道路では一番と評判の別府湾SAが第四位。琵琶湖と比叡山が眺望できる。このSAは食事が充実しており、近江牛や京都の「おばんざい御前」が人気だ。


第5位 吉野川SA(徳島自動車道)

バンガローへの宿泊ができる吉野川SAが第五位。温泉も完備しており、車を止めたまま川下りが出来る。




訪れたい映画・ドラマのロケ地 ランキング

[2009年4月25日号 日経プラス1 何でもランキング]

訪れたい映画・ドラマのロケ地 ランキング

【調査方法】

「映画」「旅行好き」の20代以上の1032人が対象。調査会社マクロミルを通じて年に5回以上映画を見て、さらに年に3回以上旅行に出かける男女にインターネットで調査した。映画やドラマのロケ地で訪れたい場所、そしてその映画やドラマのタイトル名を訪ねた。国内と海外に分けて尋ね、独自にポイント付けをしてランキングした。 ⇒【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有

≪国内≫

第1位 富良野市(北海道)

国内ではドラマ「北の国から」で幅広い層の人気を集めた富良野が第一位に選ばれた。絵に書いたような雄大な自然が素晴らしいなどの意見が多く寄せられた。田中邦衛演じる黒板五郎の家族が住んだ丸太小屋などが観光スポットになっている。


北の国から(ドラマ)



第2位 庄内地方(山形県)

米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」の舞台となった庄内地方が第二位。アカデミー賞受賞の影響で人気急上昇だ。山形県人の温かさや風景の美しさに惹かれるなどの意見が多く寄せられた。主人公が勤める会社の社屋として使われた酒田市の洋館などが観光地となっている。「たそがれ清兵衛」もこの地方が舞台だ。

 
おくりびと(映画)たそがれ清兵衛(映画)



第3位 尾道市(広島県)

第三位は広島県の尾道市。ほとんど人が「転校生」などの尾道を舞台にした“尾道三部作”を好きな映画として挙げた。「男たちの大和」もここが舞台だ。

   
転校生(映画)時をかける少女(映画)、 さびしんぼう(映画)以上尾道3部作、 男たちの大和(映画)



第4位 京都の祇園など(京都府)

数多くの映画の撮影が行われた京都が第四位。最近では舞妓ファンのサラリーマンの映画「舞妓Haaaan!!!」が代表的な作品。


舞妓Haaaan!!!(映画)



第5位 旭川市(北海道)

老若男女幅広い層から支持を受けた「旭山動物園物語」の舞台となった北海道旭川市が第五位に選ばれた。


旭山動物園物語(映画)




≪海外≫

第1位 ローマ(イタリア)

全体の2割り程度の人が「ローマの休日」を挙げ、邦画、洋画合わせた作品でも回答率が高く根強さがうかがえた。やはり主演したオードリー・ヘップバーンへの憧れの意見が多かった。スペイン階段や真実の口などが観光スポットになっている。


ローマの休日(映画)



第2位 ニューヨーク(米国)

第二位は数々の映画の舞台となったニューヨーク。ここでもやはりオードリー・ヘップバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」の人気が高かった。五番街にあるティファニー本店は、今でもニューヨークでの観光スポットの目玉になっている。その他にも「セックス・アンド・ザ・シティー」や「スパイダーマン」の舞台となっている。

  
ティファニーで朝食を(映画)セックス・アンド・ザ・シティー(映画)スパイダーマン(映画)



第3位 パリ(フランス)

芸術の都パリが第三位。映画「ダ・ヴィンチ・コード」の殺人現場となったルーヴル美術館に行きたいという意見が目立った。他にもモンマルトルが舞台となった「アメリ」の人気も高かった。

 
ダ・ヴィンチ・コード(映画)アメリ(映画)



第4位 フィレンツェ(イタリア)

日本映画の「冷静と情熱のあいだ」と舞台となったフィレンツェが第四位。他にもサイコホラー映画の代表格「ハンニバル」の舞台にもなっている。

 
冷静と情熱のあいだ(映画)ハンニバル(映画)



第5位 赤壁など(中国)

ジョン・ウー監督の名作で、武将達の戦いや友情などを描いた「レッドクリフ」の舞台となった、中国の赤壁などの観光スポットが第五位に選ばれた。


レッドクリフ/パート1・2 (映画)




歩いて楽しい桜並木 ランキング

[2009年3月7日号 日経プラス1 何でもランキング]

歩いて楽しい桜並木 ランキング

【調査方法】

写真家や旅行作家、旅行会社の企画担当者に、桜の名所が載っているガイドブックなどに登場する桜並木約80ヵ所を中心に、歩いて楽しいおすすめの桜並木を選んでもらった。その結果をもとにポイント化して順位を付けた。選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

荒川真澄(JTBパブリッシングWeb事業部)、稲葉教之(日本旅行グループ事業部マネジャー)、入江織美(旅行作家)、大島淳(昭文社旅行書編集部部長)、金富信行(日本花の会常務理事)、切畑利章(写真家)、庄子利男(写真家)、高岡佳代(三栄書房「大人の桜旅」編集長)、立花泰明(近畿日本ツーリスト広報課長)、中西一登(旅行ライター)、ピート小林(写真家、コピーライター)、宮嶋康彦(写真家)



第1位 角館の武家屋敷通り(秋田県仙北市)

秋田新幹線の角館駅より徒歩15分程度で行ける、角館の武家屋敷通りが今回の第一位に選ばれた。この角館の武家屋敷通りは国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、江戸時代に作られた屋識が立ち並ぶ。この時期の武家屋敷独特の黒板塀が続き、まるで江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気になる。桜は江戸初期に京都の公家から当時の領主佐竹北家に嫁いだ姫が持ち込んだ3本の桜の苗が始まりとされている。角屋敷から枝を伸ばして通りに覆いかかるようにして桜並木が続く。シダレザクラ400本のうち162本が国の天然記念物に指定されている。訪れるなら近くの桧木内川(ひのきないがわ)の並木と一緒に散策してみよう。




第2位 北上展勝地(岩手県北上市)

スケールの大きさで第二位に選ばれたのが、岩手県の市立公園の北上展勝地。園内に約1万本の桜のうち、北上川沿いに700本の桜が2㌔に渡り並木を作っている。4月中旬からさくらまつり期間中は遊覧船や観光乗馬もあり違った角度から桜を楽しめる。




第3位 造幣局・桜の通り抜け(大阪市)

多種多様の園芸品種が魅力の大阪の造幣局・桜の通り抜けが第三位に選ばれた。ここの桜は見ごろの一週間だけ一般公開される。南門から北門までの560㍍の一方通行でしか桜を眺める事ができない。原則後戻りができないので気に入った桜をみつけつつゆっくりと散策したいスポットだ。120種類、370本の色々な種類の桜が楽しめる。




第4位 千鳥ケ淵緑道(東京都千代田区)

皇居のお堀沿いの千鳥ケ淵緑道が第四位に選ばれた。水際に届きそうな桜の枝が見事で、夜間のライトアップが最高に美しい。早朝の散歩で見る桜もおすすめ。




第5位 哲学の道(京都市)

約500本のソメイヨシノが咲き誇る京都の哲学の道が第五位。疎水沿いの景色が趣があって良い。訪れるなら平日の夕暮れ時に・・・。




第6位 権現堂堤(埼玉県幸手市)

およそ1㌔に渡り1000本のソメイヨシノが咲き誇る埼玉の権現堂堤が第六位。その桜の並木横に菜の花畑が広がり美しい。




第7位 白石川堤一目千本桜(宮城県大河原町)

白石川堤一目千本桜(しろいしがわつつみひとめせんぼんざくら)は雄大な蔵王連峰が見渡せる桜並木だ。約1000本の桜並木。


第7位 長瀞の桜並木(埼玉県長瀞町)

SL列車が並行して走る区間もある長瀞の桜並木が同点第七位。長瀞駅近くの北桜通は4㌔に及ぶ桜のトンネルに・・・。


第9位 二十間道路桜並木(北海道新ひだか町)

北海道の二十間道路桜並木は二十間(約36メートル)の幅広い道の両脇に桜並木が立ち並ぶ。いかにも北海道らしいこの桜並木には樹齢90年を超す古木が立ち並ぶ。約7㌔に渡りエゾヤマザクラなど3000本が咲き誇る。一度は訪れたい北海道のスポットの一つ。


第10位 湯の児チェリーライン(熊本県水俣市)

熊本の湯の児チェリーラインは約5㌔に渡り500本の桜が咲き誇る。紺ぺきの八代海とかすむ天草が素晴らしい。遊覧船から眺めるとまた趣があって良い。


おすすめのプラネタリウム ランキング

[2009年2月28日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめのプラネタリウム ランキング

【調査方法】

展示室などの周辺の内容も含めて、
おすすめのプラネタリウムを識者や愛好家に選んでもらい
その評価をもとにポイント化し順位をつけた。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

青木満(サイエンスライター)
明井英太郎(五藤光学研究所)
浅田英夫(天文研究家)
大野裕明(天体写真家)
尾久土正己(和歌山大学観光学部教授)
上玉利剛(日高川町かわべ天文台研究員)
佐治晴夫(鈴鹿短期大学学長)
半田利弘(東京大学天文学教育研究センター助教)
平野都子(天文ボランティア)
福江純(大阪教育大学教育学部教授)
藤井旭(天文写真家)
増田喜昭(子供の本専門店 メリーゴーランド店主)



第1位 名古屋市科学館(名古屋市)

学芸員による生の解説が人気の
名古屋市科学館が第一位に選ばれた。

6人の学芸員がいて、それぞれに個性があって面白い。

それぞれが豊富な天文知識と星を見る楽しさを熟知しており、
テーマも毎月変わるので何回見ても飽きないという。
また、開館以来同じテーマは1つもないという。

投影機は派手さはないものの落ち着いた星の投影が魅力の
ドイツのカール・ツァイス製。

常備施設は「生命館」「理工館」「天文館」で構成されている。

2010年、敷地内に直径35メートルの
世界最大級のドームが完成する予定。


第2位 大阪市立科学館(大阪市)

ドームの直径は約26メートルで近畿圏では最大級の
大阪市立科学館が第二位に選ばれた。

投影機も現実の星の明るさや色を忠実に再現しているので
本当の星を見ている感覚になるという。

学芸員の解説の評価も高く、
最新の天文学が楽しめると評判だ。

前身が大阪市立電機科学館だけに、
電機関係の施設が豊富だ。


第3位 仙台市天文台(仙台市)

三位に入った仙台市天文台の最大の魅力は、
なんといっても毎週土曜日に行われる
口径1.3メートルの天体望遠鏡を使った天体望遠会だ。

天文系の展示も充実している。


第4位 コニカミノルタプラネタリウム満天(東京都豊島区)

大人になって久しぶりに訪れるプラネタリウムとしておすすめなのが、
コニカミノルタプラネタリウム満天だ。

隣に水族館もある。


第5位 明石市立天文科学館(兵庫県明石市)

日本標準時子午線に位置している明石市立天文科学館が第五位。
星空で見るコンサートも開かれている。


第6位 日本科学未来館(東京都江東区)

2009年1月に完成した、
立体視できる3Dプラネタリウム設備がオープンした、
日本科学未来館が第六位に選ばれた。

特殊なメガネをかけてみると
星をつかむような感覚が味わえる。


第7位 はまぎんこども宇宙科学館(横浜市)

はまぎんこども宇宙科学館は、
ポケモンが登場する上映番組もあり子供に人気。


第8位 川崎市青少年科学館(川崎市)

川崎市青少年科学館
肉眼で見る事の出来ない星を投影している。


第9位 山梨県立科学館(甲府市)

第九位に選ばれた山梨県立科学館
望遠鏡による天体観測も体験できる。


第10位 京都市青少年科学センター(京都市)

京都市青少年科学センターでは、
身近な材料を使って望遠鏡作りなどが体験できる。


おすすめの梅の名所 ランキング

[2009年2月14日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめの梅の名所 ランキング

【調査方法】

最初にガイドブックや旅行関連の資料に出てくる
全国の梅の名所90ヵ所リストアップ。

その中から旅行会社の企画担当者や
写真家らの梅の名所に詳しい人に
おすすめの場所を順位付けしてもらった。

そして、その結果をもとにポイント化して
順位付けした。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

稲葉教之(日本旅行グループ事業部マネージャー)
木下俊司(JTB東日本国内商品事業部課長)
昆健一(観光サイト運営)
斎藤友覧(写真家)
佐藤尚(写真家)
高柳正浩(はとバス企画旅行部企画課)
立花泰明(近畿日本ツーリスト広報課長)
富田文雄(写真家)
萩原史郎(写真家)
福井佳代(名鉄観光サービス商品事業本部国内旅行部副長)
山梨勝弘(写真家)



第1位 吉野梅郷(東京都青梅市)



吉野梅郷は、
選者11人のうち5人が美しい風景に詳しい
写真家が選んだ梅の名所だ。

元々、この地域は食用の梅が多かったが、
青梅市が観賞用に「梅の公園」を整備したのが始まり。

起伏のある4万5千平方㍍の土地に
赤、白、黄色など1,500本の梅が咲き誇る。

「雨天時でも美しい景色が楽しめるので、
日本一と言っても良い」という意見もあった。

梅の花が見ごろの2月下旬から3月上旬
にかけては有料開放となる。

この時期はボランティアが梅の種類などを
熱心に説明してくれるという。

車椅子の用意もある。


第2位 湯河原梅林(神奈川県湯河原町)



1996年から一般解放を始めた
湯河原梅林が第二位に選ばれた。

視覚を圧倒する4,000本の梅が紅白で咲き誇る。
園内に人工的なものが一切ないのも特徴だ。

2月21日~3月8日まで午後6時~9時にライトアップされ、
闇の中の浮かび上がる梅の花が途轍もなく綺麗だ・・・。


第3位 北野天満宮(京都市)



北野天満宮は、
梅を好んだとされる菅原道真にちなみ、
50種類2,000本の梅が咲き誇る。

2月は宝物殿にも別料金で入れる。


第4位 南部梅林(和歌山県みなべ町)



南部梅林は梅の生産量が日本一の梅林。
斜面が白梅で覆われる様は圧巻。


第5位 月ヶ瀬梅渓(奈良市)



月ヶ瀬梅渓は川の両岸に
1万本の梅林が咲き誇る奈良の梅の名所。


第6位 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)



菅原道真を慕い、
京都から飛んできたとされる「飛梅」が有名な
太宰府天満宮が第6位に選ばれた。


第7位 偕楽園(水戸市)
 


関東ではお馴染みの梅の名所、
偕楽園が第7位。

水戸藩主が観賞用に江戸から
梅を持ち込んだのがきっかけだと言われている。


第8位 結城神社(津市)



しだれ梅300本が華麗な存在感を見せる
結城神社が第8位。


第9位 曽我梅林(神奈川県小田原市)



曽我梅林
3万5000本の梅が富士山をバックに咲き誇る梅の名所。


第10位 信州伊那梅苑(長野県箕輪町)



信州伊那梅苑は残雪の高山に色とりどりの梅が映える。

おすすめの企業博物館 ランキング

[2009年1月17日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめの企業博物館 ランキング

【調査方法】

識者や愛好家に
「大人も楽しめる企業博物館」
としての順位を付けてもらった。

条件としては2009年1月17日に開館しているもの、
そして、特定の企業が運営や設立に主体的に
かかわっているもとした。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

桂武弘(日本旅行 赤い風船西日本事業部課長)
亀田訓生(NPO法人「企業ミュージアムの協会」理事長)
末吉哲郎(企業史料協議会副会長)
中牧弘充(国立民族学博物館教授)
平田智恵子(「企業ミュージアムの協会」会員)
福元聖也(サイト「いるみる」管理人)
船城英明(「学研キッズネット」編集長)
星合重男(サイト「日本の企業博物館」主宰)
真柄徹(クラブツーリズム広報課長)
水嶋英治(常盤大学大学院教授)
村上旭(日本観光協会)
矢島国雄(明治大学教授)
山下治子(「ミュゼ」編集長)



第1位 鉄道博物館(さいたま市、東日本鉄道文化財団)

トップはやはり鉄道博物館

2007年10月の会館から
200万人以上が訪れている。

巨大な規模と豊富な展示車両が魅力だ。

蒸気機関車や新幹線などの運転が
疑似体験できるシュミレーターなどが人気だ。

従来の鉄道ファンならずとも
一度は訪れてみたい。


第2位 印刷博物館(東京都文京区、凸版印刷)

二位に入ったのは「印刷博物館」。
凸版印刷が100周年を記念して開設した博物館だ。

現存する世界最古の印刷物などが展示されなど、
「本物」の展示物が充実している。

まさに大人の博物館といったところだ。

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」に登場する
活版印刷を日時限定で体験できる
「印刷の家」が人気だ。


第3位 産業技術記念館(名古屋市、トヨタグループ13社)

大正時代の「赤れんが造り」(旧豊田紡織本社工場)
を転用した産業技術記念館が第三位にはいった。

織機や自動車生産に使う鋳造などの実演コーナーが
豊富に盛り込まれている。

トヨタ自動車の工場見学は完全予約制だが
この記念館は予約不要で入館できる。


第4位 トヨタ博物館(愛知県長久手町、トヨタ自動車)

19世紀以降の自動車を世界中から集めて
約140台を展示。

走行見学ができる日もある。


第5位 たばこと塩の博物館(東京都渋谷区、JT)

塩の作り方や古代アメリカ発祥のタバコ文化が
世界に広まった様子が学べる。


第6位 インスタントラーメン発明記念館(大阪府池田市、日清食品ホールディングス)

安藤百福の足跡を通じて
発明や発見の大切さを学べる。

即席麺の製造が体験できる工房もある。


第7位 貨幣博物館(東京都中央区、日本銀行)

「和同開珎」など、
国内外の4,000点の貨幣が展示されている。

1億円分の紙幣の重さを体験できる。


第8位 松下幸之助歴史館(大阪府門真市、パナソニック)

1933年の本社社屋を復元した
松下幸之助歴史館が第8位に入った。

カリスマ経営者、松下幸之助の生き方を
懐かしい家電とともに振り返る。


第9位 ミキモト真珠島(三重県鳥羽市、ミキモトグループ)

真珠王と呼ばれた御木本幸吉の生涯をたどる
ミキモト真珠島が第九位。

真珠を使った美術工芸品など目で楽しめる。


第10位 食とくらしの小さな博物館(東京都港区、味の素)

1900年から現代までの食卓風景から
身近な歴史を学ぶ博物館。


親子で楽しめる工場見学 ランキング

[2008年10月25日号 日経プラス1 何でもランキング]

親子で楽しめる工場見学 ランキング

【調査方法】

家族で楽しむのにおすすめの工場を
識者や愛好家に順位と得点をつけてもらい、
それをポイント化してランキングした。

選出者は以下に記載(五十音順)。

石井哲(「工場萌え」著者)
桂武弘(日本旅行 赤い風船西日本事業部課長)
小島健一(グループ「社会科見学に行こう!」主宰)
高橋法子(グループ「社会科見学に行こう!」参加者)
竹田英樹(ティー・ゲート エリア商品開発部リーダー)
田中美樹(「首都圏子どもと楽しむ社会科見学おもしろガイド」著者)
朴泰勲(大阪市立大学准教授)
廣川勝登(サイト「社会科見学とイベント情報ナビ」管理人)
福元聖也(サイト「いるみる」管理人)
船城英明(「学研キッズネット」編集長)
maako(サイト「工場見学インデックス」管理人)
村上旭(日本観光協会)
吉田秀明(大阪経済大学准教授)


第1位 全日空 ANA機体メンテナンスセンター (東京都大田区)

選者13人のうち9人がおすすめした
超・おすすめ工場見学スポットだ。

で、その見どころはと言えば、
想像以上に大きい機体を間近に見る迫力。

そして、飛行機はなぜ飛ぶのか?
といった基本的な知識をビデオや模型を使って
クイズ形式で説明してくれる。

運がよければ「ポケモン・ジェット」も見学できる。

そして、何と言っても、キムタク主演ドラマ
「GOOD LUCK!!」(2003年TBS系)の撮影に使われた事も
知名度を高めた。

小学生以上から受け付け。


第2位 トヨタ自動車 工場・トヨタ会館など (愛知県豊田市など) 



第二位になったのはやはりココ。

世界のトヨタが世界に誇る、
「トヨタ生産方式」を見学できる。

車体の組み立て工場、溶接工場の他にも
ロボットがトランペットを演奏するが楽しめる。

そして、未来の車の安全を展望する
「安全技術シュミレーション」が人気だ。

原則として予約はインターネットから。


第3位 江崎グリコ グリコピア神戸 (神戸市)

グリコピア神戸はお菓子や食文化が学べる
テーマパークといったところだ。

そのなかでも子供に人気なのは
アニメのキャラクターが幻のお菓子を探して冒険する物語を
150インチのスクリーンで鑑賞できる、「3Dシアター」だ。

グリコのお菓子の変遷なども展示されており、
大人でも懐かしさを感じながら楽しめる。

人気のお菓子「ポッキー」や「プリッツ」
の製造工程も見学できる。




第4位 新日本製鉄 君津製鉄所 (千葉県君津市)

高度成長期の象徴、製鉄書が第四位。

真っ赤な鉄が伸ばされる工程や、
高くそびえ立つ高炉を見るだけでも迫力十分だ。

洋上から製鉄所を眺めるのも楽しい・・・
という意見もあった。

小学三年生以上。


第5位 キューピー 伊丹工場 (兵庫県伊丹市)



キューピー工場では、
毎分600個の卵を割ることができる
「割卵機」が子どもの心を鷲掴みにする。

仙川工場でも見学を受け付けている。


第6位 JFEスチール 東日本製鉄所 (千葉県)

鉄の板が薄く伸ばされていく工程などが
見学できる。

見学出来る期間が限定されている。


第7位 バンダイ ホビーセンター (静岡市)



予約が入りにくい人気スポットが
「機動戦士ガンダム」でお馴染みのバンダイ工場。

ガンダムのプラモデル、
通商「ガンプラ」の製造過程が公開されている。

従業員がアニメをイメージした
制服着ているのも面白い。

見学の予約はインターネットのみ。


第8位 日産自動車 追浜工場 (神奈川県横須賀市)

主にコンパクトカーの組み立てを見学できる。
見学の予約はインターネットのみ。


第9位 崎陽軒 横浜工場 (横浜市)

シウマイが造られて、
箱詰めされるまでの工程が見学出来る。

もちろん試食もできる・・・。


第10位 味の素 川崎工場 (川崎市)



カツオの一本釣りを仮想体験出来る装置が人気。
お土産も充実している。


他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。