スイーツ・お菓子・ランキング ザ・ランキング!!

スイーツ・お菓子・ランキング ザ・ランキング!!

家電、本、酒、DVDなど、今が旬のランキングすぐわかるサイト!

スポンサードリンク



ホーム > カテゴリー - スイーツ・お菓子・ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

職人技のチョコレート・ランキング!

2015/2/8
日経プラス1「何でもランキング」

■専門家お薦め 職人技のチョコレート・ランキング!

専門店や百貨店で有名チョコレートを集めた売り場が目立つこの時期。海外の有名店が幅をきかせるこのご時世、今年こそは日本の職人(パティシエ)たちの作った逸品チョコレートはいかがでしょう!?中には世界的なコンクールにて高い評価を得ている人もいる。

もともと日本のスイーツは世界的に見てもレベルが高い!丁寧な職人技が光る!見た目やなめらかな口どけ、繊細な風味が特徴の日本のチョコレートは素晴らしい。ケーキつくりの職人たちはこぞってチョコレートに比重をおいた店を開き始めている。

第1位
パティシエ・エス・コヤマ「アンノウン!カカオナンバー4」
ベネズエラの希少なカカオ豆を使って作り上げる逸品。人気菓子店のオーナー小山進さんの新作。カレネロ、プエルトカベージョなど豆の産地の名前をつけた4粒のチョコレート。小山さん曰く、産地が同じでもカカオ豆の種類、土壌、製法で苦みや酸味など五味のバランスが異なるので、その違いを感じてほしいという。今はやりのフルーツやナッツを多用せずに豆で勝負しているので今回の第一位!!



第2位
ショコラティエ・パレドオール「プレミアム・パレドオール」
三枝俊介さんさんが作るチョコレート。カカオ豆を焙煎から手掛ける工房で作られるチョコレート専門店の味!表面に金箔を飾り付けたミルクとビターは豆から工房で作った完全自家製チョコレートだ。特にビターはカカオ風味満点のおすすめ。



第3位
ラヴニュー「マジック」
平井茂雄さんが作る味わ合いのグラデーションが素晴らしいチョコレート。複数組み合わせた素材が段階的に現れては消えていく・・・。人気はイチゴとナッツペーストをベースに表層をミルクチョコレートで覆ったラフィネ。あじがぼけやすいと言われるイチゴの存在感が素晴らしい。口どけまろやか。



第4位 オリジンーヌ・カカオ「ボンボンショコラ」
第5位 洋菓子マウンテン「コレクション2015」
第6位 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ「ボンボンショコラ・グランクリュ」
第7位 ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ「C.C.C.DNAショコラ」
第8位 アンプレスィオン「フィロソフィー・ショコラ」
第9位 ショコラティエ・ミキ「ボンボンショコラ」
第10位 ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ「ボンボンショコラ」

毎日更新!本日のチョコレート・ランキングをチェック!
スポンサーサイト

楽しさ共有 チョコレートケーキ ランキング





[2013年2月2日号 日経プラス1 何でもランキング]

楽しさ共有 チョコレートケーキ ランキング

14日のバレンタインに合わせて、店頭にチョコレートが並び始める時期だ。最近は家族や友達にチョコレートをプレゼントする人も増え、分け合えるチョコレートケーキも人気がある。そこで百貨店、取り寄せ可能なおすすめチョコレートケーキを専門家らに選んでもらった。国内のチョコレート市場は年間で約4億円あり、そのうちの1割がバレンタインの時期に売れるという。近年は「ノッチョラート」のような生チョコレートのトロリとした食感のものが人気だという。チョコレートの主原料であるカカオ豆は、その産地や農園、またはその年の気候によって味が違う繊細な農作物だ。たっぷりのチーズを使ったフラノデリスの「ドゥーブルフロマージュ ショコラ」、国際大会で受賞経験のあるシェフが手がける「ザッハトルテ」なども人気。


第1位 ドゥブルベ・ボレロ(ノッチョラート)

ノッチョラートとはイタリア語で『ヘーゼルナッツ味のチョコレート』という意味。5層になった断面は、純度の高いチョコレートを使ってしっかりと焼き上げたスポンジに、ジャマイカ産の良質なラム酒を風味付け。そのスポンジの間にヘーゼルナッツ風味の濃厚なチョコレートクリームを挟み込んである。表面に飾り付けられた香ばしいナッツはミルクチョコレートをからめてある。


第2位 マ・プリエール(マ・プリ・ショコラ)

ひと箱で5種のカカオ豆の風味が楽しめる、マ・プリエールのマ・プリ・ショコラ。まろやかなエクアドル産、フルーティーなパプアニューギニア産・・・。「蒸し焼き」という独自製法で作られるチョコレートケーキは口どけが素晴らしい!見た目ふっくら、中身まったり、といった感じ。食感は生チョコレートのようだ。個別包装なのも嬉しい。


第3位 トップス(チョコレートケーキ)

1964年にレストラン「トップス」のデザートして誕生したチョコレートケーキ。レストランに訪れる客から『持って帰りたい・・・』という要望が多く店頭販売した人気商品だ。卵色のスポンジにクルミ入りのクリームを挟み込んである。そして、ケーキ全体はスイスチョコレートと生クリームを合わせた滑らかなチョコレートクリームでおおわれている。


第4位 帝国ホテル(クラシック ショコラ)

25年間、味も価格もかわらない帝国ホテルのクラシック・ショコラ。フランス産チョコレートのコクと香りを大切に作られる人気のチョコレートケーキ。粉を出来るだけ少なくし、濃厚でしっとりした食感に焼き上げる。豪華な金色の箱に入っているので婚礼の引き出物にも人気だ。


第5位 アニヴェルセル 表参道(フォンダンショコラ)



五位のアニヴェルセル表参道のフォンダンショコラフォンダショコラとはフランス語で『とろけるチョコレート』という意味。ハート形のケーキでバレンタインの贈り物にぴったり。そのハートの形をしたケーキはココアパウダーで覆われ、中身は牛乳ベースの濃厚な生チョコレートが溢れ出てくる。白い箱にリボンがついて可愛らしいパッケージなのでまさにバレンタインの贈り物のにぴったりだ。


第6位 ダロワイヨ(オペラ ギフト)



1955年にパリのオペラ座の舞台をイメージして造られたフランス菓子。コーヒー風味のバタークリーム、シロップが染み込んだ生地、チョコレートクリームなど7層重ねのチョコレートケーキ。


第7位 ジョエル(チョコレートシフォン)

メレンゲをたっぷり使い、繊細な軽さとしっとりとした口当たりある生地に焼き上げたチョコレートケーキ。甘さひかえめ。


第8位 エコール・クリオロ(カフェ・プラリネ・ノワゼット)



チョコレートとコーヒーを使った滑らかなムースの下に、キャラメルとヘーゼルナッツのクリーム、乾燥クレープなどを重ねたチョコレートケーキだ。


第9位 パティスリータダシヤナギ(シュプレームショコラ)

羊羹をイメージで造られたというシュプレームショコラ。ほろ苦いキャラメルを合わせて焼き上げ、風味豊かに仕上げたチョコレートケーキ。口に入れるとゆっくりととけていく感覚が素晴らしい。


第10位 カルヴァ(ガトーショコラ)

厳選フランス産チョコレートにメレンゲ、アーモンド粉、を加え、ふんわりとした食感に焼き上げた。濃厚なカカオ風味が香る。表面は糖衣がけにしてありサクサクした食感。





人気のチョコレートケーキ探すならこちらから!







[ 2013/02/05 12:56 ] スイーツ・お菓子・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

心はずむ専門店チョコ ランキング





[2012年2月4日号 日経プラス1 何でもランキング]

心はずむ専門店チョコ ランキング



第1位 ジャン・ポール・エヴァン 商品名「コスタリカ」

フランスのチョコレート職人“ショコラティエ”が作るボンボンショコラ“一粒チョコレート”の代表作、ジャン・ポール・エヴァンのコスタリカ。口溶けが滑らかで、オレンジの香りとカカオのバランスが絶妙!もともとの人気商をさらに改良し、さらに人気を得ている商品だ。オレンジリキュールを使用していたが、オレンジピューレに変えて風味が増した。日本国内には8店舗あり、このボンボンショコラはパリから空輸している。



第2位 ピエール・エルメ・パリ 商品名「ヌガティーヌ・イスパハン」

マカロンで有名なフランス人パティシエ、ピエール・エルメ氏。実はショコラでもその才能を発揮している。ラズベリーなどを配送した独自フレーバーを使った個性あふれるヌガティーヌ・イスパハン。アーモンドと繊細なバラの香りをコクのあるビターチョコレートで包み込んだ。口に含むとすべての風味が一体となってあとを引く。



第3位 ラ・メゾン・デュ・ショコラ 商品名「シルビア」

フランスでも有名な“ガナッシュ(チョコレートクリーム)の魔法使い”と称された創立者が作り上げたミルクガナッシュ、ラ・メゾン・デュ・ショコラのシルビアが第三位。伝統的な手法を守りひと粒ひと粒丁寧に作り上げられたチョコレートは世界中から支持を集める人気商品だ。なめらかなミルクとほのかに漂うキャラメル風味が絶妙のバランスを保っている。ほどよくビターな味わいも。シンプルながら味わい深いのが特徴。



第4位 オリジンーヌ・カカオ 商品名「ドローム」

日本人ショコラティエ、川口行彦氏が手がけるガナッシュ、オリジンーヌ・カカオのドロームが第四位。ラズベリーの酸味が心地よく、素材のこだわり、カカオや果実は国内外から厳選している。国産なので作りたての新鮮なおいしさが何より!



第5位 ファブリス・ジロット 商品名「カプリス」

フランスのブルゴーニュ地方でとれたラズベリーの風味が口いっぱいに広がる人気のビターガナッシュ、ファブリス・ジロットのカプリスが第五位。キレのある酸味とフレッシュな果実味が特徴で、チョコレートの苦味とのバランスが絶妙。薄い一粒にまとめる技術は最高峰の技術だ。



第6位 フレデリック・カッセル 商品名「カサブランカ」

フランスで人気のショコラティエがつくる、フレデリック・カッセルのカサブランカが第六位。アーモンドとヘーゼルナッツをカラメル状にして岩塩を加えたもので、香ばしさとサクサクした食感が人気。大きいサイズは男性にも食べごたえがある。



第7位 パレ・ド・オール 商品名「パレ・ド・オール」

フランス語のパレ・ド・オールとは金の円盤の意味で、名前通り金箔を飾った丸型のガナッシュ。ショコラティエの三枝俊介氏がフランス・リヨンで修行した店の看板商品を受け継いだもの。口当たりがしっとりとしており、カカオの深い風味は、上品な大人のショコラだ。



第8位 ジョエルデュラン 商品名「アールグレイ」

紅茶のアールグレイを生クリームで煮詰めた珍しいミルクチョコレート、ジョエルデュランのアールグレイが第八位。そのまま、紅茶を飲んだ時のような風味と余韻が楽しめるチョコレートだ。表面にはA~Zまでのアルファベットが記されており、これを組み合わせてメッセージが作れる。贈り物に・・・。



第9位 フランソワ・プラリュ 商品名「マダガスカル」

こちらは板チョコ。カカオ含有率75%という苦味の中に、ミントの爽やかな風味と酸味がきいたチョコレート。ここのショコラテシエは世界各国を回り良質なカカオを厳選する。



同・第9位 ピエール・マルコリーニ 商品名「アニモ・キャラメル」

アヒルの形をしたミルクチョコレート、ピエール・マルコリーニのアニモ・キャラメルが第九位(同)。キャラメルソースを包み込みトロッとした甘さに天日塩をアクセントに加えている。ベルギーを代表するブランド。





その他、人気のショコラはこちらから!







[ 2012/08/29 10:00 ] スイーツ・お菓子・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

家庭で涼味 取り寄せあんみつ ランキング





[2012年6月23日号 日経プラス1 何でもランキング]

家庭で涼味 取り寄せあんみつ ランキング



第1位 鹿乃子あんみつ(銀座鹿乃子)と京都中央区

あんみつ ランキングの第一位は、銀座鹿乃子。豆菓子専門店のあんみつだ。なんとつかわれている豆は全部で5種類もある。皮ごとつぶして風味を引き出した備中大納言、虎豆、紫花豆、花白豆、赤エンドウ豆。そして黒蜜は黒糖、和三盆糖、三温糖、蜂蜜、水飴、ザラメの6種類も使って作る絶品黒蜜!さっぱりとした味わいが特徴だ。そして主役の寒天は国産天草100%。ぎゅうひは白玉粉と餅粉を練り合わせて蒸し上げている。



第2位 特製くず餅入りあんみつ(船橋屋)東京都江東区

あんみつ ランキングの第二位は、船橋屋の特製くず餅入りあんみつ。こちらはくず餅の老舗だ。くず餅入りのあんみつ。こしあんの上にはクコの実が二つ並び可愛らしい。主役の寒天は伊豆七島産など数種類の天草を寒天を使用。黒蜜は秘伝のくず餅用の黒蜜で、少し多めの容器に入っていて、お好みで好きなだけ入れて食べられる。沖縄産の黒糖を使用した濃厚な味わい。





第3位 黒蜜あんみつ(心太の伊豆河童)静岡県清水町

あんみつ ランキングの第三位は、心太の伊豆河童 黒蜜あんみつ。こちらは心太の専門店が提供するあんみつだ。心太専門店なので寒天はかなりのこだわりよう。伊豆稲取の海女が手摘みで収穫したテングサを富士山の伏流水、柿田川の湧き水を使って作られる。独特の食感はクセになる。小豆は北海道産、黒蜜は沖縄黒糖で作られる。日持ちが長いように工夫されていて、トコロテンは酸味を感じさせないリンゴ酸の保存液に浸されている。





第4位 林屋あんみつ(京はやしや)京都市

あんみつ ランキングの第四位は、京都の京はやしや 林屋あんみつ。こちらは茶葉を使ったスイーツを手がけている店。あんみつに使う抹茶は、茶道で使うものと同じ石臼挽きで挽く。存在感のあるわらび餅はもっちりとした食感!





第5位 あんみつ(甘味処 川越 あかりや)埼玉県川越市

あんみつ ランキングの第五位は、甘味処川越あかりやのあんみつ。こちらはおしるこなども取り扱う甘味処。こちらのあんみつはなんといっても磯の香りがするトコロテン!ぎゅうひは白玉粉を銅鍋で練り上げたもの。そしてあんは黒蜜の甘さと喧嘩しないように、甘さ控えめに仕上げている。丸2日間かけて作る赤エンドウマメが味わいのアクセントになっている。まぁるい煮あずきも可愛らしい。



第6位 宇治抹茶あんみつ(伊藤久右衛門)京都府宇治市

あんみつ ランキングの第六位は、伊藤久右衛門の宇治抹茶あんみつ。こちらは京都で抹茶スイーツを扱う店のあんみつ。丹波大納言の粒あんを使っている。抹茶ゼリーがたっぷりと入っており、石臼で引いた宇治抹茶をたっぷりと使っている。クセのない寒天、もちっとした白玉を濃厚な抹茶蜜が引き立てる。





第7位 あんみつ(みはし)東京都台東区

あんみつ ランキングの第七位は、みはしのあんみつ。東京の上野に本店がある甘味処。北海道十勝産の小豆を銅釜でじっくり煮て作るこしあんはさらっとしている。黒蜜もさらりとしたタイプのもので、こちらは沖縄の八重山産の黒糖を時間をかけて作り上げる。





第8位 こしあんみつ(寒天工房讃岐屋)東京都新宿区

あんみつ ランキングの第八位は、寒天工房讃岐屋のこしあんみつ。生寒天の専門店。寒天は伊豆地域の4種類のテングサを絶妙にブレンドして作られる。コリコリとした食感、磯の香りが楽しめる。ぎゅうひは餅粉100%。賞味は一ヶ月と長いのも嬉しい。贈り物に・・・。



第9位 あんみつ(浅草いづ美)東京都台東区

あんみつ ランキングの第九位は、浅草いづ美のあんみつ。浅草・雷門近くの甘味処のあんみつ。ぎゅうひがパステルカラーでとても美しい。寒天の原料はテングサ100%。コリコリの食感がとてもよい。こしあんと黒蜜のバランスが最高で、割れないように煮て作られる十勝産の赤エンドウ豆が大好評!



第10位 生麩あんみつ(三昇堂小倉)京都市

あんみつ ランキングの第十位は、三昇堂小倉の生麩あんみつ。こちらは京都の和菓子専門店。生麩餅が自慢の名店だ。こちらは一風変わったあんみつで、白玉のかわりにヨモギと生姜風味の生麩餅が入る。これが大ヒット!寒天は丹波寒天を使用、黒蜜は沖縄産の黒糖使って作り上げたもの。



その他、人気のあんみつはこちらから!







[ 2012/06/30 23:00 ] スイーツ・お菓子・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

贈り物にしたいカステラ ランキング





[2012年4月28日号 日経プラス1 何でもランキング]

贈り物にしたいカステラ ランキング



第1位 フクサヤ キューブ(福砂屋/長崎市)

カステラ ランキングの第一位は、長崎県のフクサヤ キューブ(福砂屋)。なんと1624年創業のかなりの老舗の新作だ。まず5色のキューブ型のパッケージでハートをガッツリつかむ。女性が一回で食べられるようなサイズにした2切れのカステラは、ふっくらと仕上がったキメの細いカステラで優しいい甘さが特徴。同社の定番カステラだ。専用フォークも付いてパッケージの色は年に4回も変わる。





第2位 五三焼カステラ(松翁軒/長崎市)

カステラ ランキングの第二位は、長崎県の五三焼カステラ(松翁軒)だ。黄卵と砂糖を増やして濃厚な味わいに仕上げつつも、甘ったるさが残らないように工夫されているカステラだ。甘さを引きずることもなく口中ですっと溶けるのは、原料に水飴を使い、さらに熟練職人による混ぜ焼きの技術によるもの。化粧箱は出島のオランダ商館の壁紙をもとにデザインされたもの。予約販売。





第3位 特撰五三カステラ(銀座文明堂/東京都中央区)

カステラ ランキングの第三位は、特撰五三カステラ(銀座文明堂)だ。1900年創業の和菓子洋菓子店。長崎から進出した老舗だ。50年近く手焼きカステラを作り続けているという同店の熟練職人、森幸四郎さんが監修したカステラだ。素材の風味を生かしており、希少なイギリス産のコッツウォル・ドハニー、四国特産の手作り和三盆糖、さらに卵黄を通常商品の3割増にして作り上げた逸品だ。桐箱に入っているのも豪華。舌触りはしっかりとしている。





第4位 烏骨鶏かすていらプレーン(金澤烏鶏庵/金沢市)

カステラ ランキングの第四位は、烏骨鶏かすていらプレーン(金澤烏鶏庵)だ。珍しい烏骨鶏の卵を使ったスイーツ店だ。金沢県の直営農場で生産する希少な卵はカルシウム、鉄分、マグネシウムを多く含んでいる。味わいはさっぱりしている。卵の風味を最大限生かすために砂糖がギリギリに抑えられている。口当たりはとても軽い。





第5位 舶来の匠蜂蜜カステラ(和泉屋/長崎県雲仙市)

カステラ ランキングの第五位は、舶来の匠蜂蜜カステラ(和泉屋/長崎県雲仙市)だ。口の中で溶けるような食感を求め、職人がキメの細かい小麦粉を使い、生地の空気を均一にならし作り上げたカステラだ。使われているレンゲハチミツも味わい深い・・・。桐箱入り。





第6位 極上カステラ希(セラ・ルージュ/大阪市)

カステラ ランキングの第六位は、極上カステラ希(セラ・ルージュ/大阪市)だ。このカステラは卵や卵菓子の専門店が販売するカステラ。卵を産む鶏は、パプリカやイワシを粉末にした飼料を与えるなど、飼育環境にこだわって育てている。卵の黄身は濃いオレンジ色をしているという。しっとりと仕上がった生地は色鮮やか。





第7位 特選カステラ五山(三源庵/京都市)

カステラ ランキングの第七位は、特選カステラ五山(三源庵/京都市)だ。こちらは京都のカステラ専門店。徳島産の和三盆糖や水飴を使用し、卵黄の比率を高めた。ほんのりと苦味を感じる複雑な風味は、生地の上下を焼くときに火の温度のバランスを工夫して仕上げた。生地はしっとり、ザラメの部分はザクザクするほどの食感がある。





第8位 東京カステラ(上野風月堂/東京都台東区)

カステラ ランキングの第八位は、東京カステラ(上野風月堂/東京都台東区)だ。珍しい銅釜六面焼き。江戸時代から続く方法で、上下側面6面に全てにきつね色の焼き色がつく製法だ。食べごたえがあり、卵、蜂蜜をたっぷりと含んでいる。竹製のナイフが付いて、缶は風呂敷のようなレトロな柄の不織布で包まれている。





第9位 幸せの黄色いカステラ(心泉堂/長崎県諌早市)

カステラ ランキングの第九位は、幸せの黄色いカステラ(心泉堂/長崎県諌早市)だ。元々は長崎旅行土産用に販売されていたカステラがネット通販で人気になった。使用する卵は雲仙岳の麓で育った鮮度の良い卵を使用している。わりとあっさりとしており食べやすいという印象で、生地がふんわりとしている。焼き上げたあとに保管庫で一昼夜寝かせてザラメをなじませている。懐かしい味わいのカステラだ。





第10位 あすか(カステラ銀装/大阪市)

カステラ ランキングの第十位は、あすか(カステラ銀装/大阪市)だ。カステラ銀装は大阪のカステラ大手。五三カステラの配合をもとに卵黄を増やし、国産りんご、蜂蜜、和三盆糖、小麦粉などを材料とし、独自の技術で焼き上げた。しっとり!ふんわり!あっさり!と仕上がっている。





その他、人気のカステラを探すならこちらから!







[ 2012/05/15 00:04 ] スイーツ・お菓子・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

駅で買える おすすめの土産菓子 ランキング





[2011年8月6日号 日経プラス1 何でもランキング]

駅で買える おすすめの土産菓子 ランキング

駅ナカの商業施設やお土産店を運営するJR東日本、JR東海、JR西日本のグループ会社や選者などに売れ筋商品を聞いた。最初に東京駅・大阪駅の両駅で20商品を候補に選出。そのアイテムを選者に試食してもらいランキング化した。選者は以下の通り(五十音順)。

加園幸男(プランタン銀座ライフスタイル営業部ミドルエキスパート)、下園昌江(お菓子研究家)、瀬戸理恵子(フードライター)、蔦洋子(フードアナリスト)、土屋仁美(@niftyスイーツ部)、西牟田桂介(三越日本橋本店和菓子担当)、猫井登(お菓子の歴史研究家)、平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)、宮沢やすみ(コラムニスト)、山本論(菓子ジャーナリスト)



【東京駅】

第1位 かりんとう(日本橋錦豊琳)

東京駅の第一位に選ばれたのは、日本橋錦豊琳のかりんとう。カリッとした食感が楽しめる、国産小麦100%のかりんとうだ。「きんぴらごぼう」「むらさきいも」「野菜」などの人気が高い。詰め合わせの6個入り、9個入りも人気。パッケージも上品で親や祖父母はもちろん若い世代の人への贈り物にも最適!野菜味のかりんとうが新鮮です・・・。





第2位 キハチ シュガーロールパイ(パティスリーキハチ)

第二位は有名店、キハチのシュガーロールパイだ。マカダミアナッツを使った香ばしい焼き菓子だ。茶葉にベルガモットの香りつきのアールグレイ風味とショウガ風味の2種類4枚づつ入りが人気。見た目も中身もしっかりした商品なので目上の人への贈り物に最適!





第3位 東京たまご ごまたまご(銀座たまや)

黒ゴマあん・黒ゴマのペースとをカステラ生地でつつみ、コーティングをホワイトチョコレートで施した東京名物菓子の東京たまごのごまたまごが第三位!東京駅でよく目につくお土産だ。様々な年代に対応できる「ゴマ」のお菓子は重宝するお土産の一つ。

 



第4位 ケイク オ フリュイ(ドゥーパティスリーアトーキョウ)

イチジクやオレンジなど数種類ののコンポート(シロップ漬け)が豪華に飾られたパウンドケーキ、ドゥーパティスリーアトーキョウのケイク オ フリュイが第四位!しっとりと焼き上げられた生地は香辛料が効いていいてアクセントになっている。





第5位 たいよう&つき(空いろ)

たいよう=どら焼き、つき=クッキーサンド。という組み合わせの空いろのたいよう&つきが第五位!「たいよう」のどら焼きは米粉の生地に粒あんの他、小豆・白いんげんを皮ごとすりつぶしたあんが楽しめる。「つき」のクッキーは白いんげんのあんと大納言と呼ばれる小豆が挟まれたクッキー。



第6位 東京とろん(スイートオブオレゴン)

第六位の東京とろん(スイートオブオレゴン)は東京駅限定のチーズケーキだ。季節によって味わいが異なるのもお土産に最適!ちなみに9月(2011年)はマンゴー味が予定されている。マンゴーの爽やかな風味と濃厚な味わいのバランスが最高!





第7位 焼きショコラケークラスク(テラ・セゾン)

ガトーショコラのラスク・・・といっても過言ではない、テラ・セゾンの焼きショコラケークラスクが第七位。沖縄の塩でチョコレートの風味を引き締めるという斬新なラスク。



第8位 にこ鈴焼き(東京にこ鈴)

第八位のにこ鈴焼きは人形焼き。1本の個別包装に小豆、栗、ムラサキイモの人形焼きが3つ入っている。焦がしバターが練りこまれた生地は風味満点!



第9位 東の京(天平庵)

第九位に選ばれた、天平庵の東の京は東京限定の洋風饅頭といったところ・・・。白あんにミルクとバターがたっぷりと入ったまんじゅう。



第10位 東京ばな奈「見ぃつけたっ」(東京ばな奈ワールド)

すでに人気・実力ともに東京土産の「定番化」しつつある東京ばな奈ワールドの東京ばな奈「見ぃつけたっ」が第10位に滑り込んだ!バナナを裏ごしして作ったバナナカスタードクリームをスポンジケーキに包んだ洋菓子だ。







【大阪駅】

第1位 ええもんちぃ(五感)

大阪駅の第一位に選ばれたのは、大阪の人気菓子店、五感が土産用に和の素材を生かして作ったマドレーヌ、ええもんちぃだ。国産小麦に発酵バターを合わせ、米粉を炊きあげて作った米アメを練りこむことでしっとりとした食感に仕上げた。豊かな風味が感じられる。そして最大の特徴は中に入っている丹波黒と呼ばれている大粒の黒大豆。これが和の雰囲気を醸し出している。





第2位 聖・祭菓(聖護院八ッ橋総本店)

第二位は京都の土産として有名な粒あん入りの八ッ橋。新大阪駅でも人気だ。生地はうるち米の米粉で作ったもので、きな粉をまぶして粒あんを包み込んだお菓子だ。ニッキと抹茶風味が5個づつ入っている。土産菓子の定番だ。



第3位 お好み焼(大阪の味本舗)

第三位はせんべいの上にキャベツ・紅ショウガ・ネギなどのフリーズドライが乗っている大阪の味本舗のお好み焼。ビールのおつまみに最高!キャベツ焼きはあっさりした味、青のりをふりかけたマヨネーズ焼き、2種類の味がある。まさに大阪土産のド・ストライク!



第4位 神戸魔法の壺プリン(神戸フランツ)

かなり有名になった神戸土産、神戸魔法の壺プリンが第四位。3層の味わいで、下にはビターなカラメル、カスタードプリン、その上に甘めのクリームがよいバランス。容器もかわいらしく素焼きの壺に入っている。お取り寄せは冷凍で届けられる。





第5位 みたらし小餅(千鳥屋宗家)

一口サイズの食べやすい、みたらし小餅が第五位。関西風の甘辛い醤油だれを包み込んだもの。餅は炊きたてのコメで作り、食感はもっちりしている。



第6位 じゃがりこたこ焼き味(カルビー)

第六位は大手菓子メーカー、カルビーのじゃがりこたこ焼き味。ソースマヨネーズ風味の関西限定のじゃがりこだ。独特の硬めの食感がソース&マヨネーズにベストマッチ!





第7位 面白い恋人(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

サクッとした歯触りと濃厚な味わいのクリームが楽しめる、その名も面白い恋人が第七位。中にみたらしクリームを挟み込んでいる。いわゆるゴーフレットだ。大阪らしく価格も安く量が多い。



第8位 神戸モリーママラスク~波の魔法箱~(神戸モリーママ)

地元の天然塩や天然水を使用したラスク、神戸モリーママラスク~波の魔法箱~が第八位。ベースはフランスパンであっさりした甘さが受けている。





第9位 オリジナルデンマークチーズケーキ(観音屋)

オーブントースターで焼いて食べる、観音屋のオリジナルデンマークチーズケーキが第九位。もちろんデンマーク産のチーズを使用して作られる。





第10位 京ばあむ(ぎをんさかい)

第十位は抹茶風味のバームクーヘン、ぎをんさかいの京ばあむ。豆乳と小麦粉を合わせた生地に抹茶を重ねて焼きあげたもの。







その他、人気の土産菓子を探すならこちらから!







[ 2011/08/14 22:46 ] スイーツ・お菓子・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

夏に爽やか 果実のシャーベット ランキング





[2011年7月16日号 日経プラス1 何でもランキング]

夏に爽やか 果実のシャーベット ランキング

まずは複数の専門家におすすめの全国30店舗えお候補に選出してもらった。そして、その中から専門家にさらにおすすめの店舗を選んでもいランキングした。選者は以下の通り(五十音順)。

神谷千佳代(「スイートネットワーク」代表)、亀岡明美(アイス通販サイト「善左ェ門」企画運営)、木越敦子(フードアナリスト)、吉良晋(ナムコ・ナンジャタウンアイスクリームシティ担当)、下井美奈子(スイーツコーディネーター)、鈴木智久(明治・販売担当)、土屋仁美(@niftyスイーツ部)、寺内理恵(森永製菓・冷菓事業本部)、松井康弘(アイス通販サイト「アイス天国」管理者)、矢沢美幸(ぐるなび食市場)



第1位 高知アイス(高知県)

第一位に輝いたのはご当地アイスの高知アイスだ。高知アイスの最大の特徴は、生の果物をシャーベットにしている事。市販されているシャーべットは普通濃縮還元などを使ってシャーベットにする。生の果物を使用しているため、柑橘系果物の自然な酸味を甘みを感じることができる。味はユズ、ブンタン、ミカンなどがある。まさに特産品の柑橘系果物の美味しさを100%引き出した逸品。値段も手ごろなのでギフトにも最高だ。





第2位 GROM(東京都)

2009年に日本に進出したイタリア発のブランド、GROMGROMはイタリア産の果物をトリノの工場でシャーベットにして世界各国に船で輸送される。つまり100%イタリア産の果物を使用している。そして果物の一部は自家栽培するなどのこだわりも。味はレモン、ピーチ、ラズベリーなど濃厚な味わいとみずみずしさが詰まっている。首都圏に4店舗を構え、2011年5月には大阪にもオープンし、今、最も注目されるアイスショップだ。





第3位 ポアール(大阪府)

キウイやレモンなど季節に応じて契約農家から仕入れて作られるこだわりシャーベットだ。ポアールのアイスの最大の特徴は、果物の皮を器にしていること。手作業で実をくりぬいた厚さ1mmの皮を器にしている。果物本来の風味を引き出し、さらに、高級感を演出したシャーベットだ。贈答品としても良し。もちろんカップ入りもある。大阪に6店舗を展開している。





第4位 京橋千疋屋(東京都)

旬の素材の鮮度をそのまま味わえる千疋屋らしいシャーベットだ。もちろん職人が一つ一つの果物の果汁を絞り出して作られている。代表的なシャーべットはマスクメロン、マンゴー、夏季は果物そのものの味わいが楽しめる「ピオーネ」がおすすめ!





第5位 ブルーシールアイスクリーム(沖縄県)

もうすっかりと沖縄旅行のお土産の定番となったブルーシールアイスクリームが第五位に選出された。沖縄の南国フルーツの素材をふんだんに使用した爽やかな味わいのシャーベットだ。シークワーサー、パッションフルーツなどの味がおすすめ!濃厚で甘みのあるトロピカルな風味が口の中いっぱいに広がる。沖縄県外にも店舗がある。





第6位 ラ・リューシェ(東京都)

東京の洋菓子店が夏季限定で運営する店舗、ラ・リューシェ。時期に合わせて完熟した果物だけを仕入れて作られるシャーベットは、毎朝一日分の商品のみを作るので、売り切れ続出!味はシトロン、カシス、マンゴーなどが人気。作りたてのこだわりが感じられるシャーベットだ。





第7位 きのとや(北海道)

8時間ほど前から凍らせて食べるちょっと変わった、北海道スイーツの代表格、きのとやのシャーベット。販売する時はガラスの瓶に液状のまま入っている。冷蔵保存なので持ち運びに便利だ。マンダリンやマスカットなどの味があり、液状を凍らせた後、スプーンがすっと入る独特の柔らかさがグッド!札幌市内や新千歳空港などに8店舗を展開する。



第8位 SOWA(東京都)

大手百貨店などでは手に入らないSOWAのアイスクリームが第八位。販売は通販と都内にある店舗のみ(東京都港区)。商品は隣にある工場ですべて手作りで作られ、甘さ控えめで水分が他のシャーベットと比べて少し多めなのが特徴。カシス、メロン、マンゴーなど味がある。値段も手ごろでフルーツをそのまま口にしているかのようなシャーベットだ。

SOWAアイス



第9位 NORUCA(大阪府)

果物は全国から厳選したものを使用、さらに、その果物が一番良い状態になってからシャーベットにするというこだわり。キウイやグレープフルーツなど多彩な種類があり、どれもこれもみずみずしく濃厚なフルーツ香が感じられる。

▼黒潮マンゴーシャーベットは国際的な品評会「モンドセレクション」にて銀賞を受賞!

NORUCA



第10位 果山(東京都)

フルーツの販売でも有名な果山のシャーベットは厳選したフルーツを契約農家から仕入れる。もちろんシャーベットはほぼ手作り。これおぞフレッシュ&フルーティー!といった感じのシャーベットでなめらかな舌触りが最高!種入りのキウイ、色鮮やかなストロベリーなどのが人気。直営店の他高島屋などで販売している。







その他、人気のシャーベットを探すならこちらから!








[ 2011/07/19 11:26 ] スイーツ・お菓子・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

初夏を感じるお取り寄せ抹茶スイーツ ランキング

[2010年5月8日号 日経プラス1 何でもランキング]

初夏を感じるお取り寄せ抹茶スイーツ ランキング

【調査方法】
単独で抹茶菓子が取り寄せられるのが対象。大手の通販サイトの売れている商品や専門家の推薦で21商品を候補にして選出した。ランキングは実際に試食して選んでもらった。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)

海田文(ラーター)、神谷千佳代(「スイートネットワーク」代表)、清水好夫(「スイーツ番長・男のスイーツブログ」主宰)、下井美奈子(オールアバウト洋菓子ガイド)、下園昌江(お菓子研究家)、並木麻輝子(料理ジャーナリスト)、西祐子(「デパチカドットコム」主宰)、平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)、藤原浩(日本フードアナリスト協会スーパーバイザー)、松永朗(伊勢丹食品営業部、和菓子・茶バイヤー)、村山なおこ(菓子評論家)

   
 


第1位 パティスリーミュウミュウ ふわり抹茶ロール(神戸市)

「初昔」という京都宇治の上等な抹茶を生地とクリームに使用したロールケーキが第一位だ。箱を開けた瞬間に抹茶の香りが広がる!そしてたっぷりと生地に巻いた抹茶クリームの中には甘く煮た小豆が入っている。きめが細かくふわっとした食感は生地に加えるメレンゲがポイントだ。しっかりと泡だてたメレンゲを使用しているという。小豆がアクセントになって優しい味わいだが抹茶の味わいがしっかししており、濃厚さもほどよいロールケーキだ。

ミュウミュウ
▲神戸パティスリーネットHPより



第2位 パティスリー・タダシ・ヤナギ ル・キイチ(神奈川県海老名市)

抹茶をたっぷりと使ったケーキに花豆をを入れ、表面にホワイトチョコレートと抹茶を散らした抹茶パウンドケーキだ。そして花豆にもパティシエのこだわりが・・・。このスイーツのパティシエ柳正司さんの故郷である群馬県尾瀬片品産の花豆を使用している。ちなみに商品名は柳氏の父の名前からとったそうだ。バターを抹茶の風味が絶妙!生地も花豆もふっくらした優しい味わいが感じられる。



第3位 ティーフォーユー 香月園 抹茶モ・ヴレ(愛媛県新居浜市)

お茶専門店が作る抹茶大福。抹茶は京都宇治の石臼びき抹茶だ。外側にたっぷりと抹茶の粉末がまぶしてある。そしてその中には抹茶餡と抹茶クリームが入っている。冷凍で送られてくるのでちょっと暑い季節には半解凍の状態で食べると美味しい。商品名の「モ・ヴレ」とは愛媛の方言で「まぶす」という意味。抹茶の香りを生かし、食べる温度によって味わいの違いも楽しめるという。





第4位 カルヴァ ケーク抹茶(神奈川県鎌倉市)

抹茶の風味が生きたパウンドケーキ。カルヴァのケーク抹茶は焼き上げた直後にビニールをかぶせ、蒸気や風味を閉じ込める製法で造られる。そのためとてもしっとりとしている。表面は粉塘と水、抹茶のグラッセで覆いキラキラ輝き砂糖の食感も楽しめるケーキだ。香料などは使用せず抹茶の風味を生かしている。



第5位 中村藤吉本店 生茶ゼリイ(抹茶)詰め合せ(京都府宇治市)

創業は江戸末期の1859年という中村藤吉本店の生茶ゼリイ。京都宇治の茶業一筋の和菓子だ。あくまでも抹茶が主役という考えの元、甘さを抑えた抹茶ゼリーに白玉と小豆を入れた。食べ飽きしない抹茶と白玉、小豆のバランスがとれた和菓子。

抹茶ゼリイ 中村藤吉本店
▲中村藤吉本店HPより



第6位 OKU 抹茶のダクワーズ(京都市)

生地は小麦粉を使わず、宇治の抹茶とアーモンド粉、メレンゲで焼き上げ、抹茶入りのバタークリームを挟んだ。ワンポイントはクリームに挟んだ乾燥イチジク。このイチジクが口に含んだときの驚きと食感を生み出している。

OKU抹茶のダクワーズ



第7位 京はやしや 抹茶わらび餅(京都市)

宇治の茶園で育てられた抹茶を使い、つるんとした食感の京はやしやの抹茶わらび餅。何も付けづにたべても抹茶の豊かな優実が楽しめ十分美味しい。もちろん、抹茶きな粉と黒蜜もついてくる。お口に涼しげな風をふかせてくれる。





第8位 京都ベイクドチーズケーキドットコム 抹茶チーズケーキ(京都市)

ベイクドチーズケーキ専門店が作る抹茶のチーズケーキ。土台となっている生地は抹茶をマーブル状にして焼き上げている。その上から抹茶のクリームをかけ、さらに抹茶の風味が広がるようにしている。抹茶の程よい苦み、そしてチーズのコクが絶妙にマッチングしている。口どけも最高!

京都ベイクドチーズケーキドットコム 抹茶チーズケーキ
▲京都ベイクドチーズケーキドットコムHPより



第9位 丸久小山園 抹茶クリームロール(京都府宇治市)

なんと!この抹茶クリームロールは職人が一つ一つ手焼きしているという。サクサクした食感に京都の上品な抹茶をたっぷり使った抹茶クリームを入れてある。老舗ならではの上品て濃厚な抹茶クリームが癖になります・・・。小粋な包装で贈答品としても喜ばれそう。





第10位 築地丸山 寿月堂 寿月堂の抹茶フィナンシェ(東京都中央区)

のりの老舗「寿月堂」のフィナンシェ。静岡産の自家製抹茶をふんだんに使って仕上げたフィナンシェだ。色合いが美しく見た目でも楽しめる。抹茶の濃い味はバターやアーモンドのコクに負けていない。

寿月堂 抹茶フィナンシェ
▲寿月堂のHPより





他にも抹茶のスイーツを探すならこちらから!

[ 2010/05/18 13:29 ] スイーツ・お菓子・ランキング | トラックバック(-) | コメント(-)

一度は食べたい取り寄せプリン ランキング

[2010年4月17日号 日経プラス1 何でもランキング]

一度は食べたい取り寄せプリン ランキング

【調査方法】
専門家への事前調査にてあらかじめカスタードプリン20商品を選定。その20種類を実際に試食してもらいおすすめを選んでもらった。専門家は以下に記載(敬称略、五十音順)。

上野奈央(伊勢丹洋菓子バイヤー)、神谷千佳代(「スイートネットワーク」代表)、色井香(「色のクリエーター集団・ジーシェフ」代表)、清水好夫(「スイーツ番長・男のスイーツブログ」主宰)、下井美奈子(オールアバウト洋菓子ガイド)、下園昌江(お菓子研究家)、並木麻輝子(料理ジャーナリスト)、平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)、藤原浩(日本フードアナリスト協会スーパーバイザー)、村山らむね(通販評論家)、山本諭(菓子ジャーナリスト)

  



第1位 マーロウ カスタードプリン(神奈川県横須賀市)

北海道の牛乳と新鮮な卵で硬めに焼き上げたプリン。レストランのカンバンメニューで200㎜の専用ビーカーに入ったプリンは食べ応え十分だ。こだわりはカラメルとバニラビーンズにも。カラメルはテスクリ、そして、バニラビーンズはマダガスカル産の天然バニラビーンスを使用している。食べるときは是非とも容器から皿に出して食べてほしい。何度食べても納得できる卵が主張する硬めのプリンだ。男性にも受けがよく手土産にも最適なプリンだ。



第2位 菓子工房フラノデリス ふらの牛乳プリン(北海道富良野市)

北海道の素地を生かした柔らか径プリン。乳脂肪の多い層と少ない槽、そして香ばしいカラメルの3層にわかれており3つの味わいが楽しめる。2001年に販売され牛乳プリンの元祖とまで言われている。牛乳の美味しさが全面に出て北海道のプリンらしい。甘みは優しくクリーミーな風味が口に広がる絶品の牛乳プリンだ。柔らかさが絶妙で口どけ感は最高!



第3位 仏蘭西焼菓子調進所足立音衛門 おとなだけの半熟贅沢プリン(京都府福知山市)

上層部はかため、そして中はとろっとした半熟状態のプリンだ。素材は讃岐の和三盆を使用するなどかなりのこだわりが・・。さらに一つ一つ焼き加減をみながら仕上げるというのもこだわりの一つだ。とろりとしていているのにしつこくない。そして苦みのあるカラメルが味を引き立てている。和三盆の甘みはやはり他とは違う丸い甘みがある。





第4位 パティシエ エス コヤマ 小山ぷりん(兵庫県三田市)

丹波氷上の牛乳を生かしたプリンで、卵を少なめにして低温でじっくりと焼きあげる。食感はとろけるほどでミルキーさがしっかりと伝わってくる。コクがあるのにスッキリとしており、味わいの芯がしっかりと伝わってくる。



第5位 きのとや 酪農チーズプリン(北海道札幌市)

美瑛産の牛乳、北海道産のマスカルポーネ、フランス産のクリームチーズを使用したなめらか系プリン。この絶妙な組み合わせによって美瑛産の牛乳のあじが引き立つ。口に含むと美味しさが一杯に広がりプリンの美味しさを損なわずにチーズの美味しさまでも生かしたプリンだ。





第6位 レ・シュー メープルプリン(神奈川県鎌倉市)

メープルシロップの本場、カナダ産のメープルシロップとメープルシュガーを使用したプリン。とろとろの食感の秘密は、スチームオーブンで焼きあげたから。軽やかな甘さでいくらでも食べられそう。メープルの香りを生かしたメープルの香り豊かなプリンに仕上がってる。





第7位 プリン専門店春夏秋冬 信州ぜいたくプリンみるくとたまご(長野県松本市)

舌触りがなめらかなやや硬めなプリンで安曇野の牛乳と卵を使っている。ほろにがいカラメルもワンポイント!昔懐かしい大人のおやつ的なプリンで、しっかりした卵の風味が広がる。口どけが癖になる・・・。



第8位 蒜山酪農農業協同組合 ジャージープリン(岡山県真庭市)

独特のコクと風味を持ったプリン。ジャージー牛から絞った牛乳と生クリームを使い、濃厚な層とさらっとした層にわかれた舌触りがとてもなめらかなプリン。さらに、カラメルとの三重層が三位一体だ!ジャージー牛の質の高い牛乳を使っていることがよくわかるプリンだ。





第9位 筑前飯塚宿たまご処卵の庄 たまごやの贅沢たまごんぷりん(福岡県飯塚市)

このプリンの売りはなんといっても養鶏場の直営店のプリンだということ。生みたての新鮮な卵を使用し、生クリームなどは使用しないで昔ながらのプリンの味を追求するプリンだ。そして、硬さ甘さなどのすべてのバランスが良い。シンプルイズベスト!シンプルなプリンの味を再認識させてくれる。





第10位 パステル 窯出しなめらかプリン(愛知県北名古屋市)

なんと、実店舗で人気の「なめらかプリン」を配送用の振動にも耐えられるように開発したプリンだ。口に含むとゆっくりと口どけする。濃厚ながら余韻がすっきりしている。





他にもプリンを探すならこちらから!

おすすめのマカロン ランキング

[2009年5月9日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめのマカロン ランキング

【調査方法】

スイーツに詳しい専門家11人に、全国の主要百貨店で販売しているマカロン62品目からおすすめのブランド10個選んでもらった。選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

神谷千佳代(スイートネットワーク代表)、清水好夫(スイーツコンシェルジュ)、下井美奈子(オールアバウト洋菓子ガイド)、多田千香子(アトリエ「おやつ新報」主宰)、中村真也(「東京スイーツ倶楽部」主宰)、並木麻輝子(料理ジャーナリスト)、西祐子(「デパチカドットコム」主宰)、原園誠(駅ナカ商業施設「エキュート品川」副店長)、平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)、三坂美代子(スイーツ情報サイト「関西スイーツ」代表)、八木えりこ(フード&テーブルコーディネーター)



第1位 ラデュレ

第一位に選ばれたのは本場フランス・パリの老舗洋菓子店ラデュレのマカロンだ。20世紀初頭の味を現在まで守っており安定した味わいのマカロンとして評価が高かった。骨太ではっきりとした味わいで、一度は口にしたいマカロンだ。また、パッケージもお洒落で月や季節ごとに変わるので手土産にはもってこいだ。食べ終わった後の箱を大事にとっておくファンもいる。


マカロンがわかる本


第2位 ピエール・エルメ・パリ

小差で第二位だったのがピエール・エルメ・パリのマカロン。ご存じ日本のマカロンブームの火付け役だ。種類が豊富なのがピエール・エルメ・パリの特徴で、季節ごとに限定の味が並んでいる。スパイスやオリーブ、トリュフなど意外な素材の組み合わせが新しい発見。2008年夏に発売された「わさび」が話題になった。


期間限定・特別セット[ ピエール・エルメ ]新作本 『ピエール・エルメ マカロン』(日本語版)


第3位 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

日本人パティシエの青木定治さんのパティスリー・サダハル・アオキ・パリのマカロンが第三位。ここのマカロンの特徴ははっきりした色合いだ。ピンクや黄色などのポップな色合いがとても美しい。味わいも日本人ならではで非常にバランスが取れていて美味。


Cafe´ sweets(vol.83)


第4位 ジャン=ポール・エヴァン

フランス人ショコラティエ(チョコ職人)ジャン=ポール・エヴァンのマカロンが第四位。生地にココアパウダーが入っており、ビターな風味で男性にも受ける味わい。パッケージもチョコ色のシックな装いだ。


ショコラの愉しみ


第5位 セバスチャン・ブイエ

フランスのリヨンで生まれたセバスチャン・ブイエのマカロンが第五位。濃厚で食べ応えがあるのが特徴。チョコをコーティングしたマカリヨンが人気


I loveマカロン


第6位 レ・ミニャルディーズ

第六位は日本人フランス料理シェフが作るマカロン。防腐剤や着色料を使用していないマカロンだ。


アフター6のスイーツマニア


第7位 ダロワイヨ

甘さ控えめのダロワイヨのマカロンが第七位に選ばれた。個別包装されているのでギフトに最適なマカロンだ。


cafe sweets vol.94 新世代のチョコレート


第8位 ノリエット

世田谷に店を構えるパティシエの永井紀之さんが作るノリエットのマカロンが第八位。


一流シェフのとっておき クッキーとマカロン


第9位 オリジンーヌ・カカオ

第九位はショコラティエ(チョコ職人)の川口行彦さんが手掛ける、自家製粉のアーモンドを使ったオリジンーヌ・カカオのマカロン


オリジンーヌ・カカオ・ル セレクト


第10位 アンリ・シャルパンティエ

兵庫県芦屋生まれのアンリ・シャルパンティエのマカロンが第十位。


Macarons(マカロン)




おすすめのバウムクーヘン ランキング

[2009年2月21日号 日経プラス1 何でもランキング]

おすすめのバウムクーヘン ランキング

【調査方法】

インターネットの大手販売サイトや
全国の主要百貨店の売れ筋のバウムウーヘン
約50品を候補に選定。

これらを中心にスイーツに詳しい専門家に
上位10品を選んでもらいランキング化した。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

小野茜(フードアナリスト)
木村瑞樹(駅ナカ商業施設「エキュート大宮」チーフマネージャー)
色井香(食のクリエーター集団「ジーシェフ」代表)
下井美奈子(「オールアバウト」洋菓子ガイド)
多田千香子(アトリエ「おやつ新報」主宰)
平岩理緒(「おとりよせネット」達人)
藤原浩(フードアナリスト)
三坂美代子(「関西スイーツ」運営クアドロ代表)
村山なおこ(菓子評論家)
八木えり子(フードスタイリングスタジオ「E-style」主宰)



第1位 クラブハリエ「バームクーヘン」

クラブハリエ バームクーヘン
[クラブハリエのホームページより]

圧倒的に支持を集めたのが
ここ数年で全国的に有名になった
クラブハリエバームクーヘン

二位以下に大差をつけての第一位だ。

クラブハリエバームクーヘンは、
他のバウムクーヘンと比べて
ふんわりしているのが最大の特徴。

「重い」「ぱさつく」など、
従来のバウムクーヘンのイメージを払しょくするために、
この「ふんわり感」には徹底的にこだわったという。


第2位 カールユーハイム「バウムクーヘンリング」



第二位に選出されたカールユーハイム
老舗洋菓子店のユーハイムが2003年に始めた
バウムクーヘンの専門店だ。

今回のランキングでは本格派といっていいだろう。

風味の強い発酵バターやアルプスの岩塩などを使用し、
素材にこだわったバウムクーヘンだ。

日本人の好みに合わせながらも
ドイツのトラディショナルなテイストも加え、
通好みのバウムクーヘンに仕上がっている。


第3位 ヴィヨン「バウムクーヘン」

ヴィヨン バウムクーヘン
[ヴィヨンのホームぺージより]

第三位に選ばれたのは、
東京の世田谷にある洋菓子店ヴィヨン
歯ごたえしっかり系のバウムクーヘンだ。

オーナーの大年壮氏が創業以来
たった一人で焼きあげているという。

ほどよくラム酒が香り、
大人のバウムクーヘンといったところだ。


第4位 ユーハイム・ディー・マイスター「2009年バウムクーヘントゥルム」

2009年バウクムーヘン
[ユーハイム・ディー・マイスターのホームページより]

見た目がゴージャスで
手土産に最適なユーハイム・ディー・マイスター
2009年バウムクーヘントゥルムが第四位。

まろやかな味わいが人気。

毎年変わるドイツ人デザイナーの包装も
魅力の一つだ。


第5位 ユーハイム「バウムクーヘン」



第五位に選ばれたユーハイムバウムクーヘン
創業者のレシピを受け継いだ、
甘さ控えめな定番バウムクーヘンだ。

誰もが楽しめる親しみのある味わい。


第6位 アンリ・シャルパンティエ「ガトー・ピレネー」



食べ出したら止まらなくなる
アンリ・シャルパンティエガトー・ピレネー
第六位に選ばれた。

フランス南西部の菓子で
アーモンドの香ばしい香りが後を引く美味しさだ。


第7位 銀座文明堂「匠のバームクーヘン」
 


丁寧な菓子作りを感じさせる、
銀座文明堂匠のバームクーヘン
第七位に選ばれた。

指定農場の卵を使用するなど、
こだわりが感じられる。


第8位 パティスリーリッチフィールド「リッチフィールドの樹」

リッチフィールド バウムクーヘン
[パティスリーリッチフィールドのホームページより]

第八位に選ばれた、パティスリーリッチフィールド
リッチフィールドの樹は卵に「桜美人」を使用した
コクのあるバウムクーヘンだ。


第9位 パティスリーブラザーズ「BonBonバウムクーヘン」

ブラザーズ バウムクーヘン
[パティスリーブラザーズのホームページより]

黒糖と和三盆の二種類の砂糖を使った、
パティスリーブラザーズBonBonバウムクーヘンが第九位。

優しい甘味が人気の秘密で
レンジで温める事で黒糖の香りが引き立ち美味。


第10位 パティシェリーモンシュシュ「DOJIMA STORY」

モンシュシュ バウムクーヘン
[パティシェリーモンシュシのホームページより]

シンプルに仕上げた
パティシェリーモンシュシュDOJIMA STORY
鮮やかなオレンジのパッケージが目を引く。


みんなで食べたいチョコ ランキング

[2009年2月7日号 日経プラス1 何でもランキング]

みんなで食べたいチョコ ランキング

【調査方法】

スイーツに詳しい専門家に、
全国の主要百貨店がおすすめする122品目の
チョコレートを10位まで選んでもらった。

ランキングの基準は、
「美味しく食べられ職場でも話題になりそうなチョコレート
という事で考えてもらう。

対象となるチョコレートは、
1箱8粒以上で5000円台までの商品で、
2月中旬までの期間限定チョコレートも含まれる。

選出者は以下に記載(敬称略、五十音順)。

小椋三嘉(「チョコレートのソムリエになる」著者)
門上武司(「あまから手帖」編集主幹)
神谷千佳代(情報サイト「スイートネットワーク」代表)
佐々木千恵美(ショコラ愛好家)
清水好夫(「スイーツ番長・男のスイーツブログ」主宰)
下井美奈子(オールアバウト洋菓子ガイド)
下園昌江(菓子研究家)
並木麻輝子(料理ジャーナリスト)
西祐子(「デパチカドットコム」主宰)
畑博之(ショコラ愛好者クラブジャポン会長)
平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)
村山なおこ(菓子評論家)


第1位 ピエール・エルメ・パリ「ボンボンショコラ」



二位以下に大差をつけて第一位になったのは、
ピエール・エルメ・パリ「ボンボンショコラ」

ピエール・エルメはマカロンで有名だが、
ショコラティエとしての才能にも長けているという。

砕いたカカオを入れたショック・ショコラや
有塩バターカラメルを入れたマカッサルなどが味わえる。

蛍光色の包装紙が印象的。

ネーミングされている「ボンボン」とは、
一口サイズと言う意味。


第2位 テオブロマ「キャビア」



二位には日本人ショコラティエ、
土屋公二氏によるキャビアの形をしたチョコレート
テオブロマ「キャビア」

ビターな味わいが男性にも喜ばれそうだ。

ホットミルクに入れるとホットチョコレートになり、
色々な楽しみ方がありそうだ。


第3位 ボナ「グランクリュ・ドミノ」



ボナはフランスの老舗チョコレート店だ。

グランクリュ・ドミノは世界八か所のカカオ農園から
厳選したカカオ豆を使用したチョコレート。

そして、そのカカオ成分を75%含む
濃厚な味わいが特徴。


第4位 ピエールマルコリーニ「マルコリーニセレクション」



ピエールマルコリーニはベルギーの有名店で
知名度が高く大人のチョコレートといった感じだ。


第5位 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ「ボンボンショコラ」


▲こちらは「マカロン」

滑らかな口溶けで人気なのは、
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ「ボンボンショコラ」

写真のマカロン同様、
鮮やかな色彩が印象的。


第6位 ロイズ「ポテトチップチョコレート」



スナック感覚で楽しめるロイズ「ポテトチップチョコレート」
塩気の利いたチップスとチョコが妙にマッチする。


第7位 デルレイ「ディアマンダムール」

ディアマンダムール
[デルレイのホームページより]

デルレイ「ディアマンダムール」
ベルギーの人気チョコレート。

ダイヤの形のチョコレートが人気だ。


第8位 モンサンクレール「ヴァレンタインユイット」

モンサンクレール
[モンサンクレールのホームページより]

モンサンクレール「ヴァレンタインユイット」は、
人気パティシエ辻口博啓氏のお洒落なチョコレート。


第9位 アメデイ「セレクションチュアオ」



アメデイ「セレクションチュアオ」は、
カカオ70%の強い味わいで人気だ。

イタリア菓子店の人気チョコレート。


第10位 テオブロマ「カカオの実」

カカオの実
[テオブロマのホームページより]

テオブロマ「カカオの実」は今年の新作。
カボスショコラなど三種を用意。


地元おすすめ沖縄スイーツ ランキング

[2008年11月01日号 日経プラス1 何でもランキング]

地元おすすめ沖縄スイーツ ランキング

【調査方法】

10月上旬に調査会社マクロミル
沖縄県に住む成人男女にインターネットで調査。

対象商品は取り寄せ(通販で購入)可能な
沖縄のお菓子65品目。

対象商品の65品目は、
沖縄県物産公社が運営する「わしたショップ」
の売れ筋商品と、沖縄の生活情報誌「おきなわいちば」
の編集部などの意見を参考に選んだ。

調査では「本土の人に食べてほしい沖縄スイーツ」
というテーマで5つ選んでもらいそれぞれ順位を付けてもらった。
そして、この順位を傾斜配分してランキング化。

製品は全て沖縄県内に本社や本店を持つ
業者が製造するものに限定し、
同一種類の菓子が複数入った場合は
最も点数の高かった商品を代表に選出。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有


第1位 お菓子のポルシェ 紅いもタルト (読谷村)



一位に輝いた紅いもタルトは、
「本土の友人に頼まれる事もしばしば・・・」
という意見もあるくらい高い人気だ。

紅芋の香りと味がそのまま味わえるように
着色料や保存料は一切使用していない。

波打つようなペーストの模様は
風に揺れる紅芋の葉をイメージしたもの。


第2位 フォーモストブルーシール ブルーシールアイスクリーム (浦添市)



二位は戦後に米軍基地向けに
乳製品を製造していた会社の前進、
フォーモストブルーシールアイスクリーム

米国から持ち込んだオリジナルレシピ
に基づいて作られるアイスクリーム。

コクがあるのにさっぱりとしていている味で
マンゴーやパッションフルーツ、黒糖など沖縄らしい
フレーバーがそろっているのでお土産に最高。
ベニヤヤマイモなどもある。

11月、12月限定のアイスクリスマスケーキも人気。


第3位 新垣菓子店 新垣ちんすこう (那覇市)



三位に入ったのが定番中の定番ちんすこう

特に新垣ちんすこうは、
「ここのちんすこうしか食べない」などの声もあり、
老舗の伝統菓子店という位置づけを確立している。

同じ菓子を一つに絞ったのでランキングから外れたが
南風堂(糸満市)の雪塩ちんすこうを推す人もいた。
ファッションキャンディー(宜野湾市)のちんすこうショコラ
も高い人気だ。


第4位 安室養鶏場 さーたーあんだーぎー (那覇市)



さーたーあんだーぎー
卵をふんだんに使った球状の揚げ菓子。

安室養鶏場の新鮮な卵をふんだんに使用した
さーたーあんだーぎー


第5位 モンテドール バナナケーキ (宮古島市)



滑らかな舌触りとバナナの香りがとても良く。
口どけも他のケーキと比べると優れている。


第6位 丸玉製菓 タンナファクルー (那覇市)



タンナファクルーは沖縄の生活の根付いた
素朴な沖縄菓子。黒糖の甘みと香りが広がる。


第7位 ぎぼまんじゅう のまんじゅう (那覇市)



「のし」を意味する「の」を食紅で書いた
のまんじゅうはあんまんに近い味わい。

沖縄のハーブとして有名な
ショウガ科の月桃の葉に包まれて、
その香りが食欲をそそる。


第8位 ジミー マフィン (宜野湾市)

ジミーのマフィン

一個がどっしりとしたジミーのマフィン
沖縄では贈答の定番だ。

チョコチップやよもぎなどの味がある。


第9位 しまふく 沖縄久米島元祖みそクッキー (久米島町)



久米島からは、一度食べたら病みつきになる
みそクッキーが第九位に入った。

久米島特産のみそを生地に練り込んだクッキー。


第10位 ゴヤケーキ シフォンケーキ (沖縄市)

ゴヤケーキのシフォンケーキ

沖縄からぺルーに移った移民の二世が1992年に開いた
ゴヤケーキシフォンケーキが第十位。

直径22センチのの食べ応えのあるケーキだ。
味はチーズ、チョコなど。

手土産に最適 おすすめのロールケーキ ランキング

[2008年10月04日号 日経プラス1 何でもランキング]

手土産に最適 おすすめのロールケーキ ランキング



【調査方法】

全国の主要百貨店で扱う62品目のロールケーキから
上位10位までを専門家ら14人に選んでもらい得点化。

百貨店外も含めて複数の店舗で扱う商品に限定した。
選出者は以下に記載(五十音順)。

岩瀬浩一郎(駅ナカ商業施設「エキュート大宮」副店長)
門上武司(「あまから手帳」編集主幹)
神谷千佳代(スイーツ情報サイト運営のスイートネットワーク代表)
来栖けい(「美食の王様ベスト200皿」著者)
斎藤未来(ナムコ「自由が丘スイーツフォレスト」ディレクター)
清水好夫(「スイーツ番長・男のスイーツブログ」主宰)
下井美奈子(「オールアバウト」洋菓子ガイド)
多田千香子(「パリ砂糖漬けの日々」著者)
並木麻輝子(料理ジャーナリスト)
西祐子(「デパチカドットコム」主宰)
平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)
三坂美代子(「関西スイーツ」運営クアドロ代表)
村山なおこ(菓子評論家)
八木えり子(フードスタイリングスタジオ「E-style」主宰)


第1位 堂島ロール (パティシェリー モンシュシュ)

堂島ロール

一位になったのは、
社用やクラブのママの手土産に人気の堂島ロール

この堂島ロールはクリームがあっさり目で
男性にも人気のロールケーキ。

生クリームは北海道産を使用し、
スポンジは卵の味わいが豊かでしっとりしている。

甘さ控えめな生クリームは
口どけが良いのに食べ応えがあると評判。

生地を一巻きしかしていない珍しい形も人気。


第2位 キハチ トライフルロール (パティスリーキハチ)

キハチ トライフルロール

高級感のあるキハチのトライフルロール
第二位に選ばれた。

ロールの中に果物がゴロゴロ入っていて、
切ると断面が華やか。

顧客の要望で誕生したという
パティスリー・キハチで人気のスイーツ。


第3位 七尾鳥居醤油ロール (和楽紅屋)

七尾鳥居醤油ロール

三位にはいったのが
人気パティシエの辻口博啓氏の
七尾鳥居醤油ロール

和楽紅屋は既に東京では
三店舗を展開する超有名パティスリー。

故郷の醤油を使用し、
キャラメルのような味わいがするロールケーキ。
外国人にも受けるスイーツ。


第4位 のの字ロール・いちご(アンリ・シャルパンティエ)

のの字ロール・いちご アンリ・シャルパンティエ

発売は1990年からとロングセラーになった
アンリ・シャルパンティエの「のの地ロール」。

有名ブランドで味に安定感がある。
形も個性的で華やか。

ケーキに巻かれたリボンが
手土産には最適なスイーツ。


第5位 瑞穂 (ラ・テ-ル)

瑞穂 ラ・テール

ラ・テールの自然派スイーツ、
瑞穂が第五位に入った。

素材の良さを生かした自然派スイーツらしい
シンプルな味わい。

素材にこだわった
口どけの良い生地が人気。

その生地は新潟産の米粉スポンジ使用し、
生クリームが軽めで万人受けするスイーツだ。


第6位 お米の純生ルーロ (五感)

お米の純生ルーロ

外箱に本物の稲穂がついた
パッケージデザインが手土産に最適。

生クリームは京都産使用。
丹波黒豆など使用し素材を重視したスイーツ。


第7位 スフレミルクロール (マールブランシュ)

スフレミルクロール マールブランシュ

練乳入りのコクのあるクリームが特徴の
マールブランシュスフレミルクロール

生地はあっさり、しっとりした
ロールケーキの代表的な逸品。


第8位 銀ぶロール・ぷれーん (銀のぶどう)

銀ぶロール・ぷれーん 銀のぶどう

10位ちゅうで最も安い価格の
銀のぶどう銀ぶロール

気軽の持っていける手土産スイーツ
として人気が高い。


第9位 shin熱ロール (パティスリー ラ・ヴィ・ドゥース)

《オリジナル限定スイーツ!》フワフワ&しっとりの太巻きロール「しん熟ロール」【ラ・ヴィ・ドゥース】

生クリームに存在感があり、
カステラのような厚めのスポンジが特徴。


第10位 トライフル (コム・シノワ)

トライフル コム・シノワ

4種のフルーツが鮮やかな
同店の定番商品。








自分用もよし土産もよし おすすめの空港スイーツランキング (日経プラス1)

[2008年8月9日号 日経プラス1 何でもランキング]

■自分用もよし土産もよし おすすめの空港スイーツランキング

【調査方法】

空港のスイーツに詳しい専門家ら10人に
「羽田空港」と「羽田空港以外」の
おすすめスイーツに分けて順位をつけてもらった。

尚、羽田空港以外は1空港1スイーツとし、
空港以外の店舗で扱っている商品と同じ名前で
形や風味などが異なる商品も含めた。

選出者は以下に記載(五十音順)。

小林治(菓子店トータルコーディネーター)
小林めぐみ(フードライター)
下井美奈子(オールアバウト洋菓子ガイド)
鳥越美希(日本茶インストラクター)
並木麻輝子(料理ジャーナリスト)
畑主税(高島屋食料品担当バイヤー)
平岩理緒(サイト「幸せケーキ共和国」主宰)
村山なおこ(菓子評論家)
柳家三之助(落語家)
山本諭(菓子ジャーナリスト)


【羽田空港(カッコ内はターミナル名)】

第1位 ホーニッヒアッフェルバウム(カールユーハイム/第1ターミナル)

ホーニッヒアッフェルバウム

空港限定のスイーツ
シロップで煮たリンゴがまるごと入った
バウムクーヘン

切り分けたときの「驚き」が
子供や女性に喜ばれる一品。

なによりバウムクーヘン専門店
が作る洋菓子なので、食感や風味も
オリジナリティーがある。

大きさも直径11センチと小ぶりで、
価格も手頃、保存性も好評だ。
※保存は約2週間程度。

※製造元「カールユーハイム」のバウムクーヘン
 こちらから購入できます。



第2位 ミルクレープ(ペーパームーン/第1ターミナル)



薄いクレープの間に生クリームを塗ったスイーツ
生クリームの甘さがほどよいのが人気の秘密。

本店にあるものとは
形状に若干の違いがある。

空港限定の方は、
持ち運びする時に崩れにくいように
高さを低くしてある。


第3位 夏の子ぶた(鎌倉五郎本店/第1、第2ターミナル)

夏の子ぶた

日焼けした子ぶたをイメージした
かわいらしい和菓子

生地に黒糖が混ざっている。
夏ミカン味と白桃味がある。


第4位 黒糖どら焼き(ふるや古賀音庵/第1ターミナル)

黒糖どら焼き

生地には餅粉と黒糖、あんに乳製品を混ぜて
独特の口当たりを作り出したどら焼き

※製造元「ふるや古賀音庵」の餅どら焼き
 こちらから購入できます。



第5位 ラ・ガナシュ(資生堂パーラー/第1、第2ターミナル)



資生堂パーラー本店でも人気のラ・ガナシュ
カフェオレ味とイチゴ味がある。
冷やして食べると美味。




◇その他の「羽田空港」おすすめスイーツ・・・。

・ピエールマルコリーニの「羽田店限定セレクションチョコレート」

ピエールマルコリーニ

・ヨックモックの「レーズンサンド」

レーズンサンド ヨックモック

ヨックモックのお菓子はこちらで購入できます。





【羽田空港以外(カッコ内は空港名)】

第1位 紅芋レアケーキ「シュリ」(フェスティバロ“BLUE SKY”/那覇空港)

紅芋レアケーキ

空港限定のスイーツ
爽やかな味と色合いが人気。

ベースはレアケーキで
紫色のさつま芋を重ねた絶品スイーツ。

しっとりとろけるような食感が
人気の秘密。

※「フェスティバロ(BLUE SKY)」のレアケーキ
 こちらから購入できます。



第2位 Kan空 Takumi6(左近クリエイション“KAA SHOP アプローズ”/関西空港)

Kan空 Takumi6

関西の有名な6人のパティシエと開発した
珍しいコラボスイーツ。


第3位 北の野菜クッキー(小笠原商店“スカイショップ小笠原”/新千歳空港)

北の野菜クッキー

北海道産の野菜パウダーを
混ぜて焼いた人気のクッキー。

アスパラガスやカボチャなど
クッキーにするには珍しい野菜クッキー
絵葉書が付いているのも面白い。


第4位 博多恋味プリン(福岡空港商事“SORA Shop”/福岡空港)

博多恋味プリン

鮮度の高い牛乳と卵で作り上げた
福岡空港の絶品プリン


第5位 赤のティラミス(TsunDAMI “特設ブース”/石垣空港)

赤のティラミス

地元の赤パパイヤを使ったスイーツ

シークヮーサーのムースにマスカルポーネチーズと
沖縄の特産、島豆腐のクリームを合わせている。


夏に贈る おすすめゼリーランキング (日経プラス1)

[2008年6月21日号 日経プラス1 何でもランキング]

■夏に贈る おすすめゼリーランキング

【調査方法】
全国主要百貨店で販売している
日持ちするゼリー61品を挙げ、
お菓子に詳しい専門家12人に
10品目を上限に選んでもらう。

選出者は以下に記載。

岩瀬浩一郎(駅ナカ商業施設「エキュート」大宮店副店長)
神谷千佳子(スイーツ情報サイト運営のスイートネットワーク代表)
後藤悌介(東京・港の天現寺カフェ代表)
斎藤未来(ナムコのスイーツテーマパーク ディレクター)
清水好夫(「スイーツ番長・男のスイーツブログ」主宰)
下井美奈子(おとりよせネット達人)、園山真希絵(料理研究家)
並木麻輝子(料理ジャーナリスト)、平岩理緒(「幸せケーキ共和国」主宰)
三坂美代子(「関西スイーツ」サイト運営クアドロ代表)
宮澤やすみ(『東京社用の手みやげ』著者)、山本諭(菓子ジャーナリスト)


第1位 ドゥーブルジュレ(ヨックモック)



2種類の味わいが楽しめるゼリー
見た目も色のコントラストがとてもきれい。

それぞれの層が固さや色が異なっているので
一度に二つの味を別々に楽しめる。

さらにそれぞれの層を合わせることで
また違った味わいが楽しめるのが人気の秘密。
また、果実も一粒入っており贅沢感も味わえる。

原料に酒類を使用していないため、
幅広い年齢層で楽しめるのが1位になった要因。

付属のスプーンも深い容器に合わせて
凝ったデザインになっている。


第2位 完熟梅ゼリー(たねや)

たねや 完熟梅セリー


完熟して木から落ちる手前の
黄色くなった南高梅を収穫して造られる、
まさに完熟梅ゼリー

完熟した梅の爽やかな酸味と
甘味が絶妙のバランスを保っている。


第3位 テリーヌ・ドゥ・フリュイ(アンリ・シャルパンティ)


見た目のゴージャスさで上位入賞。
平たいフランス料理のテリーヌ
をイメージして造られたゼリー

お皿に盛ると果物がゴロゴロ
と出てくる感じがとてもゴージャス。

詰め合わせにすると鮮やかで
夏の贈り物には最適。


第4位 TSURU涼涼(鶴屋吉信)

TSURU涼涼


ツルっとした食感で
飲むこともできるゼリー


第5位 ピュアフルーツジェリー(千疋屋総本店)



大粒の果物入りゼリーが人気。
果物個性を生かした逸品。


第6位 白桃ぜりぃ(源吉兆庵)



裏ごしした実を使って白桃を再現したゼリー
口中でとろける食感がたまらない。


第7位 飲む野菜ぜりぃ(菓匠清閑院)

飲む野菜ぜりぃ


飲むタイプの野菜ゼリー


第8位 スプラッシュゼリー(シェ・コパン)

スプラッシュゼリー シェ・コパン


スパークリングワインを使用した
ちょっと大人のゼリー


第9位 マチュドニア ディ フルッタ(シーキューブ)


イタリア風フルーツポンチ。


第10位 フリュイジュレ(資生堂パーラー)





ホテルのスイーツランキング (日経プラス1)

[2008年5月24日号 日経プラス1 何でもランキング]

ホテルのスイーツランキング

【調査方法】
お持ち帰りの出来る
ホテルのオリジナルスイーツが対象。

選出者はホテルのスイーツに詳しい専門家。
選出者は以下に記載。

柏井壽(エッセイスト)、門上武司(「あまから手帖」編集主幹)
君島佐和子(「料理通信」編集長)、小林しのぶ(トラベルジャーナリスト)
小松めぐみ(フードライター)、下井美奈子(「オールアバウト」洋菓子ガイド)
鈴木美和(フリーライター)、瀬戸川礼子(ジャーナリスト)
中村真也(「東京スイーツ倶楽部」主宰)、並木麻輝子(料理ジャーナリスト)
平岩理緒(サイト「幸せのケーキ共和国」主宰)


第1位 銀座マカロン(ホテル西洋銀座)

銀座マカロン


銀座マカロンの最大の特徴は
ラム酒の利いたレーズンを挟む事。

持ち帰る時の包装紙もクラシックで
銀座の土産として雰囲気があり人気。

マカロンは卵白が主原料の
フランスの伝統的な洋菓子。


第2位 マンゴープティング(ザ・ペニンシュラ東京)

ザ・ペニンシュラ東京(ブティック)


完熟マンゴーの濃厚な味わいが楽しめると評判。
食べていくうちにココナッツソースが出てくる。
マンゴーとの相性も抜群。

発売後40分で売り切れになる事もある人気の
ホテルスイーツ


第3位 スーパーメロンショートケーキ(ホテルニューオータニ)

スーパーメロンショートケーキ


メロンは最高級マスクメロンを使用。
パティシエが3年かけて探した静岡県産のマスクメロン。

このメロンは温泉の熱で育て、
糖度が14度以上のものを使っている。

とにかく素材にこだわったホテルスイーツ


第4位 フレンチトースト(ホテルオークラ東京)

フレンチトースト



第5位 スフォリアテッレ(グランドハイアット東京)

スフォリアテッレ



第6位 チーズケーキ(パークハイアット東京)


第7位 プリン(札幌グランドホテル)

札幌グランドホテル プリン



第8位 チョコレートチップクッキー(ザ・リッツ・カールトン大阪)

チョコレートチップクッキー



第9位 鶴屋八幡あんぱん(リーガロイヤルホテル)

リーガロイヤルホテル 鶴屋八幡あんぱん



第10位 エクレア(マンダリンオリエンタル東京)



手土産におすすめ 和菓子ランキング (日経プラス1)

[2008年4月26日号 日経プラス1 何でもランキング]

■手土産におすすめの 和菓子ランキング

【調査方法】
和菓子に詳しい専門家に賞味期限などを考慮にれ、
手土産にふさわしい和菓子の1位から5位まで
順位をつけてもらいポイント化して調査。

選出者は以下に記載。

赤井達郎(奈良教育大名誉教授)、入江織美(旅行作家)
上枝淳子(阪急百貨店大阪・うめだ本店日本の銘菓撰担当)
門上武司(「あまから手帖」編集主幹)、亀井千歩子(民族研究家)
君島佐和子(「料理通信」編集長)、小林治(菓子店プロデューサー)
塚本章(松坂屋MD統括本部和菓子バイヤー)
飛田毅(三越MD統括本部和菓子バイヤー)
鳥越美希(料理研究家)、中尾隆之(旅行作家)
原亜樹子(情報サイト「オールアバウト」の和菓子ガイド)
宮沢裕通(和菓子教室「和菓子のあとりえ」代表)
山本諭(菓子ジャーナリスト)



第1位 虎屋「夜の梅」(東京)



風格と重量感があり
伝統が感じられるブランド・・・
ということで1位を獲得。

老舗中の老舗の和菓子なので
迷った時には間違いない。

半年程度日持ちするのも
手土産としては最適。


第2位 すや「栗きんとん」(岐阜県)

すや 栗きんとん


栗と砂糖を炊いて固めただけという
とても素朴な味わいの和菓子で堂々2位。

誰でも美味しいと感じられる和菓子だが、
毎年9月~2月までしか手に入らない。


第3位 福砂屋「カステラ」(長崎)

福砂屋 カステラ


日本茶や紅茶、コーヒなどに合うカステラ

舶来品ながら歴史ある
「福砂屋」のカステラが3位入賞。

百貨店の売り場でもお客さんの指名が多い。

材料を手でかき混ぜるなど高度な技術で
その深い味わいを出している。

底に付いている「ザラメ」がたまらない・・・。
このザラメはカステラファンなら一度は食したい。


第4位 越乃雪本舗大和屋「越乃雪」(新潟県)

越乃雪本舗大和屋 越乃雪


餅米の粉と和三盆糖を混ぜて押し固めた和菓子
白い粉が雪を表現している和菓子らしい和菓子
ほろほろ溶ける食感が最高。


第5位 坂角総本店「ゆかり」(愛知県)

坂角総本店 ゆかり


甘いのが苦手な方の贈り物に・・・。
素材(海老)の味が生きているエビセンベイ


第6位 美濃忠「上り羊羹」(愛知県)

美濃忠 上り羊羹


毎年9月から5月下旬までの限定販売。
寒天を使わないで固めた変わった羊羹
賞味期限が短いので注意が必要。


第7位 小島屋「けし餅」(大阪府)



ケシの実が覆おわれた餅
プチッとした食感と独特の風味が人気の秘密。


第8位 きんつば中田屋「きんつば」(石川県)



大納言小豆の風味をそのまま生かした
きんつばの代表的存在。


第9位 俵屋吉富「雲龍」(京都府)



龍の図柄がいかにも京都らしい
巻き寿司のように巻いた半生菓子


第10位 但馬屋老舗「荒城の月」(大分県)

但馬屋老舗 荒城の月


卵黄と白アンを混ぜ卵白で固めた生菓子。
口に入れるとすーっと溶けていく食感が人気。



他を検索してみる
カスタム検索
スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。